« 原子力災害派遣における自衛隊の任務遂行状況 | トップページ | 報道だけでは見えない「鎬を削る」攻防 »

2011年4月 2日 (土)

汚染された水が、海に流出

本日NHK15時のニュースで報道された情報の第一報の内容が、東京電力から発表されていますので、ここで紹介します。

【以下転載開始】--------------------------------------

23040200

福島第一原子力発電所2号機取水口付近からの放射性物質を含む液体の海への流出について

                             平成23年4月2日
                             東京電力株式会社
                                                 

本日午前9時30分頃、2号機の取水口付近にある電源ケーブルを納めているピット内に1000ミリシーベルト/時を超える水が貯まっていること、およびピット側面のコンクリート部分に長さ約20センチメートルの亀裂があり、当該部分より ピット* 内の水が海に流出していることを発見いたしました。その後、午後0時20分頃、再度、同状況を現場にて確認いたしました。

ピット内の水およびピット近傍のバースクリーン前の海水のサンプリングを実施し、福島第二原子力発電所へ送って分析しています。

また、昨日まで実施していた福島第一原子力発電所および福島第二原子力発電所沿岸部の海水サンプリング(4箇所)に加え、本日より両発電所沖合約15km地点における海水のサンプリング(3箇所)を開始しましたので、これらの結果を踏まえ、総合的に評価してまいります。

現在、コンクリートの注入による止水処置の準備を進めております。さらに当該ピットへの流入経路を調査し、流入防止対策を講じます。

                                  以 上

*ピット コンクリート製の立坑。

添付資料

・別紙:2号機取水口付近海水への流出イメージ図(PDF 10.8KB)

23040201

・別紙:沖合の海水のサンプリング・放射能測定計画について(PDF 11.2KB)

230402001_2

・別紙:沖合15キロ採取ポイント(PDF 47.9KB)

230402002

【転載終わり】----------------------------------------

本文中、1000ミリシーベルト/時を超えるという表現がありますが、NHKの解説員は「線量計のメータが振り切れた」と説明していました。

※別紙「サンプリングポイント」の表中、「1Fは福島第1原子力発電所」を「2Fは福島第2原子力発電所」を指す。

宮尾 孝三郎

« 原子力災害派遣における自衛隊の任務遂行状況 | トップページ | 報道だけでは見えない「鎬を削る」攻防 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原子力災害派遣における自衛隊の任務遂行状況 | トップページ | 報道だけでは見えない「鎬を削る」攻防 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ