« 非常に興味深い答弁 | トップページ | 9年目の9.11 »

2010年9月10日 (金)

市長喫煙室

平成22年9月8日の本会議における我が会派清正会(しんせいかい)小松明美議員が質問された“喫煙対策について”のうち、京都新聞に報道された部分について、本日、会派で調査をいたしました。

【以下転載開始】--------------------------------------

市長室横を喫煙場所に整備、専用ではと批判

京都新聞( 2010年09月08日 23時10分 )

大津市はこのほど、市役所本館2階の市長室が10月から禁煙となるため、隣接するベランダを喫煙場所として整備した。整備費は138万円で、8日再開した市議会本会議では市議から「市長専用(のベランダ)ではないか」と批判があがった。

目片市長は1日40本を吸う愛煙家で、昨年の6月定例市議会では「市長室は執務室であり応接室、個室だ」と述べ、市長室で喫煙を続けてきた。しかし、受動喫煙防止の一環で、10月以降は市長室も禁煙となるため、近くのベランダを喫煙場所とすることにした。

屋外から姿が見えないようについたてを設け、ベランダの入り口に当たる部屋を整理し、換気扇を設置した。目片市長は「市職員も来客も使う」と本会議で答弁したが、わざわざ特別職のいる部屋の隣で喫煙する一般職員は限られるとみられる。

【転載終わり】----------------------------------------

本日、管財課にお尋ねしましたところ、平成22年度当初予算で

歳 出
款2 総務費
 項1 総務管理費
  目14 財産管理費
   説明欄5 庁舎管理費 3億1932万7000円

のうち、今回受動喫煙防止の一環で、5か所分550万円のうち、この「主に市長用喫煙室」に138万円を使ったとのことです。

ちなみに、「換気扇等電気設備」と「本体工事」は分けて発注した、いわゆる「130万円未満の随意契約」だそうです。

ちなみに、電気工事は某工務店さんが、本体工事は某設備屋さんがされていますので、同一業者の“分割発注”ではない、ということを確認しました。

さて、現場の状況は・・・

22091001

↑“応接室2”という部屋があります。

22091002

↑中に入りますと、テーブルと椅子と、換気扇があります。応接室という割には、質素な調度品。「ここで吸うのかな」と思い、副市長にお尋ねしますと「ベランダに灰皿がありますやろ。あそこで吸われるんですわ。」とのこと。

22091003

↑ということで、ベランダに出てみました。写っているのは谷祐治議員ですhappy01

これから、市長はこのベランダで、1日約40本のタバコを吸われるのだそうですsmoking

両副市長は禁煙nosmokingされているそうですから、市長は孤独な喫煙タイムとなりそうですsad

ちなみに、市長も市民病院に3度も入院されていますから、前病院長からドクターストップがかかっていたはずですが・・・

まあ、心配しないでおきましょうhappy01

人にはひとの生き方があるようですから・・・

(とはいえ、公人としての判断は、お叱りを受けて当然のように感じます。)

宮尾 孝三郎

« 非常に興味深い答弁 | トップページ | 9年目の9.11 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 非常に興味深い答弁 | トップページ | 9年目の9.11 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ