« 原子力災害に関し、自衛隊が対処する部分 | トップページ | ロシア軍の行動 »

2011年3月20日 (日)

プルサーマル

福島第一原子力発電所の1号機から4号機については、テレビ等で連日詳細な情報が伝えられています。

ここで、テレビであまりうまく伝わっていないのかもしれない部分について、触れておきたいと思います。

230320

↑福島第一原子力発電所の1号機から4号機の諸元抜粋

1号機、2号機及び4号機については、二酸化ウランを使用しています。

3号機については、MOX燃料を使用しています。

ちなみに、3号機がMOX燃料を使用し発電を開始したのは、意外とついこの間だったようです。

2303202

プルサーマルとは、プルトニウムで燃料を作り、従来の熱中性子炉で燃料の一部として使うことを言う

問題点としては

「ウラン新燃料に比べ放射能が高い(特に中性子が著しく高い)ため、燃料の製造については遠隔操作化を行い、作業員の不要な被曝に十分配慮して行う必要がある。」

ちなみに、フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)のHPでは、さまざまな情報が提供されていますので、紹介しておきます。

2303201

フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)

2303203

日本周辺の放射性噴煙の拡散状況(←クリックすると動画で確認できます)

放水等の努力により、放射性噴煙の濃度は、相当に低下してきております。

2303204

北半球への放射性噴煙の拡散状況(←クリックすると動画で確認できます)

今起こっている原子力災害は、現場に展開する各機関の隊員等の生命の危機と引き換えに、最悪の事態を回避できそうな兆候を見せ始めました。

とはいえ、北半球に負荷をかけてしまったかもしれないこの事故は、近い将来のライフスタイルが変化していくことを暗示しています。

230320f1_001

※記事を書くにあたり、感情はあえて排除しています。

宮尾 孝三郎

« 原子力災害に関し、自衛隊が対処する部分 | トップページ | ロシア軍の行動 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原子力災害に関し、自衛隊が対処する部分 | トップページ | ロシア軍の行動 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ