« 総務常任委員会行政視察3 | トップページ | 総務常任委員会行政視察5 »

2010年10月20日 (水)

総務常任委員会行政視察2

本日は、総務常任委員会行政視察2日目の午前に伺った、柏市消防局についてアウトライン報告いたします。

実際に伺った施設は、柏市西部消防署富勢分署と同一施設内にある訓練センターです。この施設は、平成21年7月に開設しております。

柏市の消防施設配置の基本的な考え方は、つぎの図で理解できます。

221019001

↑赤丸で囲ったエリアが富勢分署の管轄区域になります。

円の半径は2.1kmで、その半径の意味は・・・住宅火災で隣棟へ延焼拡大させないための限界時間が4.5分と見積もられていて、市街地における消防車両の平均時速が28km/hであることから、この丸が隣接の消防署と重なり合うことで、延焼拡大を防げるというわけです。

座学では、分署及び訓練センターの概要の説明があり、その後、実際に施設内をご案内いただき、訓練も見学させていただきました。

22101901

↑分署2階にある厨房・食堂です。泊まり勤務ですから、みんなで食材を出し合い、自炊するのだそうです。

22101902

↑食堂には、現在の出動状況や、新たな指令が確認できるモニターが設置されていました。

22101903

↑1階に9ブロックある仮眠室です。中を見てみましょう。

22101904

↑ベッドには、3つの畳が敷いてありますが、この一つ一つが収納になっていて、3交代制の各人の寝具が収納されています。

22101905

↑署員の方に、なかを見せていただきました。寝具が一式、収納されていました。

22101906

↑1階の洗面所に設置されていた“防火衣洗濯機と乾燥機です。ドイツ製で、このセットを装備しているのは、今のところ、日本中でこの富勢分署だけなのだそうです。

22101907

↑1台の洗濯機で3着の防火衣上下が洗濯可能なのだそうです。

22101908

↑これは1階の防火衣収納室のようす。回転式になっており、本日の勤務の方の防火衣が手前に来るようになっています。

つづきがありますので、引き続き総務常任委員会行政視察3にお進みください。

宮尾 孝三郎

« 総務常任委員会行政視察3 | トップページ | 総務常任委員会行政視察5 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 総務常任委員会行政視察3 | トップページ | 総務常任委員会行政視察5 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ