« 会派通信を見ていただいた皆さんの熱い激励 | トップページ | 簡易除却を主眼とした夜間巡回活動 »

2010年8月13日 (金)

体言止め

本日は、ほぼ一日中、会派が行った行政視察の報告書の作成を行っていました。

太宰府市の『「まるごと博物館」のまちづくりについて』は谷議員が、久留米市の『久留米市ガス事業の譲渡について』は山本議員がレポートを作成されました。それを報告書の体裁に整えるのが、今回の私の役割です。

自衛隊にいるころから、上司に「体言止め」について用法を指導されていましたので、今回もそういった体裁などについてチェックをしておりました。

体言止めは、タイトルや項目の列挙をする際に使用してもよいこととなっていますが、その際、句読点は使いません。

また、本文では体言止めを使ってはならないとされています。

また、文体としては「である調」に統一することが報告書にふさわしい表現であるとされています。

このような作業をしておりますと、自身の勉強にもなります。

宮尾 孝三郎

« 会派通信を見ていただいた皆さんの熱い激励 | トップページ | 簡易除却を主眼とした夜間巡回活動 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 会派通信を見ていただいた皆さんの熱い激励 | トップページ | 簡易除却を主眼とした夜間巡回活動 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ