« やはり、今のところ対岸の火事 | トップページ | 舎弟など用語を解説いただきました »

2010年11月25日 (木)

大津市人権講座

本日は、大津市人権講座 『共育 ~共に育つということ~ 講師:今村克彦さん(関西京都今村組主宰)』 を聴講してきました。

当ブログ2010年11月 4日 (木)大津市教育委員会がおこなう人権講座のご案内

で紹介させていただきましたが、仕事の関係で少々遅れて会場に入りますと、ほぼ満員happy01

さすが、今村組flair 若いお母さんも目立ちました。

お話を伺っていますと、どれも優しさにあふれる怒りのトークpunch

終始、「そうそうear」と思いながら聴かせていただいておりました。

そのなかでも、「特に大事だなeye」と思ったお話は、

「いつの間にか、日本の男はうれしい気持ちを素直に伝えることができなくなった。」

というもの。

私のこと、どう思ってるの?と奥さんや彼女に聴かれたときに「そんなん、聴かんでもわかるやろ」 「嫌いやったら一緒におれへんわ!」

今日のごはんどう?と聴かれたら「まずかったら食べてへんわ」

などど、素直に伝えられなくなっていませんか?というお話は、違う意味でギョッとしました。

なぜかというと、私の場合いつもストレートすぎて、逆に上記の例のようなセリフをうまく言える人のほうが私より大人だな、と感じていたからです。

ということは、今村先生の教え的には私は◎の合格のようですhappy01

また外見上、普通に見える人は悩みはないのか?というお話では、

「人の苦しみは外見では決して判断できない。とっても明るくてチャーミングで人気者の女の子がいたが、彼女は母子家庭でお母さんからずっと虐待を受けて育ってきた。その苦しみを外には表現せず一人で苦しんできた。」

今村先生のように、心を読み取って聴いてあげられる大人がいて、初めて心の内を一筋の涙とともに語り始める。

しつけが大事というお話では、「挨拶ができる、お箸が正しくもてる。それはあくまで結果であって、それを教えるのがしつけではない。しつけとは『人としてどうなんや、あかんもんはあかん、人としてあかんことは、理屈抜きで教えなあかん』ということ。

学校であいさつ運動とかしているが、校長とかが校門に立って『おはよう!おはようは?annoy』などと、あいさつという行為のみを強要するなど、全然ダメ。心が通っていたら、自然と『先生おはよう!happy01』と生徒から挨拶をしてきてくれる。」

など、魅かれる話ばかりshine

お話が終わって、今村さんが退出されるときに私の横をラッキーにも通ってくれましたので、手を差し出して「今村先生!」と声をかけると「おっ!(バッチをみて)議員になったんかいな、明るいええ表情になったのうup」と、議員になる以前にお会いした時のことを覚えてくれていました。

そのあと講座は閉幕しましたが、今村さんとお話をしたい方が会場に残られて次々とお話をされていました。

しばらく待って、ようやく私にもチャンスが回ってきましたらまた「前おおたときは、暗かったけど、明るなってよかったのう。」から会話が始まりまして、『以前そんなに暗かったかな?確かに両足骨折して不自由していた時だったもんな・・・』と当時のことを思い出しました。

うれしい再会でした。

あまりにうれしくて、当時今村さんを紹介してくれた恩人に電話して、今日のお話をお伝えしました。

今日のうれしかった気持ちをばねに、また気を引き締めて、頑張っていこうと思います。

ちなみに、今村組を知りたい方はコチラから↓

①関西京都今村組スーパーLIVE in 大阪寝屋川
日時:2010年12月25日(土)

②関西京都今村組スーパーLIVE in 三重鈴鹿
日時:2010年12月26日(日)

宮尾 孝三郎

« やはり、今のところ対岸の火事 | トップページ | 舎弟など用語を解説いただきました »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やはり、今のところ対岸の火事 | トップページ | 舎弟など用語を解説いただきました »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ