« 負傷者等(東京電力発表:26日20時現在) | トップページ | 国民に正しく伝わらなければ、説明したことにはなりません »

2011年3月27日 (日)

放射線とはなにか

今日は、いまテレビ等報道で国民の皆さんに伝えられている放射線について、基礎的知識を深めるための資料が経済産業省から提供されていますので、ここで紹介します。

なお、本当はもう少しスライドがあるのですが、一回に紹介するには画像が多すぎるため、とくに関心の高い部分のみの掲載とします。

経済産業省HPより 「もしも原子力災害がおこったら 放射線とはなにか」

23032701

23032702

23032703

23032704

23032705

23032706

23032707

23032708

23032709

23032710

23032711

23032712

23032713

【以下転載開始】--------------------------------------

放射線量は1千ミリSv以上=2号機建屋の水たまり-濃度1千万倍は訂正・福島第1原発

東日本大震災で深刻な状況が続く福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)の事故で、東京電力は27日、2号機タービン建屋地下の水たまり表面の放射線量を26日に測定した結果、毎時1000ミリシーベルト以上だったと発表した。

一方、東電は27日昼、水たまりから採取した水に含まれる放射能が運転中の原子炉内の水の約1000万倍(1立方センチ当たり29億ベクレル)に上ると発表。放射能全体のほぼ100%に当たる放射性ヨウ素134の濃度を根拠にしたが、武藤栄副社長は同日夜、緊急記者会見し「ヨウ素134とコバルト56を取り違えた。大変申し訳ない」と訂正し、謝罪した。

同じ放射性物質のコバルト56の場合、放射能濃度は同10万倍に減少する。ミスは放射性物質の分析機器で発生し、チェックした職員も、濃度の不自然な数字を疑わなかったという。未曽有の原発事故下での致命的なミスで、危機管理の在り方に改めて批判が出そうだ。

2号機は14日から15日にかけ、原子炉の水位が大幅に低下し、燃料棒が損傷。格納容器下部の圧力抑制室も一部破損した可能性が高い。燃料棒内の核分裂生成物が漏れているとみられる。原子炉は真水注入で比較的安定した状態だが、高い放射線量が復旧作業の妨げになる。

2号機タービン建屋地下では、26日午前9時前、測定者2人が水たまりを調査。しかし、表面線量が高レベルだったため、測定を中断して退避、表面線量は毎時1000ミリシーベルトより大幅に高い可能性もある。毎時1000ミリシーベルトの場合、測定者は15分間で被ばく限度の250ミリシーベルトを浴びるが、2人の被ばく量は26と29ミリシーベルトだった。

(2011/03/27-22:36) 時事通信

【転載終わり】---------------------------------------

ということで、放射性ヨウ素134の濃度については下方修正の訂正が入りましたが、依然厳しい状況が続いているようです。

宮尾 孝三郎

« 負傷者等(東京電力発表:26日20時現在) | トップページ | 国民に正しく伝わらなければ、説明したことにはなりません »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 負傷者等(東京電力発表:26日20時現在) | トップページ | 国民に正しく伝わらなければ、説明したことにはなりません »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ