« 市長の率直な意見が伺える貴重な情報 | トップページ | 恒例、駐屯地もちつき大会 »

2010年12月22日 (水)

適正化を構築するのは至難の業か

大津市では、市民病院を舞台に官製談合事件が発覚したことを受け「大津市入札事務適正化検討委員会」を立ち上げられましたが、どのような協議を行っていくのか、いまのところ見えてきません。

官製談合は特異な例でありますが、ポピュラーな業者間の談合や再委託(丸投げ)を今後どのように見抜き、排除、適正化していくのか、興味があります。

また、それらを薄々は気付きながら見て見ぬふりをしてきた職員の体質改善も、骨の折れる仕事となりそうです。

私は、おかげさまで相当な確度の情報を逐次多方面からいただいておりますので、その情報をもとに、独自に調べてまいりたいと思います。

宮尾 孝三郎

« 市長の率直な意見が伺える貴重な情報 | トップページ | 恒例、駐屯地もちつき大会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 市長の率直な意見が伺える貴重な情報 | トップページ | 恒例、駐屯地もちつき大会 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ