« 太宰府市行政視察 | トップページ | 花火大会の対策について »

2010年7月29日 (木)

久留米市行政視察

22072901

↑本日は、久留米市役所へ

『久留米市ガス事業の譲渡について』を視察項目に、学んでまいりました。

【これまでの経緯】-------------------------------------

平成17年2月 久留米市ガス事業検討委員会を設置

今後の行政及び都市ガス事業を取り巻く環境を踏まえた、都市ガス事業経営の望ましいあり方について」を諮問し、12回にわたる審議の後、平成18年6月「可及的速やかに本市ガス事業を市から分離して民営化すべき」との答申が示されました。

平成19年2月 ガス事業民営化基本方針を公表
平成21年4月を目標にガス事業を民営化する方針を公表しました。

平成19年7月 ガス事業民営化計画(案)を公表。パブリックコメントを募集
ガス事業民営化を円滑に進め、市民の不利益とならないよう、市民の意見を計画に反映させるために、計画案を公表し、パブリックコメントとし広く市民の意見を求めました。

平成19年8月 ガス事業民営化計画を策定
計画案へ寄せられたご意見を参考に計画を策定しました。
 
平成19年11月 ガス事業譲渡先選定委員会を設置
今後の譲渡先選定を公正に行うために市財界関係者や有識者からなる選定委員会を設置しました。
 
平成19年12月17日~ 譲受希望事業者の募集開始

平成20年1月15日~平成20年2月4日 譲受希望事業者の応募受付
西部ガス株式会社を代表企業とする1グループから応募がありました。

平成20年2月7日 第一次審査(資格審査)
 
平成20年3月末 提案書の提出
西部ガス株式会社を代表企業とする応募グループから事業提案書が提出されました。

平成20年4月~6月 第二次審査
譲渡先選定委員会において、西部ガス株式会社を代表企業とする応募グループから提出された提案書、譲受希望価格提示書及びヒアリング等による総合的な審査が行われました。

平成20年7月3日 選定委員会による審査終了
第一次審査および第二次審査後、審査結果として選定委員会より答申書が提出されました。
 
平成20年8月 譲渡先の決定
久留米ガス株式会社を譲渡先に決定し、ガス事業譲渡に関する仮契約を締結しました。
久留米ガス株式会社は、西部ガス株式会社を代表企業とする応募グループによって設立された新会社です。
上記応募グループは、久留米市ガス事業譲渡先選定委員会の答申において「市のガス事業を将来にわたって安全で安定的に経営していくことができる」として選定されていました。

---------------------------------------------------

詳しい視察結果については、「行政視察結果報告書」の完成を待っていただくことにしていただいて、どのようなことをお伺いしてきたかを大まかにお伝えしたいと思います。

お伺いした項目

①なぜ民営化することとしたのか?

②民営化のメリットは?

③新しい経営主体はどうやって決めたのか?

④お客さまからのご意見、反応は?

22072902

↑企業局からガス事業を譲渡して、ガス事業に従事されていたほとんどの職員さんはほかの部署へ配置替えとなりましたが、譲渡の経緯や手続きを知る職員さんが企業局に残っておられ、貴重なお話を伺うことができました。

「ほんとに良いタイミングで来ていただきましたhappy01 もう少し先に来られていたら対応できなかったかもしれません。」とのことcoldsweats01

非常に手ごたえのある内容となった、久留米市行政査察

大津市においては、さまざまな選択肢のひとつとしてこのような検証があってもよいと思います。

久留米市のみなさま、対応ありがとうございました。

宮尾 孝三郎

« 太宰府市行政視察 | トップページ | 花火大会の対策について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 太宰府市行政視察 | トップページ | 花火大会の対策について »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ