« 事前審査 | トップページ | 日本のすべてを背負って命を賭けてくださっているみなさん、本当にありがとうございます。 »

2011年3月24日 (木)

正確な情報と確かな対処ができる条件整備を

報道では、野菜や水道水、土壌など様々なものに放射能による汚染の広がりが伝えられています。

花粉や粉じんなどは、雨で洗い流されますが、今回の事故で空中に広がった放射性物質は雨により地表に降ってきました。その放射能による影響どのようなものなのか。

たとえば、新聞等でよく記述されるヨウ素131の半減期は8.1日ですから、原子力発電所から放射性物質の噴煙がおさまり、その後降ることがなければおおよそ半月で影響はなくなるということになります。

セシウム137の半減期は30.1年ですから、原子力発電所から放射性物質の噴煙がおさまり、その後降ることがなくても影響はしばらく続くのではないか、という見方もあります。

そして、内部被ばくについて少しずつ知識が深まるような情報がニュースで流されるようになりました。

いまは、正確な情報と確かな対処ができる条件整備が必要です。

ただ情報を羅列することなく、政府には東日本にお住いのみなさんの今後の生活のための確かな対処ができる条件整備を進めていただきたいと思います。

宮尾 孝三郎

« 事前審査 | トップページ | 日本のすべてを背負って命を賭けてくださっているみなさん、本当にありがとうございます。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 事前審査 | トップページ | 日本のすべてを背負って命を賭けてくださっているみなさん、本当にありがとうございます。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ