« 明日より雨の行政視察へ | トップページ | 久留米市行政視察 »

2010年7月28日 (水)

太宰府市行政視察

本日は、大津市議会清正会(しんせいかい)メンバーで福岡県太宰府市に行政査察に来ております。

22072801

↑正午前に大宰府市役所に到着。雨はまだ降っておりません。

13:30がお約束の時間ですから、時間になるまで市役所ロビーで、本日の着眼の打ち合わせを会派メンバーでしておりました。

22072802

↑時間となり名刺交換を終え、大宰府市議会議長より、大宰府市の現況などをお話いただきました。

その後、担当さまより、調査事項『「まるごと博物館」のまちづくりについて』レクチャーを受けました。

現在視察先で、手元にスキャナー等がありませんので、詳しくレポートできないのですが、構想から23年が経過した大津市の「町並み博物館通り計画」の今後のあり方に、参考になるお話がありました。

そのお話のうち、私は『西鉄大宰府駅から九州国立博物館までの「散策路」整備事業』というハード事業について興味があり、質問をさせていただきましたが、現地を見ないと大津市との比較ができないことから、その後は私費視察に切り替え、散策路を視察しました。

22072803

↑西鉄大宰府駅の裏手に、その散策路の基点はあります。(赤の矢印方向)

22072804

↑このように、きれいに整備された散策路が現れました。

22072805

↑途中で道が細くなるところがありますが、看板が行き先を正しく表示しているため、迷わずに進むことができました。

22072806

↑細い道を抜けると、再び広い道へ出ました。正面に見える青い屋根が九州国立博物館です。

22072807

↑九州国立博物館に到着です。とても大きな建物です。

22072808

↑現在、ここでは、「湖の国の名宝展」と銘打って、滋賀県立琵琶湖文化館の名宝が展示されています。

22072809

↑さて、博物館から駅までの復路は、先ほどの散策路とは別の太宰府天満宮参道を通って帰りました。

22072810

↑すると、駅前に出てきましたcoldsweats01

つまり、通常の動線で考えれば、大宰府天満宮参道を使って天満宮を経由し九州国立博物館に行きますから、駅の裏手に基点がある太宰府市の散策道はあまり人が通らないのではないかと感じました。

といった感じで、各議員がそれぞれに感じたものを太宰府市行政視察担当の谷議員にお知らせし、行政視察報告書が出来上がります。

大宰府市さまにおかれましては、われわれの視察を快く受け入れてくださり、しっかり勉強することができました。ありがとうございました。

明日は、久留米市に参ります。

宮尾 孝三郎

« 明日より雨の行政視察へ | トップページ | 久留米市行政視察 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日より雨の行政視察へ | トップページ | 久留米市行政視察 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ