« フェイクとトラップ | トップページ | 明日は、市政報告会やります »

2010年8月23日 (月)

葬儀事業のあり方検討委員会

22082301

ということで、傍聴に行ってまいりました。

第1回目は、会派の行政視察に重なったため傍聴できませんでしたが、今回はまだ2回目ということもあり、現地視察(大津聖苑、大津市葬祭センター「来夢」)に時間の多くが充てられ、私にとってもありがたい進行でありました。

ということで、13時40分より現地視察が始まりました。

22082302

↑現在、駐車場は7台分の拡張工事中だそうです。

22082303

↑葬儀式場の説明。48人収容の葬儀式場が2部屋あり、パーティションで仕切られていますので、最大96人収容可能な式場になるそうです。

22082304

↑大津市保有の寝台車です。だいぶ古くくたびれています。

22082306

↑コチラはおなじく大津市保有の霊柩車が2台です。このタイプは現代のトレンドからずれていて、敬遠されているのだそうです。

22082305

↑これは、開梱前の棺

22082307

↑こちらは、行旅死亡人の納骨堂です。毎年、慰霊祭が行われているそうです。

22082310

↑火葬炉の表

22082311

↑火葬炉のうらです。7炉がいつでも稼働できる体制にあります。

22082308

22082309

22082313

↑ペットも、手厚く葬られます。また動物の慰霊祭も静岡のお寺で行われるのだそうです。

22082312

↑そして14:10、委員会会場に戻ってきました。

220823_001

↑そして、この資料に基づいて、委員各位は知識を深めました。ちなみに、この資料は「フューネラルビジネス白書 2010」を参考に作成されたそうです。

その後、委員からさまざまな質疑がありましたが、その内容は大津市の正式な会議録を待っていただきたいと思います。

私にとっては、非常に勉強になる委員会でありました。

宮尾 孝三郎

« フェイクとトラップ | トップページ | 明日は、市政報告会やります »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フェイクとトラップ | トップページ | 明日は、市政報告会やります »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ