« 調査・情報は、からだを動かして獲得します | トップページ | 三井寺で行われた「放鷹術実演会」02 »

2011年2月19日 (土)

立候補予定者説明会

本日は、“平成23年4月24日執行大津市議会議員一般選挙立候補予定者等説明会”があり、わたしも説明を聴いてまいりました。

前回は、何も分からない状態の中で、応援いただいた皆さんにお世話になり、この書類関係のほとんどをやっていただいておりましたので、そのご苦労がわかりませんでした。

今回は、ひとりでなんでもやってみようと思っておりますので、今日も多くの候補予定者陣営が複数でお越しになられている中で、私はひとり説明を聴いておりました。

シンプル イズ ベスト がよいとされる世の中の価値基準のなかで、選挙に挑むその手続きは複雑難解です。

市議会議員は市民の代表であり、市民の声を市政に届ける役目が大きいですが、その手続きの煩雑さに心折れてしまいそうな威圧感満点ですcoldsweats01

しかし、市民で心意気さえあればだれでも市議会議員になれるチャンスがあるということを今一度証明したいと思い、今回はお金もかけずひとりでどこまでできるか挑戦です。

といいましても、一人でするのは書類・手続き関係の部分で、ひとりにでも多く私の市議会議員としての姿勢・考え・提案をお伝えするのには、共感いただける方々の協力が多ければ多いほど広がりがありますので、宮尾の話を生で聴いてみたいという声があれば、連絡いただきたいなぁと思っているところです。

私は、先日のブログで予算をプラモデルに例えました

予算書には、予算小事業という項目が羅列されています。それはプラモデルでいうパーツに例えました。

『では、完成図はなにか?』ですが、私はそれは“大津市総合計画基本構想”とその同時期に出された“第4次国土利用計画”であると思っています。

では、その“総合計画基本構想等”を実現させるためのパーツの組み立てはどのような設計図になるのかでありますが、それが3~4ヵ年計画ごとの大津市総合計画第1期実行計画~第3期実行計画であると思っています。

現在“第2期実行計画”を推進中でありますが、本当にその設計図どおり“予算小事業”を組み立てれば、“大津市総合計画基本構想等”が実現できるのかが、大いに疑問であります。

とくに“基本フレーム(17ページから)”を組み立てるパーツの部品数が足りないことに不安を感じています。第3期実行計画でその不足分のパーツが補充されることを期待するばかりでありますが、その時に私が市議会議員でなければ、この思いは市政に届けられなくなります。

ですから、ひとりにでも多くこの思いを伝えたいと思い、日々ブログをつづっているという一面もあります。

そして、万が一私が残念な結果に終わったとしても、このブログをみた市民の皆さんが市政にその声を伝えていただければという思いです。

いま、大津市のプラモデルの設計図とパーツが一致していないと私は気付いています。

そのことは職員さんとのディスカッションで職員さん側も「おっしゃるとおりですcoldsweats01」とお認めになっているところでありまして、その具体的な話に興味のある方、是非ご連絡ください。いつでもお話しにまいります。

メールで連絡する

宮尾 孝三郎

« 調査・情報は、からだを動かして獲得します | トップページ | 三井寺で行われた「放鷹術実演会」02 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 調査・情報は、からだを動かして獲得します | トップページ | 三井寺で行われた「放鷹術実演会」02 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ