« 質疑『議案第19号大津市「結の湖都」協働のまちづくり推進条例の制定について』 | トップページ | 子宮頸がんの理解を深めるために、講座を受講しました »

2011年3月 5日 (土)

自衛隊入隊・入校予定者激励会

本日、午前は「皇唐(皇子山中学校・唐崎中学校)ブロック年度末PTA総会」に長等小学校教頭先生、現副会長と新会長とともに出席させていただき、非常に有意義な時間を過ごさせていただき、昼からは「自衛隊入隊・入校予定者激励会」に参加のため、ピアザ淡海(おうみ)へ参りました。

小学校・中学校の入学・卒業式で、国歌「君が代」を斉唱しますが、生徒は歌うことが出来ず(教えてもらってないのか、歌えない。)、歌声は来賓ばかりでありますが、さすが自衛隊に入隊・入校する意志をもった高等学校卒業者等志願者は違います。

自衛官の直立不動とまではいいませんが、よい姿勢で大きな声で国歌を斉唱する姿をみて、大変安心いたしました。

また、一年前に激励される側にいた子が今は立派な陸上自衛官となり先輩らしい姿で入隊予定者を激励する姿、そして激励会後の第3師団音楽隊の演奏会でのやはり一年前は激励される側だった隊員のソロ演奏などでの活躍に、「自分も一年後はあんなに立派になれているのだろうか?」と身震いをされたのではないかと思います。

大丈夫です。

私は自衛隊で新隊員教育に長い間携わっておりましたが、3日で自衛官の下地が形成され、1週間で制服が似合うようになり、3カ月で自信が眼力に現れ、1年後にはプロになっています。

自衛隊の任務は、命をかけるものです。教育がいい加減だと、万が一の時に大変な結果を招くことともなります。ですから、教育に携わる隊員は、24時間真剣勝負です。

このような、真剣勝負の環境下で過ごすことにからだと精神が順応すれば、次第にプロの自衛官に育っていきます。

平和を願う我が国の国民は、いざという時に命をかける隊員のもとに平和を享受しています。

そのことに気づきがあれば、よい国になると思います。

宮尾 孝三郎

« 質疑『議案第19号大津市「結の湖都」協働のまちづくり推進条例の制定について』 | トップページ | 子宮頸がんの理解を深めるために、講座を受講しました »

防衛・軍事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 質疑『議案第19号大津市「結の湖都」協働のまちづくり推進条例の制定について』 | トップページ | 子宮頸がんの理解を深めるために、講座を受講しました »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ