« 大津市災害警戒本部設置 | トップページ | 守山・野洲防犯自治会研修会でお話を »

2010年7月16日 (金)

ふたをあけると「反」ではなく「嫌」だったのかな

滋賀県知事選挙が終わり、さあこれから対抗陣営はどのような動きをとるのでしょうか?

220716

↑強い滋賀を県民と共に創る会ポスター(H22.7.16撮影)

『強い滋賀を県民と共に創る会』では、丸山和也参議院議員を弁士に7月31日(土)12時から大津パルコ前で「琵琶湖ルネッサンス演説会」を行うとあります。

【以下転載開始】-------------------------------------

臨時国会30日に召集、短期間の会期で閉会する方向で調整

2010年07月13日 13:43更新IBTimes~世界の最新ビジネスニュース~

参議院選挙での与党過半数割れという結果を受け、政府・与党は13日、参院選に伴う臨時国会を30日に召集する方針を決めた。
 
本格的な法案審議は9月の民主党代表選後に先送りする考えを示し、短期間の会期で閉会する方向で調整することを確認した。
 
民主党の樽床国会対策委員長と平田参議院国会対策委員長が今後の国会運営について協議、両氏は、国会運営は非常に厳しいものになるという認識で一致し、5-6日間の短期間で閉会する方向で各党と調整を図る構えと見られている。
 
一方、自民党は月末召集の臨時国会でも予算委員会の開催を求めていく方針で与野党協議の難航が予想される。

【転載終わり】---------------------------------------

丸山議員は忙しくなりそうですが、土曜日には大津に来られるのでしょうか?

反嘉田陣営の動きとしては、次の記事も記憶にとどめておく必要があります。

【以下転載開始】------------------------------------

【1007/56:知事選】「有志の会」に大津市長加わる

2010-07-07 01:45:22市民運動ネットワーク滋賀

今月(7月)11日に投開票が行われる滋賀県知事選挙で、現職の嘉田由紀子氏に対抗して新人の上野賢一郎氏を支援する「市長有志の会」に、大津市の目片市長が加わりました。

正式に上野氏の支援を表明する県内の市長はこれで5人となりました。これは5日、「市長有志の会」の栗東、守山、彦根、近江八幡の各市長と、新たに加わった大津市の目片市長が会見を開いて明らかにしたものです。

会見で目片市長は、「県民の生命と財産を守る立場にあるにも関わらず、大津市に相談もせず、京都や大阪の知事と一緒になって大戸川ダムの建設を凍結した嘉田知事に心底憤りを感じた。上野氏は地方自治に詳しく人間関係に優れている」と述べ、上野氏の支援を表明しました。
 
「市長有志の会」は、過去4年間の嘉田県政は、前向きな政策が打ち出せていないなどと批判して、先月16日に結成されたもので、今回の知事選挙では上野氏を支援し「滋賀県のポテンシャルを活かした成長戦略を作り上げていきたい」としています。県内の13の市のうち、上野氏の支援を正式に表明した市長は、これで5市となりました。知事選挙にはこのほか、新人の丸岡英明氏が立候補しています。

(7月6日、びわ湖放送・電子版:同日付け朝日なども報道)

【転載終わり】---------------------------------------

と、上記記事のように7月5日(月)16時30分から、大津市役所内で行われた「市長有志の会」記者会見では、

大津市長 目片信

彦根市長 獅山向洋

近江八幡市長 冨士谷英正

守山市長 山田亘宏

栗東市長 國松正一

の5市長が『全国で率先して地方分権を進める「滋賀モデル」を実現させる!』とかなりダイナミックな記者会見となったわけでありますが、次の記事で早くもとん挫が予見されます。

【以下転載開始】-------------------------------------

国松市長、不出馬を正式表明 次期栗東市長選

滋賀県栗東市の国松正一市長(62)は16日、市役所で記者会見し、10月24日告示の次期市長選への不出馬を正式に表明した。「2期8年を目安に考えていた。市政に一定の道筋がついた」と語った。

国松市長は「4年前に新幹線新駅建設を市民に約束して当選した。中止が決まった後、後継プラン作りに取り組んだが、約束を果たせなかったことは申し訳なく、けじめをつけた」と説明した。このほか、指定管理者制度を推進したり市内の保育園の民営化など、市政に一定の方向性が見えたことを不出馬の理由に挙げた。

また、11日に行われた知事選で「市長有志の会」を結成して反嘉田県政の姿勢を鮮明にしたが、知事選の結果について「(嘉田由紀子知事が獲得した)41万票の期待に応えられるよう、県と19市町は手を携えてほしい」と話した。ただし、知事選の結果に関係なく、不出馬の意思は固めていたことを強調し「新駅予定地跡地の買収交渉中だったため、意思を示す時期ではなかった」と、表明がこの時期になったことを説明した。

今後について「一市民として栗東市の発展に尽くしたい」と話し、「後継者指名をすることは考えていない」という。

( 2010年07月16日 21時41分 京都新聞)

【転載終わり】--------------------------------------

ということですが、7月31日(土)12時より、パルコ前でどんなお話が聴けるか、楽しみにしています。

宮尾 孝三郎

« 大津市災害警戒本部設置 | トップページ | 守山・野洲防犯自治会研修会でお話を »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大津市災害警戒本部設置 | トップページ | 守山・野洲防犯自治会研修会でお話を »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ