« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

現在の日本人気質を如実に感じたひと時

220716

↑『強い滋賀を県民と共に創る会』では、丸山和也参議院議員を弁士に7月31日(土)12時から大津パルコ前で「琵琶湖ルネッサンス演説会」を行うとありましたので、本日聴きに参りました。

現地に12:02に到着しましたところ、うえの賢一郎氏がおひとりで演説を行っておられました。

22073101

↑大津PARCO前にて

22073102

↑猛暑のなか立ち止まる人もなく、おひとりの演説は続きます。

演説の内容を要点列挙いたしますと・・・

・先の選挙では、大変お世話になったという趣旨のあいさつ

丸山参議院議員が、ポスターでは来られることになっていたが、国会開会等の諸事情により叶わなかった。

・嘉田県政には、引き続き4年間県民のためにご尽力いただきたい。

・教育・医療では課題が多く残っている。

・これから先の方向性など、まだ決めていないが、じっくり考えていきたい。

といった内容でありました。

それにしても、『強い滋賀を県民と共に創る会』のスタッフも見当たらず、『市長有志の会(大津市長 目片信、彦根市長 獅山向洋、近江八幡市長 冨士谷英正、守山市長 山田亘宏、栗東市長 國松正一)』の姿もなく、現在の日本人気質を如実に感じることのできた演説会でありました。

私の個人的な意見ですが、上野氏は旧自治省の役人でありました。その経歴や知識を生かして『国民主権地域主権あるいは地方分権を解剖する』といった講演会をお開きいただき、講演会を通じて上野氏の考え方や方向性を広く理解いただくとともに、しばらくの収入の確保に充てていただくのはいかがかと考えました。

宮尾 孝三郎

2010年7月30日 (金)

花火大会の対策について

本日、会派の控室でさまざまな作業をしておりましたら、市民の方が控室を訪ねてくれました。

「『大津市議会だより』をみました。花火大会の件で、私の気になっていたことを質問してくれたようで・・・」とのことで、やはりレジャーシートでの場所取り問題は花火大会直前ということもあり、関心が高いようです。

花火大会と言えば、平成13年7月21日に発生した明石花火大会歩道橋事故の教訓を考えざるを得ません。この事故を受けて、多くの地域の花火大会が中止となったり、警備上問題のあるイベントについても中止となる傾向が出てきました。

また、土日開催となる場合、直近の平日である金曜日に開催をするなどの対策が練られ、びわ湖大花火大会においても土日開催は避けられるようになりました。

私が心配しているのは、景観上の問題や不法占用、器物損壊などもありますが、公園内の園路をレジャーシートが占用し、動線が確保できていない状況が、万が一の群集心理に危険な状況であるとの思考が働いたからでありました。

レジャーシートの押さえに護岸の石を抜いて、動線上に無数に転がっている状況は、真っ暗な会場の動線上の危険な障害となります。将棋倒しというキーワードがありますが、誘引される状況をひとつでも除去することが、重要であります。

今年は、実行委員会のみなさんや本市が対策を講じてくれましたので、危機管理上一歩前進です。

市内外の皆さんには、ぜひともご理解・ご協力、よろしくお願いいたします。

宮尾 孝三郎

2010年7月29日 (木)

久留米市行政視察

22072901

↑本日は、久留米市役所へ

『久留米市ガス事業の譲渡について』を視察項目に、学んでまいりました。

【これまでの経緯】-------------------------------------

平成17年2月 久留米市ガス事業検討委員会を設置

今後の行政及び都市ガス事業を取り巻く環境を踏まえた、都市ガス事業経営の望ましいあり方について」を諮問し、12回にわたる審議の後、平成18年6月「可及的速やかに本市ガス事業を市から分離して民営化すべき」との答申が示されました。

平成19年2月 ガス事業民営化基本方針を公表
平成21年4月を目標にガス事業を民営化する方針を公表しました。

平成19年7月 ガス事業民営化計画(案)を公表。パブリックコメントを募集
ガス事業民営化を円滑に進め、市民の不利益とならないよう、市民の意見を計画に反映させるために、計画案を公表し、パブリックコメントとし広く市民の意見を求めました。

平成19年8月 ガス事業民営化計画を策定
計画案へ寄せられたご意見を参考に計画を策定しました。
 
平成19年11月 ガス事業譲渡先選定委員会を設置
今後の譲渡先選定を公正に行うために市財界関係者や有識者からなる選定委員会を設置しました。
 
平成19年12月17日~ 譲受希望事業者の募集開始

平成20年1月15日~平成20年2月4日 譲受希望事業者の応募受付
西部ガス株式会社を代表企業とする1グループから応募がありました。

平成20年2月7日 第一次審査(資格審査)
 
平成20年3月末 提案書の提出
西部ガス株式会社を代表企業とする応募グループから事業提案書が提出されました。

平成20年4月~6月 第二次審査
譲渡先選定委員会において、西部ガス株式会社を代表企業とする応募グループから提出された提案書、譲受希望価格提示書及びヒアリング等による総合的な審査が行われました。

平成20年7月3日 選定委員会による審査終了
第一次審査および第二次審査後、審査結果として選定委員会より答申書が提出されました。
 
平成20年8月 譲渡先の決定
久留米ガス株式会社を譲渡先に決定し、ガス事業譲渡に関する仮契約を締結しました。
久留米ガス株式会社は、西部ガス株式会社を代表企業とする応募グループによって設立された新会社です。
上記応募グループは、久留米市ガス事業譲渡先選定委員会の答申において「市のガス事業を将来にわたって安全で安定的に経営していくことができる」として選定されていました。

---------------------------------------------------

詳しい視察結果については、「行政視察結果報告書」の完成を待っていただくことにしていただいて、どのようなことをお伺いしてきたかを大まかにお伝えしたいと思います。

お伺いした項目

①なぜ民営化することとしたのか?

②民営化のメリットは?

③新しい経営主体はどうやって決めたのか?

④お客さまからのご意見、反応は?

22072902

↑企業局からガス事業を譲渡して、ガス事業に従事されていたほとんどの職員さんはほかの部署へ配置替えとなりましたが、譲渡の経緯や手続きを知る職員さんが企業局に残っておられ、貴重なお話を伺うことができました。

「ほんとに良いタイミングで来ていただきましたhappy01 もう少し先に来られていたら対応できなかったかもしれません。」とのことcoldsweats01

非常に手ごたえのある内容となった、久留米市行政査察

大津市においては、さまざまな選択肢のひとつとしてこのような検証があってもよいと思います。

久留米市のみなさま、対応ありがとうございました。

宮尾 孝三郎

2010年7月28日 (水)

太宰府市行政視察

本日は、大津市議会清正会(しんせいかい)メンバーで福岡県太宰府市に行政査察に来ております。

22072801

↑正午前に大宰府市役所に到着。雨はまだ降っておりません。

13:30がお約束の時間ですから、時間になるまで市役所ロビーで、本日の着眼の打ち合わせを会派メンバーでしておりました。

22072802

↑時間となり名刺交換を終え、大宰府市議会議長より、大宰府市の現況などをお話いただきました。

その後、担当さまより、調査事項『「まるごと博物館」のまちづくりについて』レクチャーを受けました。

現在視察先で、手元にスキャナー等がありませんので、詳しくレポートできないのですが、構想から23年が経過した大津市の「町並み博物館通り計画」の今後のあり方に、参考になるお話がありました。

そのお話のうち、私は『西鉄大宰府駅から九州国立博物館までの「散策路」整備事業』というハード事業について興味があり、質問をさせていただきましたが、現地を見ないと大津市との比較ができないことから、その後は私費視察に切り替え、散策路を視察しました。

22072803

↑西鉄大宰府駅の裏手に、その散策路の基点はあります。(赤の矢印方向)

22072804

↑このように、きれいに整備された散策路が現れました。

22072805

↑途中で道が細くなるところがありますが、看板が行き先を正しく表示しているため、迷わずに進むことができました。

22072806

↑細い道を抜けると、再び広い道へ出ました。正面に見える青い屋根が九州国立博物館です。

22072807

↑九州国立博物館に到着です。とても大きな建物です。

22072808

↑現在、ここでは、「湖の国の名宝展」と銘打って、滋賀県立琵琶湖文化館の名宝が展示されています。

22072809

↑さて、博物館から駅までの復路は、先ほどの散策路とは別の太宰府天満宮参道を通って帰りました。

22072810

↑すると、駅前に出てきましたcoldsweats01

つまり、通常の動線で考えれば、大宰府天満宮参道を使って天満宮を経由し九州国立博物館に行きますから、駅の裏手に基点がある太宰府市の散策道はあまり人が通らないのではないかと感じました。

といった感じで、各議員がそれぞれに感じたものを太宰府市行政視察担当の谷議員にお知らせし、行政視察報告書が出来上がります。

大宰府市さまにおかれましては、われわれの視察を快く受け入れてくださり、しっかり勉強することができました。ありがとうございました。

明日は、久留米市に参ります。

宮尾 孝三郎

2010年7月27日 (火)

明日より雨の行政視察へ

大津市議会清正会(しんせいかい)は、28日(水)から29日(木)の二日間、行政視察を実施します。

明日28日は、福岡県太宰府市へ

「まるごと博物館」のまちづくりを視察します。

220727_001

大津市には、平成2年施行の「大津市街並み博物館条例」がありますが、20年を迎えどのような検証ができているか、今後の在り方はどうあるべきか思考するために、太宰府の取り組みを学習してまいります。

29日は、福岡県久留米市へ

「ガス事業民営化」の取り組み、そして現在の状況を伺ってまいります。

久留米市企業局ガス事業の沿革

九州で最後まで残っていた公営ガス事業者であったが、2009年4月1日付で民営化(民営譲渡)され、西部ガスが主体となって設立した「久留米ガス株式会社」が事業を引き継いだ。なお、久留米市も株主として経営に参画している。

沿革
1914年 - ガス事業開始。
1925年 - ガス事業法。
1945年 - 熱量変更。(3,500→3,600kcal)
1952年 - 地方公営企業法により久留米市企業組織条例を公布し、企業部ガス課を設ける。
1955年 - ガス課、ガス局に昇格 。
1962年 - プロパン兼業高圧ガス販売営業の開始。
1964年 - 原料の転換。(石炭からナフサへ)
1969年 - 熱量変更。(3,600→4,500kcal)
1974年 - 津福工場完成。
1980年 - 原料の転換。(ナフサからブタンへ)
1981年 - 球形ガスホルダーNo.1完成。(能力/25,000m3)
1988年 - 球形ホルダーNo.2完成。(能力/25,000m3)
1990年 - ガス部と水道部の組織統合。
1990年 - 企業局新庁舎完成。
1993年 - 九州ガス事業者が共同方式による初めての天然ガス熱量変換事業に着手。
1996年 - 都市ガス料金の複数二部料金制導入 。
2002年 - 天然ガス導入。 (6月転換作業開始/12月転換作業終了)
2009年 - 久留米ガス株式会社に事業譲渡。

大津市企業局ガス事業の沿革

明治43年12月 大津瓦斯株式会社創立
大正7年10月 大津瓦斯株式会社解散
昭和9年2月 近江瓦斯株式会社創立
10年11月 近江瓦斯株式会社と大津市との間で事業引き継ぎの仮契約成立
12年3月 ガス供給開始、供給区域は旧大津市及び旧膳所町一円(供給戸数1,426戸)
昭和39年10月 カロリーアップ実施(3,600Kcal/m3から4,500Kcal/m3)
42年1月 管理者制度実施
5月 ガスサービスセンター開設
昭和47年11月 瀬田川共同橋完成
48年4月 公営企業部から企業局へ改称
49年7月 真野供給所(6A製造設備)完成
54年6月 6C地区天然ガス転換(4,500Kcal/m3から11,000Kcal/m3)
55年11月 大津湖南幹線完成、受託ガス輸送事業開始
56年12月 中圧北部幹線工事着手(木の岡から真野)
57年4月 ガス保安指令室設置
59年7月 大津湖南幹線の圧力変更(1.5kg/cm2から3.0kg/cm2昇圧)
60年7月 需要家保安対策(安全アダプター取り付け)に着手
61年7月 一人暮らし老人宅ガス漏れ警報器取り付け
8月 ガス灯設置(島の関から打出浜)
62年3月 企業局研修センター竣工
7月 マイコンメーター取り付けに着手
平成元年5月 6A地区天然ガス転換(7,000Kcal/m3から11,000Kcal/m3)
6月 ガス保安指令室北分室、東分室設置
7月 真野営業所製造設備廃止
3年3月 中圧北部幹線2系統化完成
4月 LPG供給地点群天然ガス転換(14地点のうち9地点群)
4年8月 大津湖南幹線の圧力変更(3.0kg/cm2から6.9kg/cm2に昇圧)
5年6月 株式会社大津ガスサービスセンター設立
6年7月 安全サービス課設置
11月 天然ガス自動車導入(1台)
7年1月 阪神大震災に伴い企業局から救援隊を派遣
11月 大津北部幹線の圧力変更(1.5kg/cm2から6.9kg/cm2に昇圧)
8年1月 大津北部幹線による受託ガス輸送(琵琶湖大橋ルート)開始
3月 庁舎駐車場に小型昇圧供給装置設置
11月 料金改定(複数2部料金制へ変更、原料費調整制度導入)
業務用マイコンメーターの取り付けに着手
9年10月 大津藤尾幹線の圧力変更(1.5kg/cm2から6.9kg/cm2に昇圧)
10年3月 浜大津公共広場(愛称 ガス燈広場)にガス灯及びモニュメント設置
10月 LPG供給地点群天然ガス転換(大谷団地)
※ 10年度天然ガス自動車導入台数1台(累計2台)
11年9月 計量単位を国際単位系(SI)に統一
※ 11年度天然ガス自動車導入台数3台(累計5台)
12年6月 庁舎駐車場に小型昇圧供給装置増設(累計5基)
※ 12年度天然ガス自動車導入台数6台(累計11台)
13年11月 家庭用空調契約料金と床暖房契約料金を新設。小型空調契約料金を引き下げ。
※ 13年度天然ガス自動車導入台数2台(累計13台)
14年3月 ガスコージェネレーション設備設置
(真野浄水場へ電力供給及び北部学校給食共同調理場へ蒸気・温水を供給)
10月 天然ガススタンド「大津エコステーション」オープン
輸送向け圧縮天然ガス用A・B契約料金を新設
※ 14年度天然ガス自動車導入台数2台(累計15台)
15年2月 料金改定(小口部門全体平均6.61%の値下げ、供給約款料金平均5.32%の値下げ)
熱量変更(46.04665MJ/m3から45MJ/m3に)
8月 家庭用ガスコージェネレーションシステム契約料金を新設
9月 受託ガス輸送廃止
10月 天然ガス自動車モニター事業開始(1,800cc 2台、660cc 1台)
※ 15年度天然ガス自動車導入台数9台(累計24台)
16年4月 託送供給約款を新設
7月 簡易ガス事業廃止
9月~10月 LPG供給地点群天然ガス転換(桜谷団地、下龍華改良住宅、羽栗団地)
※ 16年度天然ガス自動車導入台数7台(累計31台)
17年3月 ガバナ遠隔監視制御システム設置
※ 17年度天然ガス自動車導入台数7台(うち更新車両1台、累計37台)
18年4月 明日都浜大津にガスショールーム「キット ココ」オープン
※ 18年度天然ガス自動車導入台数5台(累計42台)
19年3月 ガス灯設置(JR石山駅北口広場に7灯式1基)
8月 料金改定(小口部門全体平均7.75%の値下げ、供給約款料金平均6.82%の値下げ)
都市ガス料金と液化石油ガス料金を消費税の総額表示・税込計算方式に改定
業務用季節別A・B契約料金を新設
※ 19年度天然ガス自動車導入台数4台(うち更新車両2台、累計44台)
20年8月 供給区域拡大
21年9月 原料費調整制度の改正

よって、明日のブログはお休みします。(ひょっとしたら、携帯からショートブログになるかも)

宮尾 孝三郎

2010年7月26日 (月)

シート張り禁止

本日は、2010びわ湖大花火大会の会場の注意事項について

有料観覧席についてはコチラ↓

有料観覧席のご案内

さて、無料観覧席は昨年まで、大きなレジャーシートによる場所取りが規制なく行われておりましたが、安全管理上、動線が確保されていないことが懸案事項としてあり、また炎天下で3日も張り続けると、芝生が枯れてしまいますし、その重しに護岸の石を抜き取る行為も含め、器物損壊に当たるとして、今年から前日までの場所取りを規制することとなりました。

22072601

↑なぎさ公園の各所に禁止看板を設置するため、掘削している様子

22072602

↑市道沿いや湖岸園路沿いには『シート張禁止』の看板が・・・

22072603

↑そしてなぎさ公園の約20~30Mごとには、このような禁止看板が・・・

22072604

↑ピアザ淡海前

このように、無料観覧席にあたるエリアには、禁止看板が多数掲げられました。

その数、2種類それぞれ100個ずつ

すべて、公園緑地協会と大津市公園緑地課の職員さんが手作りされていますhappy01

お願い~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

湖岸線の公園内園路にシートを張られますと、万が一の時に重しの石に躓いたり、シートに足を取られたりして、危険です。危機管理上、動線を開けてください。

また、湖岸は市民の共有財産です。場所取りは不法占用となります。皆さんで気持ちよく花火観覧ができますように、ご協力をよろしくお願いいたします。

過去の関連ブログはコチラ↓

2010年7月20日 (火) 花火大会での注意事項について

宮尾 孝三郎

2010年7月25日 (日)

私は正直者の愚か者です

世の中、すべきことと、したいこと、しているように見せたいこと、など主体になる人にとっての都合があります。

さまざまなシーンで様々な都合が見え隠れします。

潔癖症という重病に知らず知らずにかかっていたんでしょうか?

住民、市民そして私、清濁併せ呑む度量が必要なのであれば、私は失格です。

宮尾 孝三郎

2010年7月24日 (土)

安全に寄与する団体の活動

本日は、大津に所在する中部方面混成団友の会行事に参加してまいりました。

午前は、隷下部隊の第109教育大隊の軽武装走競技会の応援

220724macb109t01

↑出走の様子。全員がスタートと同時に腕時計のスタートボタンを押している点に注目。

220724macb109t02

↑これから5キロを走ります。

一番早い隊員で5キロを16分48秒で走りましたrun。本来なら頭は帽子ではなくヘルメットなのですが、今日はあまりにも暑く、病院送りになる隊員が現出しないように、大隊長の良き判断で帽子であります。

私たちが見せていただいたのは、最終グループでしたが、どの隊員も体力の限りを尽くされたと思います。

競技会の応援を終わり、大隊長の講話、会食、懇親会と進み、理解が大いに深まったところで解散となりました。

220724macb109t03

↑帰り際に、航空自衛隊饗庭野分屯基地の警備車両が目に入りましたので、隊員にお話をお聞きしたところ、今日の夜、晴嵐商店街で行われる夜市に参加とのことで、ご苦労様ですhappy01

220724macb109t04

↑日産の普通乗用車タイプの自衛隊車両と対比すると、軽装甲機動車のサイズがおおむねお分かりかと思います。

220724macb109t05

↑そして夜市。大津市消防局が起震車を運用されていました。このコーナーには長蛇の列が・・・大変ご苦労様ですcoldsweats01

220724macb109t06

↑ここが、自衛隊ブース。大人気のペーパークラフトが(無料)で配られていましたhappy01

220724macb109t07

↑コチラは、自衛隊グッズ販売コーナー。

220724macb109t08

↑そして、昨年の取り組みと同様に、非装甲のジープと並列でならんだ軽装甲機動車

晴嵐学区のこの取り組みには、毎年脱帽しております。ありがとうございます。

昨年の様子についてはコチラ↓

2009年7月25日 (土) 平和啓発に積極的姿勢

そして、夜は、定例のNPO法人西大津防犯定期夜間巡回活動

220724macb109t09

220724macb109t10

↑本日は、この手の24枚の張り紙の除去を行いました。

宮尾 孝三郎

2010年7月23日 (金)

気を失いそうでした

大津市は、記者クラブの求めに応じて「市長定例記者会見」を行っています。

市民のみなさんは、市長をそして大津市執行部を評価するバロメータとして活用されていることと存じますが、今回の内容はヘビー級ですcoldsweats02

【以下転載開始】---------------------------------------

このページは、大津市政記者クラブ主催の市長定例記者会見の内容(要旨)を秘書広報課でまとめたものです。


◆日時
平成22年7月8日(木曜)13時~

◆場所
大津市役所 特別応接室

【質疑事項】

・市長冒頭挨拶

・滋賀県知事選挙について

・事業仕分けについて

・議員定数の削減について

・市民フォーラムについて

・南部クリーンセンターについて

・競輪事業について

・市営葬儀に係る調査結果について

市長冒頭挨拶


目片市長

みなさん方には選挙の期間中にもかかわりませず、記者会見にご出席をいただきまして、ありがとうございます。

11日には、参議院議員通常選挙の選挙区、比例代表の選挙、そして滋賀県知事選挙並びに滋賀県議会議員の補欠という4つの選挙が、大津市域では開催されるということであります。大津市内では122の投票所で約1,800人が投票事務に従事していただく予定であります。開票は9時20分から皇子が丘公園体育館で約750名の方々にご協力をいただいて開票事務を行う予定をいたしております。

また、8月1日には恒例であります「びわ湖大津夏まつり」を大津港周辺で開催いたしたいと、このように思っております。このびわ湖大津夏まつりでは、江州音頭の総おどり、また夜市などが出されまして、盛大に開催をする予定でございます。

6日に開催される「びわ湖大花火大会」、このほかに、17日には、瀬田の建部大社で行われます「船幸祭」というお祭りがございます。また、「ふれあい志賀夏まつり」、「堅田湖族まつり」、あるいはまた地域のお祭り、「瀬田の唐橋のライトアップ」など、この大津の市内で夏にかかわるイベントが数多く開催されるということであります。

大津市総合計画の第2期実行計画のスタートの年にあたることから、「結の湖都 大津 市民フォーラム」の開催を予定いたしております。日程はチラシのとおりでありますが、8月7日は大津市役所、龍谷大学、8月28日は生涯学習センター、9月18日は和邇文化センターと北部地域文化センターを会場に、3日間5カ所で開催を予定いたしております。そのようなことで、今申し上げております総合計画の第2期実行計画のスタートの年にあたるということから、広く市民のみなさんに大津市の今後の取り組み等についてご説明を申し上げたい、こういうふうに思っているところでございます。

私から以上のことを申し上げまして、会見に入らせていただきたいと、このように思います。





1 滋賀県知事選挙について



記者
 
市長有志の会の会見がございましたが、このタイミングでの支援の表明と選挙についてのお立場とご意見を改めて、お願いします。


 
 

市長
 

私はいわゆる有志の会のメンバーに入れていただいておりますけれども、どちらかといえば、市長がそういうような行動をすることには消極的なのです。大津の場合ですと、33万8千の人口、26万6千人強の有権者がおいでになりますから、あまり大津市長が選挙にかかわるということはいかがなものかなというふうに思いながらも、あとの4市の市長さん方がご熱心でございました。したがって、私は市長会の会長という立場がございますし、後々の市長会の運営等に、4市の方を含めて、参加はされておりませんが、あと8市の市長さん方、そういうような微妙な立場に私自身がありますから、そういう意味から申し上げれば、名は連ねておりますものの、ご熱心な4市長さんの力に押されたというように私は思っております。市長会として、今後うまく運営していこうとすれば、そういうことも必要であったんじゃないかなと、こんなふうに思っているところであります。


 
 

記者
 
今週末、一部の市長さんがいわゆる弁士として、一緒に応援演説をしたり、市長さん主催の演説会なんかも開いて応援するというお話もあるみたいです。目片市長もそういった形で何か支援するということはあるのでしょうか。


 
 

市長
 
私はそういうことには参加をしないということでご理解をいただいているというふうに思います。冒頭申し上げたように、元来、そういうような気持ちでおりますから、選挙は県民がする、知事選の場合は、県民が選ぶわけですから、大津市の場合は大津市民が選ぶわけですから、あまりそういうような過激なアクションは起こさないほうが私としてはいいんじゃないかなと。どちらが当選されても、対等に話もできる位置に私はあると、こういうふうに思っておりますから、あえてA候補、B候補というような、そういうような色分けをしなければならないということではないというふうに思っております。


 
 

記者
 
行動的にはあまり目立って出られないということですが、そういうふうに市長が有志の会に名を連ねられるというのは、現職の嘉田さんへの何がしかの思いというものも心の中にはあると思います。もちろんいい点もあるとは思いますけれども、この4年間を振り返られて、このような会に少なくとも入られた要因としての嘉田県政の足りないところをお伺いできれば。


 
 

市長
 
嘉田さんの場合は、聞く耳を持たないところに非常に私は憤りを感じたことがあります。先だって質問がございましたけれども、それは一体何だというお話があったときに、私は大戸川を申し上げました。これは、大阪府や京都府の知事と相談をする前に、大津市にお声かけをいただいて、そういう流れの中での凍結なら、これは分からないでもないと。けれども、いきなり京都府や大阪府の知事の話だけを聞いて、あるいは、パフォーマンスとしながらも、三重県は入っておられましたけれども、そういうことに私は憤りを感じたということですね。

ですから、常々、聞く耳をお持ちにならない、一方通行であると。時に一方通行もあってもいいと思うんですよ。それは、方針決定するのに、いろんな意見を聞いたら、迷いが出ますから、あるいは、どちらを取ってもいけないというときには、自分の思いで行かれるのはよく理解しています。しかし、当初、対話の会で対話することが大事だと言いながら、結果的には一方通行の話が多いと、こういうことですね。

そして、もう一点は、昨年の予算編成で補助金カットが大幅に増えました。これは財政として考えるならば、それが一番手っ取り早いやり方なんですけれども、私がそのときに申し上げたのは、事業を精査しながら、幾らでもそういう点でその事業を先送りするなり、あるいは、ほかの事業の中へ組み入れるなり何なりすることによって、補助金のカットまでいかなくても済むんじゃないかと、こういうふうに申し上げたことがございます。そういうようなことで、事務方の話だったのか、ご本人が前向きな意思表示をされたのか、分かりませんけれども、結果はそういうことになったこと、そのことがいわば知事に対する思いからすれば、かい離しているなと、こういうことであります。


 
 

記者
 
一部マスコミ等では、それでもなお、現職、嘉田知事がやはり広く支持を集めていると、なかなか強いというような結果も出ているようです。その強さの秘密、何がそんなに強いのかと分析されていますか。


 
 

市長
 
これは簡単な話で、例えば大津市の自治体、あるいは、今、それぞれの自治体が合併しておりますけれども、その自治体関係者は決して快しとしていないと私は思っています。だけれども、いわゆる行政にも関心のない、そういう方々が今の142万人の人口の中の100万人の有権者の中に、自治体に関係する人が少ないから、いわゆる表面だけ見て判断される。だから、あいさつや話で大分引きつけておられるんじゃないかなと。happy01

そういう、いわばパフォーマンスはやっぱり大学の教授ですね。生徒をなだめるというのか、生徒に教えるようなつもりでお話になるから、どうしてもやわらかくなる。やわらかくなるところが、県民が聞くと、いい人だと、こうつながっているんじゃないかと思いますね。いい人というのか、親しみやすいという、そういう印象を与えているように思います。だけれども、責任を持って自治体の仕事をしている人とか、そういう立場の者から言うと、知事、ちょっとそれは行き過ぎじゃないですかと言いたい。だから、言いたいことは選挙でしか表現ができないということで、今お話しのなぜ嘉田さんの支持が多いのかというのは、その分類によるというふうに思いますねhappy01


 
 

記者
 
極端なことを言いますと、市長からすれば、嘉田さんはイメージ戦略だけで売っているようなものだというような言い方もできなくはないということですかね。


 
 

市長
 
でしょうね。実績って何がありますかhappy01つぶされた話ばかりで、実績というものは、いわゆる4年前のマニフェストなのか、公約なのか、実行されてない部分がたくさんございますね。これは財政が急に厳しくなっている部分もあるし、それは分からないでもない。けれども、それはやり方によっては、これは目玉だから、やらないといけない、そういうようなご判断をされていないんじゃないかなと。だから、成り行きに、そのままの自然の流れのまま県政を進めてこられたんじゃないかなと、こんなふうに思いますね。


 
 

記者
 
一部の市長の方々とお話をさせていただいたときに、嘉田さんは台所の主婦感覚をそのまま政治に持ってきているというような、ちょっと厳しい意見もあったのですが、目片市長からご覧になって、そのあたりはいかがですか。


 
 

市長
 
いや、台所の延長とは決して私は思いませんけれども、女性独特のそういう考え方が出ているんじゃないかなというふうには思いますね。もったいないプラスアルファかな。プラスということから言えば、そういうようなおつもりで、もったいないばかりでは、これは経済が落ち込むばかりだから、これはやっぱり経済を浮揚させようとするならば、もっと前向きな投資も私は必要だというふうに思います。じゃあ、その裏づけの財源は、どうするのかということになるんですが、それは県庁内で協議をされて、先ほど申し上げたように、先送りするなり取りやめるなり何がしで対応すれば、予算は確保できるというふうに私は思いますけどもね。


 
 

記者
 
先ほどの市長の話の中で、市長会長としてはまた微妙な立場だというようなお話がありました。今後の会の運営を考えると云々という話がありました。そこの部分が分からなかったのですが、有志の会に入らないほうが、中立色を保っておいたほうが、今後の市長会の運営を考えるのであれば、スムーズにいくのではないかなと考えたのですが、入るほうが運営がスムーズにいくとかというのがよく分からないのです。


 
 

市長
 

入った中で消極的な行動をとっているわけですね、どちらかいえばhappy01


 
 

記者
 
ええ。


 
 

市長
 
これは、入るということの中で、今の知事の選挙だけを集約すると、上野さんと比較したときに、彼のほうがバイタリティーがあるし、若さがあるし、自治体の経験も深いし、そういうことからいきますと、現職に対してどうしても消極的にならざるを得ない。そういう、今、市長会の話の中で、13市の市長会の会長とすれば、後、知事選挙ばかりで終わるわけではありませんから、それから以降の市長会としての対応等を考えますと、やっぱり同等の支援者がおいでになりますから、そこのところを、どちらも顔を立てなければいけないという、いわゆる今後の市長会の運営等を考えると、そういうようなあいまいな立場でないといけないのではないかと。

今お話の、そういうことを一切しないで、まさに中立だけということは・・・。意思表示を私はやっぱりはっきりしたほうがいいという思いがしていますから、だから上野氏のほうにスタンスをぐっと置いている、軸足を置いているということ。で、一方ではどちらかいえば軽いという、いわゆるそういうようなスタンスじゃないでしょうかね。


 
 

記者
 
では、市長は、市長の有志の会に入るけれども、ちょっと言葉が過ぎるかもしれませんが、いわば名義貸しのような形であまり具体的な行動に移さないというような行動が、いわば親嘉田の市長さんにも顔向けができるというお考えですかcoldsweats02


 
 

市長
 

はい、そうです。happy01


 
 

記者
 

そういうことでいいですか。


 
 

市長
 
はい。だから、私は大体そういうことは好みじゃないの。そういう中傷したりひぼうしたりですね。もう選挙というのは県民が選ぶのですから、それでいいじゃないのと。それをだらだらつくって書いて配って云々というのは、あまり自分としては快しとしない。だから、そういうスタンスで対応するほうがいいのと違うかなと。しかし、先ほど申し上げた、どちらかを選ばなければならないとすれば上野氏の方を選びますよと。こういうことで、どう言ったらいいのかな、嘉田さんにもいい格好でもないけれども、ちらっと顔向けているという程度・・・。


 
 

記者
 
意思表示としては、例えば嘉田さん、上野さんというお二人がいらっしゃったら上野さんという表示をすべきだと市長が思われるのであれば、別に市長有志の会に入らずとも「ああ、あの会には私は入らないけれど心情的には上野さん応援するよ」という、いったらその部分でとどまっておくことも可能だったかと思うのですけれども。


 
 

市長
 

そう。ところが、ご熱心な市長さん方が、もうどうしても大津市長を標ぼうしないと、書かないとインパクトがないんだとおっしゃるから。


 
 

記者
 
本当に目片市長としても、これも表現としてあれかもしれないですけども、どちらかといえば後を押されてしぶしぶ名前を書いたと、そういうふうな感じなのですかねcoldsweats02


 
 

市長
 
そう。happy01印刷だから、もう刷って来られているから、結構ですと言わざるを得ない、そういう状況ですよね。本当にご熱心な市長さん方ばかりですから、もうやむを得ないかなというような。大津がやっぱりそういう姿勢を示さないと、県民に対して大津がどっち向いているんだということで、結果は4市の市長が後押しをしていることが何にも力にならない、大津が加わってこそ5市の市長がこうやっているということがアピールできると、こういうような思いだったと思うんですね。

だから、どうしても大津市長目片信を入れなければならないということで、もう印刷したものをお見せいただいていますから、そういう対応をしたということでしょうね。


 
 

記者
 
先ほどの話に戻るのですが、嘉田さんの実績の中で、つぶしただけという話がありました。大津市では大戸川ダムの話になると思いますが、もしも今回、嘉田さんが勝つならば、そういった新幹線であったりダムであったりをつぶされたということについても、県民としては信任をしたということになるのかもしれない。

そういう点をもって、例えば栗東市長さんは、要は新幹線であったりダムであったりを地域の問題にして県民の分断を進めてしまっているというように、嘉田さんを批判するのですが、市長はそこら辺についてどういうふうにお感じになられますか。


 
 

市長
 
私は新幹線は直接関係ないんですが、ダムの場合は、結果論としてそうあってもそれはやむを得ないと思いますよ。それはもう世論というか滋賀県民から、県民の多くがダム反対、新幹線反対言うから迎合していますわ。だけれども、あの田上の地元へ行けば、上田上に行けば、ダムの必要性というものはもう住民は十分に認識している。

私が申し上げたいのは、結果はそうあってもいいんですが、なぜ京都、大阪、三重の知事の間でそんな話ができたんですかと。まずは地域、沿川住民の意見を聞かないで、大津市のいわゆる私どもの話も聞かないで、説明もしないで、そのことに立腹をしているということです。ですから、栗東さんのおっしゃっている話とはちょっと違う部分が私はあると思いますね。


 
 

記者
 
手法が気に食わないということですかね。


 
 

市長
 
まあ手法といえば手法でしょうね。どちらを優先したんですかと。結果は京都、大阪、三重の知事の会談というのか話をまとめた、そのことを優先されたということになるわけですから。

淀川水系という広い意味からいえば、京都や大阪も関係ないとは言いません。だけれども、上田上という地域があるわけですから、一番、そこが被害を被っているわけですからね。その住民のみなさんの意見も聞かないで、その集約する私ども大津市に対しても何の話もなくて、ああいうような方向をお示しになったことが、いわゆる怒りを感じるということですね。


 
 

記者
 
そのことを嘉田さんに直接言ったことはありますか。coldsweats02


 
 

市長
 
その会話がなかったね。happy01


 
 

記者
 
なぜ先に言わないのですか。coldsweats02


 
 

市長
 
その機会がなかったねhappy01だから、これは以前も申し上げたけれども、国の法律もだめなのです。「知事の意見を聞く」になっているから、それはもうやむを得ないなと。「知事の意見を聞く」ということに法律上なっていると、法律改正しないと、「設置される地域の首長の意見を聞く」に直さないと、もうそれで終わってしまうことになりますから。非常に残念ですけれども、法律上では知事のおっしゃっていることが違法だとかどうとかいうことではないので、これはやむを得ないなと。

しかし、それぞれその首長としたら、順番があるんじゃないですか、なぜ京都、大阪、三重なんですかというのが、手法が違うといえばそのとおりかもしれませんね。





2 事業仕分けについて


 
 

記者
 
大津市では、今年で事業仕分け3年目か4年目になりますけれども、今までの評価を含めて、市長がどのように考えているのか参考までに伺わせてください。


 
 

市長
 
事業仕分けというのは、改革をする上で集中と選択に値すると、こう思っています。ですから、そこで事業仕分けされた事業は、その仕分けされた側で痛みを感じてもらっている部分があるんじゃないかなと。

例えば、敬老の日の敬老祝い金を減額して、年齢を改めて支給することによって6千万円強減額になりました。高齢者からいえば、それがもらえると思っているのに、減額になったり、年齢が変わったりしたことによって楽しみをなくされたということにつながるというふうに思いますが、これは事業仕分けで必要ないというか減額か見直しされたものですから、そういう実行をさせてもらった。一つのケースとしては、そういうことが言えます。

事業仕分けというのは、広く市民のみなさんの意見を聞くということからいえば、市民の目で見てその事業の必要性あるいは、効果等を検証してもらうのにはいい制度じゃないかなと、こんなふうには思いますね。


 
 

記者
 
今年は。


 
 

奥村政策調整部長
 
8月21日の予定です。


 
 

佐藤副市長
 
事業の数としましては、21事業上げさせていただきたいと思っております。事業仕分けが始まりまして、1年目、2年目、今年で3年目になるんですが、来年度これを継続するかどうかというふうな最終判断は、この3回目の事業仕分けの結果を総括して、継続するかどうか判断をさせていただきたい、このように思っております。


 
 

記者
 
ということは、それなりの効果が上がったということで、もうこのくらいでいいだろう、そういう意味になりますかね。


 
 

市長
 
まあそういう解釈ですね。


 
 

佐藤副市長
 
はい。先ほどの敬老祝い金の節目支給の見直しにつきましても、1億数千万円の金額の半額にさせていただいた。その半額を道路整備に使ったということでなはなく、同じ福祉の枠内の高齢者向けの周辺対策事業、当時はなかったわけですけれども、例えば配食サービス事業、そういうものに積極的にその節約した経費をつぎ込みましたんでね。すべて福祉のほうに還元をしていまして、そういう面での行政効果、あるいは高齢者福祉の幅広い分野での事業推進につながっていっていると。

高齢者から取り上げてほかの事業に使ったら、高齢者は怒られるけれども、そういうことでございますので、ご理解いただきたいなと思います。


 
 

記者
 
21事業はもう確定しているのですかね。


 
 

佐藤副市長
 
一応確定させていただいています。今これを事務局のほうで選考して、各所属にもう1回返していますので、ほぼそれで確定すると思います。





3 議員定数の削減について


 
 

記者
 
夏が終われば9月議会。市議会議員の定数どうしましょう。


 
 

市長
 

定数削減。


 
 

記者
 
はい。


 
 

市長
 
何も動きをされないとしたら、改めて提案をしたいと考えております。


 
 

記者
 
その方針は従前どおりお変わりないのですか。


 
 

市長
 
はい。それが議会でいろいろと行ったけれどもこういう結果ですとか、こういうことでという話があれば、これは前向きに検討いただいているということで評価させてもらわなければいけないけれども・・・。今現在、全く動きが、選挙ということもありますからでしょうけれども動きがないから、ただ言っているだけだという位置づけをされるのであれば、もう一度9月に申し上げなければいけないなと、こう思っています。だから、このフォーラムで・・・。市民のみなさんにばんばんやりますから。


 
 

記者
 

ほう。


 
 

市長
 
みなさんでお知り合いの市会議員さんに、こういうふうに市長が提案しているけれども、あなたどうなのと声をかけてくださいと、こういうふうに申し上げていこうというふうに思っております。

昨日もほかの会合がありましたから、40人ぐらいかな、その話をしました。そうしたら、みんなとは言わないけれども、9割方「いいことだ、いいことだ、そうしてください」と言う人が多かった。だから、この間の市議会の質問で、パブリックコメントもとらない云々という質問がありましたけれども、こんなものみなさんに意向確認したら、8、9割は「そらいいことだ」というふうにおっしゃっていただけると、このように思っております。


 
 

記者
 
直接関係ないことですけれど、やっぱり県議会議員もちょっと多いですかね。


 
 

市長
 
それは選挙区、小選挙区になっているでしょう。今、大津と米原でやっているのかな、10人を11人云々の話。結果はどうなったのか知らないけれども、それは県議会で話しをされることだというふうに思いますが、大津だけをとってみれば、現在10人。10人でも多いんじゃないかなとは思いますけどね。

いい議員は必ず市民が選ぶわけですから、選ばれない人からいえば怠慢な部分があるわけですよ。市議会でも一緒。一生懸命市民の中で話をして汗を流したら、必ず選ばれる。そういうことを怠る議員があるとすれば、必ず選ばれないことになる。だから、私は、ほかは分かりませんが、県議会も大津市選挙区だけを見れば、規定がない限り、何人に対してどうという規定のない限り、私は多いんじゃないかなというふうに思いますね。


 
 

記者
 
今度、滋賀県議会の補選もありますね。bleah


 
 

市長
 
はい。2人ぐらい削ったっていいのと違うかな。けれども、それは議員の中でお決めになることだから。議員の中で、いわゆる自分の身を保身することからいえば、賛成は少ない。だから今の市議会も同じこと。議員の中ではそういう話をされない。だれに白羽が立つか分からないから、もう何もしゃべらない、40人のままいこうということじゃないかなと思っています。

オーバーな話、20人に半減にしなさいという手紙が来ますから。それで十分ですと、何をしておられますということを言われる方があります。選ぶのは市民だし、県会の場合は県民イコール大津市選挙区なら大津市民。だから、その中で一生懸命される、まじめにされる人は選ばれる、間違いなく。happy01そしたら、議員としての評価というは、高くなると思います。





4 市民フォーラムについて


 
 

記者
 
市民フォーラムですけれども、フォーラムでは通常、話を聞いて、フォーラムの後でどういう感想を持ったかという、そういうアンケートみたいなものをするのが通例だと思いますが、今回はそういう形でされますかcoldsweats02


 
 

市長
 
いや、考えてないです。happy01


 
 

記者
 
それは、参加された方に対して。


 
 

市長
 
後のフォローですね。現在のところは考えてない。


 
 

記者
 
そうですか。


 
 

市長
 
マル・ペケでもいいのでしょうけれども、これは難しいね。難しいというのは、問いかけが、満足しましたか、何とかと3段階ぐらいにすると、どちらとも言えないという部分が多いというふうに、私は思いますからね。だから、むしろ肉声でああいうことをもっとしてもらわなければならない、してくださいとか、いうようなお言葉があるほうがインパクトを感じますね。


 
 

記者
 

ただ、数として出たほうがいいのではないかと思いますが。


 
 

市長
 
けれども、今度は逆にどれだけ参加をしてもらえるのかというのが、主催者側からいえば裏づけがありませんからね。自由に参加をしてくださいという、そういうご案内だとしたら10人でもやらなければならないし、100人でもやらなければならない、そういう中でアンケートを取っても、つかむところが難しいんじゃないかなというふうに思いますね。


 
 

記者
 
各会場、何人ぐらい入るのでしょうか。


 
 

奥村政策調整部長
 
1会場500人です。


 
 

記者
 
各会場500人ですか。その中で、議員定数について、ばんばん話をするわけですかcoldsweats02


 
 

市長
 
ばんばんという表現がどうなのかわかりませんが、6月議会にこういう提案をさせていただきました。しかし現在、この時期ですね、議会から何もそのことの議論がされているように感じません。ついては、9月議会の中で改めて提案をしたいと、このように思っております。そこで、議員たる役割というのはこういうものではないでしょうか、という問いかけをしながら、みなさん方が接する議員さんがおいでになれば、そういうことを促してください、こういうふうに言おうかな、こう思っています。happy01


 
 

記者
 
市長自ら言われる。


 
 

市長
 
もちろん。そういう話は、執行部といえども特別職しかできないですよ。職員に言ってきなさいと言ったって、そういうようなものは、後で、袋だたきに遭わなければいけません。


 
 


 
 

5 南部クリーンセンターについて


 
 

記者
 
南部クリーンセンターの件で、今環境アセスメントが、6月末ぐらいから始まっていますが、意見を8月9日、その辺まで受け付けるということだったのですけど、特に今のところ、何か市のほうに来ている声はありますか。


 
 

井上副市長
 
目立った言葉はまだ、聞いていないですね。今いよいよそういう段階にまで入ったということは、大変ありがたいというふうに思っています。具体的な動きというのは、まだないです。


 
 

市長
 

反対の人は投げ込みをされたのと違ったかな。happy01


 
 

井上副市長
 
それは、以前にグリーンハイツのみなさんがされました。それは、アセスメントの前でしたので。


 
 

佐藤副市長
 
今、規模を縮小しましたので、今回のアセスメントの調査範囲ですけれども、前回は3キロメートルということで、京都の宇治田原が対象に一部入りましたので、そこから反対運動が出てきたということだったのです。今回は1.6キロメートルということでございますので、大津市域だけが調査区域になりましたので、今度は住民のみなさんにも深いご理解がいただけるのではないかなと、このように思っていますけれども。そのことについては、宇治田原町のほうにも報告を申し上げて、十分分かりましたと、大津のほうで適切な対応をしていただいたら、宇治田原町としてはもうそれで結構ですと、アセスメントに関しては、こういう返事をいただいています。


 
 

記者
 
やっぱり一部で今もちょっと根強い反対論があるのですが、どうしましょうね。例えばこのフォーラムのように、市長が出向いて何か説明するとか、そんな住民の理解をもっとさらに深めてもらうような行動なり何なり。


 
 

市長
 
だから最終、市長出て来いということであれば、幾らでも出ていきますと、こう申し上げているわけ。今、環境部のほうで鋭意説明をし、協議をさせてもらっていますからね。その中で、相手方から出て来いと言われて、専門的なことを私は言われたって分かりませんから、実情と、そしてお願いしかできないわけですね。実情はこうでありますと、だから、それぞれ家庭ごみを含めて、ごみの処理はどこかでやらなければならないということからいえば、今あそこで25年。25年前に相当なあれがあったわけですから、そういう中で地域のみなさん方の理解、協力を得て、今日に至っているという説明をしながら、お願いと、大津市のごみ行政について説明を求められればしなければならないと、こう思っています。


 
 

井上副市長
 
基本的には、自治連合会を中心にして、各町のみなさんも委員として参画をいただいて、そしてその1つの委員会で協議を進めさせてもらっています。当然反対を、今、1町のグリーンハイツさんのほうも、ここの委員会にも参画をいただいて、この舞台では話をさせていただいております。そして、一つ一つの自治会でも、要請があれば我々は出向きますよということで、グリーンハイツのほうにも出向きもしていますけども、グリーンハイツの中でやっぱり住民のそごがあるんですよね、どうしても・・・。自治会、あるいは対策委員会での意見が、ちょっと今まだ差があるということになっています。


 
 

記者
 
グリーンハイツの中でいろいろ意見が違うわけですか。


 
 

井上副市長
 
過去のいきさつからの理解の部分が違うんです。


 
 

記者
 
対策委員会はあれだけど、自治会のほうはまあまあ。


 
 

井上副市長
 

もういいのではないかと、こうおっしゃっていただく人もあるんです。まあもう少し・・・。


 
 

佐藤副市長
 
難しいのは、今、伊香立の清掃工場も大石の産業廃棄物処理公社もそうなんですが、起工式のときには、大きな解決を見ないままに起工式をしましたので、例えば大石の場合でしたら、前日に起工式のテント等の準備をしていたのがブルドーザーに持っていかれてテントが壊されたとか。伊香立の清掃工場の場合は、起工式の最中に反対のみなさんにむしろ旗を立てられて、発煙筒をテントに投げつけられて、もうもうとした煙の中で神事等の行事を行いました。それで、伊香立の各町のほとんどのみなさんが賛成をいただいたんですが、一部反対の方がどうしてもおられますので、やっぱりその反対の火は消せませんでした、消えなかったんですよね。しかし、市としては決断をして起工にこぎつけたと、こういうことです。

今、その方々がどういう態度をとっていただいているかと言ったら、あのときはそうだったけれども、今は大事な施設だからといって理解を。やっぱり二十数年たてば時代も変わってきますし、反対されていた方も、親が反対していたけれど、息子さんの代になっていますので、今は深いご理解をいただいて、ご本人も変わってきていると、こういうことです。大石もそのように同じような状況は来ていまして、旧の在所のみなさんは、現在はもうご理解いただいています。しかし、新しい住民のグリーンハイツのみなさんは、建物が建ってまだ数年しかたっていませんので、住民としてなられてですね。しかし、決断はしないといけないですね、これは。


 
 


 
 

6 競輪事業について


 
 

記者
 
決断といえば、競輪事業も9月ぐらいにというふうにおっしゃいましたね。


 
 

市長
 
決断の中の右左を決めるんじゃないhappy01、そういうことを視野に入れながら9月の時点で検討しなければならないと、こういうふうに。そこでもうやめる、来年度まではやると、こういうふうになっているわけで、あと問題は高松宮記念杯競輪を申請する時期にあたってきますから、どうするということの議論はしなければならないというふうに思いますね。


 
 


 
 

7 市営葬儀に係る調査結果について


 
 

記者
 
市営葬儀の件なのですけども、告訴も検討という内容での会見でありましたけれども、その後、どういう検討をされましたでしょうか。


 
 

佐藤副市長
 
関係者のほうから、職員に不正があるのではないかというような通報がございましたので、市のほうで調査をしまして、不適切であったということが分かりましたので、警察当局に告訴をさせていただきました。


 
 

記者
 
受理といいますか。


 
 

佐藤副市長

その受理がちょっと今のところは確定してないんですが、警察のほうはとりあえずお預かりをしていると、こんな感じのように聞いています。



 
 

記者
 
書類を出したのはいつの話でしょうか。


 
 

佐藤副市長
 
あれは、この間終わってからですね。ちょっと確認します。


 
 

記者
 
これ、容疑というか、疑いは詐欺ほう助と公文書偽造になるのですかね。


 
 

佐藤副市長
 
というぐあいに聞いています。


 
 

記者
 
それですよね。職員2人ですね。


 
 

佐藤副市長
 
はい。


 
 

記者
 
業者については、詐欺ということになるのですか。


 
 

佐藤副市長
 
業者に対して、どのように警察当局がとらえるかどうかですが、実害は大津市が説明をしたと思いますけれども、いわゆる業者が取り過ぎた部分は、月をまたがりましたけれども、支払いで相殺をして。


 
 

記者
 
清算になっていると。


 
 

佐藤副市長
 
清算していますし、遺族の方は、取り過ぎた分についてはすべてお返しをさせていただいていますので、実害は今のところないわけですので、警察当局がそれをもって告訴できるかどうか。検察のほうに行けるかどうかというようなところはまだ未確定ですので。


 
 

記者
 
まだ、受理されていないということなのですかね。


 
 

佐藤副市長
 
今確認しています。


 
 

記者
 
これは、詐欺ほう助と公文書偽造というのは、簡単に言うと、要は水増し請求に加担して、うその書類を書いたということになるわけですよね。


 
 

佐藤副市長
 
そうですね。職員がそれを、確認事項に名前を書くところはあるのですが、書類、実績報告書が出たわけですので、それを見逃したということになりますので。


 
 

中野管理監
 
今、市民部に確認しましたら、相談中で、まだ受理とかそういう話にはなっていないようです。


 
 

記者
 
では、まだ前の会見の状態のままということですか。


 
 

井上副市長
 
そのままです。


 
 

記者
 
まだ告訴状は出していないということですか。


 
 

佐藤副市長
 
けれども、もう市長の決裁をいただいて、いつでも出せるのですよ。


 
 

記者
 
文書はでき上がっているということですね。


 
 

佐藤副市長
 
もうでき上がっています。


 
 

記者
 
市としては、そういう意思があるということですか。


 
 

佐藤副市長
 
そうです。それで警察のほうがちょっと待ってと、こういう感じですね。


 
 

中野管理監
 
相談中ということで。


 
 

記者
 
表面だけを見れば、割と刑事告訴までいくというのはなかなか手厳しいというか、思い切った判断なのかなという気がするのですが。要は、職員は、直接お金を受け取っていないと言っているわけですが・・・。


 
 

佐藤副市長
 
この案件については。


 
 

記者
 
この案件についてはですね。結局キックバックも受けてもらってないし、特に自分の私腹を肥やすためにやってない、表面上はこの件に関していえば、そのテントの云々の書類が違うことが分かってサインしたと。事実上、金銭的な利益を得てないのに刑事告訴するというのは、多分、割と異例というか、かなり強い姿勢であると通常思うのですよね。


 
 

佐藤副市長
 
今、総務部長もおりますけども、内部で、担当課のほうでそういう対象職員に事情聴取をさせていただきますね。しかし、警察当局がその取り調べをしていただくのとはわけが違いますから、限界がございますので、告訴することによって、そこの力をお借りしないことには正当な判断が出ないというような状況が。既にこれまでの各業者間とのつながりを、業者さんのほうから何回も何回も交渉いただいたり、直接私らに申し入れがございましたので、今回だけの話ではないのです。積み重なったものがありますので、そういう面で非常に危惧している。この際、きちんと適正な対応をする必要があるんじゃないかということも、告訴に至る大きな原因です。

【転載終わり】------------------------------------------

気を失いそうなインパクトです。

宮尾 孝三郎

2010年7月22日 (木)

兆候

昨日、日本の周辺地域における戦争に関する兆候について触れましたが、テレビのニュースで兆候は十分に感じ取れるレベルになってきております。

NHKニュースより

22072201

22072202

22072203

22072204

22072205

しかし、思うようにいかないのが我が国の民主党政権であります。次の記事をご覧ください。このタイミングで切り出されるとアメリカ的には「KYな国日本」となります。

【以下転載開始】------------------------------------

「聖域」切り込み不透明=普天間が足かせの恐れ-思いやり予算・日米交渉

22日に始まった在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)見直しをめぐる日米交渉で、日本政府はこれまで「聖域」扱いされてきた同予算の思い切った削減を目指す。だが、両国間でこじれた状態が続く米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題が足かせになるとの見方があり、日本側が主張を押し通せない展開も予想される。

民主党は野党時代の2008年、10年度分までの思いやり予算を定めた現行の特別協定の承認に反対。ねじれ国会の下、同協定は参院では否決された。同党が反対したのは、米軍が駐留する他国に比べて日本の負担水準が突出して高いことに加え、バーやゴルフ場といった娯楽施設の費用にまで負担が及ぶことを問題視したためだ。

昨年の政権交代後、同党は思いやり予算の「包括的な見直し」を提唱。政府は秋の事業仕分けで、同予算の6割を占める基地従業員の労務費を「見直し」対象と判定した。沖縄県などは「地域経済に影響を与える」と削減に反対しているが、菅政権は特別扱いせずに米側と交渉を進める構えだ。

これに対し、米政府は「地域の安全保障を維持するための重要な手段だ」(国務省)と強調し、同予算を抑止力提供の当然の対価と位置付ける。ゲーツ国防長官は3月に行った岡田克也外相との会談で、「(米軍駐留によって)日本は国内総生産(GDP)の1%の防衛費で安全を確保できている」と述べ、暗に負担拡大を迫った。米側が今後の交渉で強気に出るのは間違いない。

交渉の期限は11年度予算案を編成する今年末。ちょうど普天間問題が11月28日の沖縄県知事選の結果を受けて重要局面に入る時期と重なる。思いやり予算と普天間の両方で米側から譲歩を引き出すのは至難の業とみられ、同予算への切り込みは「尻すぼみ」となる可能性もある。

(2010/07/22-16:45)時事通信

【転載終わり】----------------------------------------

ということで、米政府の「地域の安全保障を維持するための重要な手段」について次の資料を・・・

220722usmc_001

220722usmc_002

↑日本の安全保障は、「テロとの戦い」に組み込まれているようです。

「テロとの戦い」は、戦争ではありませんから、宣戦布告は要りません。いつでも急襲が可能という見解です。

北朝鮮が行ったとする哨戒艦魚雷攻撃は、それが事実であれば軍事行動そのものでありますが、昨日のブログ記事を見ていただければわかりますが、米国クラッパー国防次官は、「韓国の哨戒艦沈没事件は、大韓航空機爆破事件を思い起こさせる。」とご発言されたと書きました。

大韓航空機爆破事件はテロであります。それを思い起こさせるということは、哨戒艦魚雷攻撃をテロと位置づけたいアメリカの思惑が透けて見えます。テロということであれば、宣戦布告せずに急襲がアメリカ的には可能です。

昨日よりも、私的には理解が進みました。

宮尾 孝三郎

2010年7月21日 (水)

日記とは、こういうもんです

本日から子どもたちは夏やすみsun

夏休みといえば、ラジオ体操です。

22072101

↑朝、6時30分からは、長等小学校校庭でラジオ体操が、ラジオの声とともに始まりました。

私の住まいから長等小学校まで、片道1.5kmあります。駆け足で6時ちょうどに小学校につくよう自宅を出発します。

22072102

↑そして1.5kmの距離を戻ってきて、7時から私の住まいのラジオ体操が始ります。

なかなかいい運動になります。2010夏は、ラジオ体操シェイプアップで、魅力的なボディーラインを取り戻したいと思っていますcoldsweats01

お昼13時にテレビを見ていますと、気になる報道が・・・(BS1)

220721

↑米国クラッパー国防次官は、「韓国の哨戒艦沈没事件は、大韓航空機爆破事件を思い起こさせる。」とご発言されたとあります。

いま、金賢姫、大韓航空機爆破事件(1987年)実行犯が来日中でありますが、今回の来日は複数の国の思惑により、かなり入念に仕込まれたものと窺い知ることができましたcoldsweats02

22072102_2

↑この方が、クラッパー国防次官。「北朝鮮 危険な時期に」というニュースを大韓航空機爆破事件とリンクさせるあたり、米国はやる気満々と受け取りました。

平和ボケ日本に備えを促す、戦略的なニュースでありました。

ラジオ体操と、戦争の兆候。とても同じタイミングで書く話題ではありませんが、気付いたことを書き留めておくことも大事です。

宮尾 孝三郎

2010年7月20日 (火)

花火大会での注意事項について

2010びわ湖大花火大会について、お知らせです。

22072001

実行委員会HP

22072002

大津市HP

【以下転載開始】----------------------------------------

「場所取りシート」禁止 びわ湖大花火大会

8月6日夜に催される「びわ湖大花火大会」で、同大会実行委と大津市は、花火が観覧できる琵琶湖岸のなぎさ公園内に「場所取り」のためにレジャーシートを敷くことを禁止する。実行委がパトロールし、花火大会の前日までにシートが敷いてあった場合は撤去する。

実行委の説明では、昨年は場所取りのために、2週間前から護岸の石積から石を抜き取ってシートを押さえたり、芝生にくいを打ってシートを固定したりと、悪質で危険な行為が目立った。そもそも、長時間レジャーシートを敷くことは公園の不法占有に当たることから、今年は場所取りのためにシートを敷く行為を厳しく監視することにした。

「場所取り」問題は市民から「危険だ」「景観上良くない」などの苦情が寄せられていたほか、昨年の大津市の9月定例市議会で危険性が指摘されていた。

びわ湖大花火大会は、8月6日午後7時半から、大津市の大津港一帯で、スターマインなど約1万発が打ち上げられる。テーマは「お江の生涯−近江戦国絵巻」。

【 2010年07月19日 23時11分 】京都新聞

【転載終わり】----------------------------------------

当ブログで関連する記事はコチラ↓

2009年8月 8日 (土) 宴が終わって・・・

議会での質問はコチラ↓

平成21年 9月定例会-09月08日-16号

平成21年11月定例会-12月07日-21号

2010年7月 5日 (月) 2010びわ湖大花火大会

ご理解、ご協力よろしくお願いいたします。

宮尾 孝三郎

2010年7月19日 (月)

ジビエ料理を味わう会アンケート集計

本日は、7月6日(火)および13日(火)に実施されました『ジビエ料理を味わう会』の参加者アンケート集計を鳥獣害対策室が提供くださいましたので、ここでご紹介したいと思います。

ちなみに、『ジビエ料理を味わう会』についておさらいをhappy01

主催:大津市有害鳥獣被害対策協議会
    大津市農林水産課

協力・会場提供:大津市の指定管理施設“ヴュルツブルクハウス”

この企画は、鳥獣害対策事業・個体数調整事業そして猟期の狩猟によって捕獲されたシカをただ処分するのではなく、“お命いただきます”と料理にするということが1つ。

そしてジビエ(狩猟料理)といえばドイツ。

大津市はドイツ・ヴュルツブルク市と姉妹都市提携の模範的な積み重ねがあり、毎年のように料理人がヴュルツブルクへ修行に出かけるといったこともあり、シカ肉を本場の味で味わっていただける希少な地域であることから、今回の企画になりました。

過去関連記事はコチラ↓

2010年3月25日 (木) ジビエ試食会

2010年7月 6日 (火) ジビエ料理を味わう会

2010年7月13日 (火) ジビエ料理を味わう会2

さて、以下アンケート集計結果になります。

22071901

↑問1 これまでにシカ肉やイノシシ肉の料理を食べたことはありますか?

22071902

↑問2 本日のシカ肉のジビエ料理はおいしかったですか?

22071903

↑問3 シカ肉のジビエ料理をまた食べたいと思いますか?

22071904

↑問4 大津市内でシカによる農作物の被害が増えていることを知っていましたか?

22071905

↑問5 大津市内で下記の野生動物を目撃したことはありますか?(95人中)

まずは、早々に集計いただいた鳥獣害対策室のみなさん、ありがとうございますsun

その他、自由意見でもたくさんのありがたいご指摘やアイディアをいただいております。

鳥獣害対策は、これまで現場対応にのみ追われていた感がありますが、このように市民の皆さんと接点を持つことができたことで、政策推進に、よりご理解が得られ、滋賀県との連携にも良い影響が出そうです。

積極的に独自の事務に立案、実行、分析いただいた鳥獣害対策室のみなさん、ご苦労様でした。

これから、鳥獣害対策が食や観光産業に寄与できるよう、ますます研鑽を重ねたいと思います。

宮尾 孝三郎

2010年7月18日 (日)

一般質問「市民憲章について」

私は、6月定例会でいくつか質問していますが、まだ全部を紹介しきれていませんので、今日はその質問のうち「市民憲章について」紹介したいと思います。

【以下テープ起こし掲載開始】---------------------------

◆13番(宮尾孝三郎議員)

それでは、通告に基づきまして、一括質問方式により、質問を行います。

まず、最初の項目「市民憲章について」伺います。

本市では、行政の行う儀式・式典や、自治会・各種団体等任意の団体の総会や研修会において、次第の冒頭において“大津市民憲章”の唱和が行われます。

当該会場には、市民憲章が掲出され、各々の式典・総会等資料にも市民憲章が印刷されていることが、傾向として多いと思います。

市民のなかで、本市の施策や計画に詳しい方は、数%に過ぎないと思いますが、市民憲章は、実に多くの方が知っていただいているであろうと思います。

平成21年12月19日に、“大津市教育振興基本計画策定委員会”により答申された“大津市教育振興基本計画”においても、「昭和36年に定められた大津市民憲章により、市民共通の日常生活の心構えとして、今日までの半世紀にわたり大切に引き継ぎ、その実践に努力してきた。」とあります。

当該基本計画にあるとおり、大津市民にとっては、この市民憲章が行動規範と言えるものであり、この実践こそが、大人が子どもに示すべき、人としての手本となります。

また、平成22年2月定例会での代表質問で、成人式について伺ったときにも、“市民憲章”について、平成22年度に改訂作業を行う社会科副読本「わたしたちの大津」に掲載し、子どもにとっても、より一層身近なものとなるよう、取り組む、というお考えを示していただいております。

さて、その大津市民憲章でありますが、担当課に伺ったところによりますと、今から約50年前、市内の学識経験者や各界の代表が30人あつまり、“大津市民憲章策定審議会”を組織し、先進都市を参考に原案を作成され、小委員会方式で策定にまで、ご尽力いただいたということであります。

“大津市民憲章”には、皆さんがよくご存知の5つの項目だけではなく、項目ごとの解説がついています。市民憲章を大津市民の行動手本とする際に、しっかりと趣旨を理解するための解説でありますが、今の時代にも通用する部分と、今の時代にあった解説に、若干の手直しをしたほうがよいと思われる部分とが、あるように思います。

例えば、若干表現を変えたほうがよいと私が思ったところを、紹介させていただきますと、“健康で明るい生活につとめましょう”の解説に「蚊やハエなどが湧く、不潔なところがないようにすること。」また、「病気にかかりやすいものを食べたり、飲んだりしないようにすること。」という箇所がありますが、当時の、まだ舗装されていなかった生活道路や、下水道整備中の時代を髣髴させるもののような表現として受け止めています。

市民憲章には“時代にふさわしい風習を育てましょう”ともありますし、この市民の行動規範とも言うべき市民憲章の解説も、時代にふさわしい改定があってもよいのではないかと考えます。

また、平成22年度に改訂作業を行う社会科副読本「わたしたちの大津」に掲載される予定ということであり、市民憲章を子どもたちにとっても、より身近なものとするためには、実践の実例、例えば“市民自らの手で琵琶湖の美しさを守ろう”との趣旨で「びわ湖を美しくする運動」がありますが、そのような実践の実例と、解説をつけられるのではないかと思います。

市民憲章が制定されたのが昭和36年、つまり1961年であり、平成23年、2011年が市民憲章制定50周年となることですし、現代の実情にあわせた解説に改定することについて、執行部の見解を伺います。

◎北川総務部長

宮尾孝三郎議員のご質問についてお答えをさせていただきます。

大津市民憲章は、昭和33年の大津国際文化観光都市建設に関する決議を受け、議員もお述べのように学識経験者や各界代表の委員30名で構成された大津市民憲章制定審議会におきまして決定され、昭和36年10月1日に制定されたものであります。

制定当時は国際文化観光都市の建設に向けて全市を挙げて取り組んでおり、大津市民としての市民性と情操豊かで高い道徳心を育んでいくために、市民としての日常生活の心構えとして制定されたものでございます。

来年で制定50周年の節目を迎えるにあたって、現代の実情に合わせた解説に改定してはどうかというご提案でありますが、ライフスタイルや価値観が多様化する今日にあって、市民の皆様が市民憲章の理念を自ら考え、そして地域や学校さらには職場などあらゆる場において実践していただくことが大津市民憲章の目指すべき姿であると考えております。

本市といたしましては、来年の制定50周年を契機として、様々な機会や媒体を用いまして、市民憲章の理念をより多くの市民のみなさまに周知し、実践していただけるよう努めてまいりたいというふうに考えております。

なお、議員ご指摘の項目ごとの解説につきましては、今日では制定当時の時代背景が分かる大変貴重な資料ではありますが、ご覧になられた市民が誤解されないよう、その表示方法にひと工夫してまいりたいというふうに考えております。

以上、私からの答弁とさせていただきます。

【テープ起こし掲載終わり】-----------------------------

このブログですでに紹介している6月定例会宮尾質問のテープ起こし記事についてはコチラ↓

2010年6月 9日 (水) 一般質問「国際交流について」

2010年6月28日 (月) 一般質問「市営葬儀について」

2010年7月 5日 (月) 一般質問「2010びわ湖大花火大会について」

宮尾 孝三郎

2010年7月17日 (土)

守山・野洲防犯自治会研修会でお話を

本日は、『守山・野洲防犯自治会研修会』に呼ばれまして、「自治会活動における防犯事業の重要性」をお話してまいりました。

22071701

↑会場は豊積の里総合センター。とてもりっぱな建物です。

22071702

22071703

↑豊積の里総合センター内にあります、さざなみホール。会場からのどかな田園風景が望めます。とてもインパクトのあるホールです。

22071707

22071704

↑守山市長、守山警察署長のお話から始まりまして・・・

22071705

↑守山警察署生活安全課長より、上半期における管内の情勢のお話があり・・・

22071706

↑私の出番となりました。

22071708

↑そして、最後に守山・野洲少年センター田中さまの「青少年に対する効果的な指導方法について」のお話がありました。

休憩時間に、かつて大津市役所でご勤務されていた方からお声掛けいただき、温かい励ましをいただきましたhappy01

滋賀県県民活動課の防犯における並々ならぬ情熱に、滋賀県下各自治体は、このような研修を年に数回企画されています。

そのような場に、私ごときが呼ばれまして、恐縮ですcoldsweats01

私自身、勉強になりますし、NPO法人西大津防犯の励みにもなります。

ありがとうございます。

過去関連ブログ記事はコチラ↓

2010年7月14日 (水) 安全で安心なまちづくりフォーラムでお話を

宮尾 孝三郎

2010年7月16日 (金)

ふたをあけると「反」ではなく「嫌」だったのかな

滋賀県知事選挙が終わり、さあこれから対抗陣営はどのような動きをとるのでしょうか?

220716

↑強い滋賀を県民と共に創る会ポスター(H22.7.16撮影)

『強い滋賀を県民と共に創る会』では、丸山和也参議院議員を弁士に7月31日(土)12時から大津パルコ前で「琵琶湖ルネッサンス演説会」を行うとあります。

【以下転載開始】-------------------------------------

臨時国会30日に召集、短期間の会期で閉会する方向で調整

2010年07月13日 13:43更新IBTimes~世界の最新ビジネスニュース~

参議院選挙での与党過半数割れという結果を受け、政府・与党は13日、参院選に伴う臨時国会を30日に召集する方針を決めた。
 
本格的な法案審議は9月の民主党代表選後に先送りする考えを示し、短期間の会期で閉会する方向で調整することを確認した。
 
民主党の樽床国会対策委員長と平田参議院国会対策委員長が今後の国会運営について協議、両氏は、国会運営は非常に厳しいものになるという認識で一致し、5-6日間の短期間で閉会する方向で各党と調整を図る構えと見られている。
 
一方、自民党は月末召集の臨時国会でも予算委員会の開催を求めていく方針で与野党協議の難航が予想される。

【転載終わり】---------------------------------------

丸山議員は忙しくなりそうですが、土曜日には大津に来られるのでしょうか?

反嘉田陣営の動きとしては、次の記事も記憶にとどめておく必要があります。

【以下転載開始】------------------------------------

【1007/56:知事選】「有志の会」に大津市長加わる

2010-07-07 01:45:22市民運動ネットワーク滋賀

今月(7月)11日に投開票が行われる滋賀県知事選挙で、現職の嘉田由紀子氏に対抗して新人の上野賢一郎氏を支援する「市長有志の会」に、大津市の目片市長が加わりました。

正式に上野氏の支援を表明する県内の市長はこれで5人となりました。これは5日、「市長有志の会」の栗東、守山、彦根、近江八幡の各市長と、新たに加わった大津市の目片市長が会見を開いて明らかにしたものです。

会見で目片市長は、「県民の生命と財産を守る立場にあるにも関わらず、大津市に相談もせず、京都や大阪の知事と一緒になって大戸川ダムの建設を凍結した嘉田知事に心底憤りを感じた。上野氏は地方自治に詳しく人間関係に優れている」と述べ、上野氏の支援を表明しました。
 
「市長有志の会」は、過去4年間の嘉田県政は、前向きな政策が打ち出せていないなどと批判して、先月16日に結成されたもので、今回の知事選挙では上野氏を支援し「滋賀県のポテンシャルを活かした成長戦略を作り上げていきたい」としています。県内の13の市のうち、上野氏の支援を正式に表明した市長は、これで5市となりました。知事選挙にはこのほか、新人の丸岡英明氏が立候補しています。

(7月6日、びわ湖放送・電子版:同日付け朝日なども報道)

【転載終わり】---------------------------------------

と、上記記事のように7月5日(月)16時30分から、大津市役所内で行われた「市長有志の会」記者会見では、

大津市長 目片信

彦根市長 獅山向洋

近江八幡市長 冨士谷英正

守山市長 山田亘宏

栗東市長 國松正一

の5市長が『全国で率先して地方分権を進める「滋賀モデル」を実現させる!』とかなりダイナミックな記者会見となったわけでありますが、次の記事で早くもとん挫が予見されます。

【以下転載開始】-------------------------------------

国松市長、不出馬を正式表明 次期栗東市長選

滋賀県栗東市の国松正一市長(62)は16日、市役所で記者会見し、10月24日告示の次期市長選への不出馬を正式に表明した。「2期8年を目安に考えていた。市政に一定の道筋がついた」と語った。

国松市長は「4年前に新幹線新駅建設を市民に約束して当選した。中止が決まった後、後継プラン作りに取り組んだが、約束を果たせなかったことは申し訳なく、けじめをつけた」と説明した。このほか、指定管理者制度を推進したり市内の保育園の民営化など、市政に一定の方向性が見えたことを不出馬の理由に挙げた。

また、11日に行われた知事選で「市長有志の会」を結成して反嘉田県政の姿勢を鮮明にしたが、知事選の結果について「(嘉田由紀子知事が獲得した)41万票の期待に応えられるよう、県と19市町は手を携えてほしい」と話した。ただし、知事選の結果に関係なく、不出馬の意思は固めていたことを強調し「新駅予定地跡地の買収交渉中だったため、意思を示す時期ではなかった」と、表明がこの時期になったことを説明した。

今後について「一市民として栗東市の発展に尽くしたい」と話し、「後継者指名をすることは考えていない」という。

( 2010年07月16日 21時41分 京都新聞)

【転載終わり】--------------------------------------

ということですが、7月31日(土)12時より、パルコ前でどんなお話が聴けるか、楽しみにしています。

宮尾 孝三郎

2010年7月15日 (木)

大津市災害警戒本部設置

梅雨と言えば、しとしと降る雨を昔は想像しましたが、近頃では局地的豪雨となってきました。

22071505

大津市でも局地的豪雨により被害が出ている個所があり、7月14日には、『大津市災害警戒本部』が設置され、市民に対しメール配信により情報をきめ細かく発信しています。

メール配信をこれから希望される場合は、次のリンクをクリックしてみてください。

災害情報携帯メール登録

今日は、昨日発生した北部の災害発生地域の状況を確認するために、伊香立、そして和邇北浜へ向かいました。

22071500

大津市北部クリーンセンター

22071501

↑同じ場所を角度を変えて

22071502

↑昨日の昼ごろから北部クリーンセンターの出入り口の坂の頂上付近から水が土砂とともにあふれ出し始めたそうです。

22071503

↑皆さんの不休の作業のおかげで、ごみ処理には支障は出ていないそうです。

22071504

↑側溝が土砂でつまったため、側溝の脇を急きょ掘り起こし、新たな水の逃げ場を作ったそうです。

22071506

↑こちらは、坂の上手に向かって撮影

22071507

↑直接流出している個所は、坂の上手、カーブしている個所にありました。

22071510

↑赤丸の付近が水と土砂があふれ出している地点です。

22071511

↑その拡大図

22071508

↑そこからこのように流れ出て、多量の土砂をはきだしました。

22071509

↑コチラは、還来神社前の、還来橋です。昨日、被害状況がメール配信されましたが、一夜明けて、見事に復旧しています。

この後、和邇北浜も見てまいりましたが、個人宅が被害にあわれました。

梅雨は、もうすぐ明けそうですが、局地的豪雨は、2008年の北京オリンピックの夏にも日本全国に被害をもたらしました

地盤が緩んでいるところでは、再び雨が降りだすと危険度が高まることが考えられます。

しばらく警戒意識を保っていましょう。

宮尾 孝三郎

2010年7月14日 (水)

安全で安心なまちづくりフォーラムでお話を

22071401

本日は、近江八幡地区防犯自治会(近江八幡市、竜王町、近江八幡警察署)、東近江地域安全なまちづくり連絡協議会主催の「平成22年度近江八幡地区防犯自治会安全で安心なまちづくりフォーラム」に伺いました。

22071400

↑今回の運営担当は竜王町となっておりまして、竜王町長竹山秀雄さまのあいさつから始まりました。

22071402

↑私は、自主防犯パワーアップセミナー講演の担当となっておりまして、「地域における自主防犯活動」について約一時間お話しさせていただきました。

ちなみに、私の立場は「防犯活動に携わる一市民」ということでの参加でありました。

22071403

↑大津市西大津地域での取り組み状況を通じて、「地域の実情に合った自主的なパトロール活動及びその他の活動などを創意工夫して地域安全活動とする」ことを主旨としてお話させていただきました。

22071404

↑会場の皆さんは、私のつたない話を熱心に聴いていただき、感謝ですhappy01

大雨が断続的に続く状況の中での実施でありましたが、東近江環境・総合事務所、近江八幡市、竜王町役場、近江八幡警察署のみなさん、連日の緊迫した勤務体制のなかでこのようなフォーラムを計画通り実施されたことに敬意を表します。

宮尾 孝三郎

2010年7月13日 (火)

ジビエ料理を味わう会2

22071300

本日は、ジビエ料理を味わう会の予備日でありました。

会の趣旨は↑をクリックして、まずはご理解くださいhappy01

会場は、ドイツレストランヴュルツブルク(いつもご協力ありがとうございます)

さて今日は、どのような料理が出されているのかを中心に紹介したいと思います。

22071301

↑テリーヌと地元野菜のピクルス
  テリーヌ:鹿ミンチ、豚ミンチ、背脂、香辛料
  ピクルス:大根、人参、きゅうり、玉葱

22071302

↑シンタマ肉の唐揚げと大津でとれたジャガイモのフライ
  もも肉の中心部位 醤油と生姜の和風唐揚げ

22071303

↑フジッリのボロネーゼ
  フジッリ(ねじった形のショートパスタ)
  鹿ミンチ、豚ミンチ、トマト風味のミートソース

22071304

↑ドイツ風キッシュ
  鹿ミンチ、豚ミンチ、香味野菜、ドイツビール、デミグラスソース

22071305

↑もも肉のロースト冷製地元産野菜のサラダ添え
  サニーレタス、レタス、トマト、きゅうり、水菜

22071306

↑骨付もも肉の燻製ハム
  もも肉を1本丸ごと塩水漬けし、
  2日間マリネ、2日間風乾の後4時間燻製

22071307

↑ハンガリー風グーラッシュ
トマトとパプリカ風味のハンガリー風の煮込み料理

22071308

↑内平肉のシュニッツェルきのこのブラウンソース
  内もも肉の繊維の細かい部位を薄くたたきのばしてパン粉焼き
  きのこのデミグラスソース

22071312

↑白ワイン ミューラー トゥルガウ(やや辛口)
  (フランケン地方)

22071313

↑ドイツパン
  ブレッツェル、ラウゲンサンド

22071309

↑ジビエ料理の達人、三浦料理長

22071310

↑三浦料理長は、2004年と今年、ヴュルツブルクへ料理修業に

22071311

↑ヴュルツブルクハウスの指定管理者さんは、毎年ドイツ料理研修をされています。

大津市・ヴュルツブルク市姉妹都市提携市民交流の鑑であります。

この催し(ジビエ料理を味わう会)は、秋にも実施予定で、その後調査研究成果をもとに、猟友会、農協・レストランそして行政の三者協働の取り組みとして、大津市の食にそして観光に寄与できることを目標としています。

そして、本日も参加いただいた市民の皆様にはアンケートにご協力いただきましたが、本当にうれしい結果でありましたhappy01

本日も、みなさんお疲れさまでした。そしてありがとうございました。

宮尾 孝三郎

2010年7月12日 (月)

戦後レジーム

昨日、「戦後レジーム」について若干触れましたが、一体「戦後レジーム」とは何を指すのでありましょうか?

ここで、終戦直後に注目して、現在に映し出してみましょう。

中央情報局(wikipedia)を検索してみると、興味深いことが書かれています。

Central Intelligence Agency(CIA)

日本での展開

1 日本占領期から、児玉誉士夫笹川良一岸信介田中清玄などをエージェントとして、設立期の自由民主党に活動資金を提供した。ゆえに自民党代議士は基本的に親CIA(指令局、指揮本部)が多いとされる。

2 日本の指定暴力団ともコネクションを持つとされる。

3 田中清玄や松永安左エ門による日本の左翼学生運動の資金提供にも関与したとされる。

4 岸の系列から、統一協会への関与も主張される。

5 エージェントの正力松太郎を使って日本全土を縦断する一大反共軍事通信網を構築する構想があったとされる。(→正力マイクロ波事件)

次に、自由民主党(wikipedia)で検索すると

結成直前の1954年から1964年まで、アメリカ合衆国(米国)政府の反共政策に基づいて中央情報局(CIA)の支援を受けていた。また、政治評論家の森田実によると、現在においてもCIAの影響下にあると指摘されている。

岸信介の外孫に当たる安倍晋三元首相が「戦後レジーム」からの脱却というのには、なるほどストーリーを感じさせます。

ちなみにレジームとは、「体制」と訳するのが適当でしょうか?

戦後日本をまじめに学問にする取り組みが始まれば(今のままでは、陰謀論にされてしまいますから)、「戦後レジーム」から脱却できる可能性はあります。

宮尾 孝三郎

2010年7月11日 (日)

国を憂う

選挙結果が次第に明らかになってきています。

比例の結果がまだ現時点では全く分りませんので、国政についてのコメントは、しにくいのですが、私が国政選挙に関心をもった安倍内閣当時の「戦後レジームからの脱却」のようなスケール感を今回は感じることはありませんでした。

国民の関心は、「雇用・景気回復」というところに行っておりまして、根本である『国』のありかたについては、関心が低いのではないかと、危惧しております。

昨日、滋賀選挙区参議院議員候補「小西理(こにしおさむ)」氏とお話をしに、護国神社まで参ったわけでありますが、その時の対談の一部を紹介したいと思います。

【以下部分掲載開始】-----------------------------------

小西おさむ氏と対談(7月10日13時45分~13時55分)

(miyao)
私は、元自衛官です。
平成18年まで陸上自衛隊に勤務してたんですけれども、最近の情勢を見ていますと国防という部分でアメリカと中国の二大覇権構想「G2構想」というものが、フォーリンアフェアーズに載ってしまったり、あるいは中国の「第一列島線構想」というもので、太平洋にまで中国の艦船が来ていたりといった状況の中で、自衛隊は自衛隊で頑張ってもらっているのは確実なんですけれども、また第7艦隊も頑張っていただいているのは事実なんですけれども、日本の政治という部分で、我が国を取り巻く情勢にどのように反応してどのように対応していこうと国は考えているのかという部分がよくわかりません。

小西さんの国防についてのご所見をお伺いさせていただきたいと思います。

(konishi)
国防についてはですね、まず一番に国民の国防意識が不足している。

自衛官されていたということですのでよくわかると思うのですが、みんなで国を守るという意識が基本的にない、ということが一番大きな問題だと思います。

日本もそこそこの正面装備というものをやっているとは思うのですが、実質私もあまり教えてもらえないんですね。

防衛大臣と話しても、本当のことを言ってくれているとは思えないので、どこまで実態を自分が把握しているかという部分が甚だ疑問なんですが、どうも実際に必要な防衛力と、いま日本の持っている防衛力はミスマッチしているのではないかということをつくづく感じます。

たとえば、一番身近な例をいうと、十分弾を撃てない。薬きょう受けをして撃っているというこのような状況でこの国は守れるのかというのが2点目ですね。

国防力そのものを実効性のあるものにする。

あと一点は専門の方にこういうことを言うのは申し訳ないですけれどもアメリカとの関係としてどういう相互関係を築いていくのかという部分がいまひとつ見えない。

今の兵器体系だとだと非常に従属的になってしまっていて、完全に統合運用の中に入ってしまっている。そのあたりをどういう形に30年、50年を見据えて、当然アメリカのプレゼンス落ちますから、これから間違いなく、ここに書いてありますけれども(宮尾の質問状を見て)第一列島線構想などあるように、アメリカはたぶん太平洋からそこそこ手を引いていく可能性が高い、台湾海峡がどうなるかわかりませんけれども、そういう中で、当然東シナ海が非常に大きなエネルギー地ですね。当然アメリカは知ってますけど、日本はあまり知らないですけれど東シナ海の油田ガス田というのは中東に匹敵すると言われてますけれども、ここをどのように中国とシェアしていくのかアメリカがして日本がそれをちゃんとキープできるのか、そういうところをまじめに議論して国民が分かる形で示していかないと非常にまずい。

(miyao)
そうですよね、結局日本というのは、自分の国にそんなに資源がなくて、シーレーン上で防衛力があって初めて資源が輸入されて製品が輸出されていくわけなんですけれども、そこについて国民はあまり意識が、薄い・・・

(konishi)
薄い。

いまのところ台湾が一応防壁になっている、で僕はフィリピンに行ってましたけど、一応フィリピンが防壁になってるんですけれども、フィリピンにおいてアメリカのプレゼンスが急激に落ちている。クラークスービックもみんな撤退してますし、中国と韓国のプレゼンスが非常に大きくなっている。このようななかで日本がどのようにしていくのか非常に難しくなってきている。

【部分掲載終わり】-------------------------------------

握手をするだけだったり、選挙カーから連呼するだけだったり(しかも立候補者本人が乗車していない)、今回もそのような選挙シーンを数多く見たわけでありますが、小西氏はフィリピンの旧日本軍兵士の遺骨収容から9日に帰ってこられ、その翌日、たった一日の選挙運動として護国神社での対談会をされました。

私は、信条を強く持ち、政治家としてあるべき姿を訴え続けた小西氏は立派だと思います。

滋賀県政については、嘉田知事続投が報じられていますね。これからの四年間もよろしくお願いします。

宮尾 孝三郎

2010年7月10日 (土)

今日は、護国神社へ

本日は、天気もよかったので、彦根城下にある護国神社に行ってまいりました。

22071001

22071002

勘の鋭いひとには、何しに行ったかお分かりかと思いますが・・・

で、用事も終わり、せっかくですから彦根城を見て回りました。

22071003

↑玄宮園から望む彦根城

22071004

明日は、参議院議員選挙、滋賀県知事選挙そして県議会議員補欠選挙があります。

私は雨の確率の低い午前中のうちに、まいりたいと考えております。

宮尾 孝三郎

2010年7月 9日 (金)

大津市HP「2010びわ湖大花火大会」開催について

2010年7月 5日 (月) 2010びわ湖大花火大会

を見ていただいたと思いますが、大津市の情報発信もご覧頂いて観覧場所の適正な利用に努めていただきたいと思います。

22070901

22070902

22070903

大津市HP「2010びわ湖大花火大会」開催について

よろしくお願いいたします。

ちなみに、滋賀県大津市について語ろうPART57でもこの件について関心を持っていただいていますhappy01

930 名前: 近畿人 投稿日: 2010/07/09(金) 15:49:48
今年こそブルーシートの撤去か!?

931 名前: 近畿人 投稿日: 2010/07/09(金) 19:05:05

○○組
○○会
○○の家

とか書かれたシートも果敢に撤去願いたい

宮尾 孝三郎

2010年7月 8日 (木)

大津市議会意見箱

市民のみなさまのさまざまなご意見を、大津市議会へお寄せいただきたいと思います。

220708

大津市議会意見箱

お寄せいただいたご意見は、私も大変興味がありますし、参考にさせていただきたいと思っています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

宮尾 孝三郎

2010年7月 7日 (水)

政治屋は、国防に無頓着です

ロシアの日本近海飛行が激しくなっています。

統合幕僚監部HP

【以下転載開始】--------------------------------------

(お知らせ)
22. 7. 7
統合幕僚監部
ロシア機の日本海における飛行について
件名について、下記のとおりお知らせします。

1 期日
平成22年7月7日(水)
2 国籍等
ロシアIL-20型1機
3 行動概要
別紙のとおり。
4 自衛隊の対応
戦闘機を緊急発進させ対応した。

22070701_2

22070702_2

(お知らせ)
22. 7. 5
統合幕僚監部
ロシア機の太平洋における飛行について
件名について、下記のとおりお知らせします。

1 期日
平成22年7月5日(月)
2 国籍等
ロシアTU-95型2機
3 行動概要
別紙のとおり。
4 自衛隊の対応
戦闘機等を緊急発進させ対応した。

22070501_2

22070502_2

(お知らせ)
22. 7. 5
統合幕僚監部
ロシア機の太平洋における飛行について
件名について、下記のとおりお知らせします。

1 期日
平成22年7月4日(日)
2 国籍等
ロシアTU-95型2機
3 行動概要
別紙のとおり。
4 自衛隊の対応
戦闘機等を緊急発進させ対応した。

22070503

22070504

(お知らせ)
22. 7 . 5
統合幕僚監部
ロシア機の日本海における飛行について
件名について、下記のとおりお知らせします。

1 期日
平成22年7月3日(土)
2 国籍等
ロシアIL-38型2機
3 行動概要
別紙のとおり。
4 自衛隊の対応
戦闘機を緊急発進させ対応した。

22070505

22070506

【転載終わり】----------------------------------------

で、今このようなことが行われている最中であります。

【以下転載開始】-------------------------------------

露、極東で大規模演習 北方領土めぐり日本牽制

2010.7.1 21:26産経新聞

【モスクワ=遠藤良介】ロシア軍が今月8日までの日程で、極東とシベリアを舞台とした今年最大規模の軍事演習を行っている。遠隔地での部隊展開など機動力を増強するのが最大の狙いで、ロシアが進めてきた軍改革の成果を検証する意味合いもある。ロシアにとって事実上、唯一の領土問題として残る北方領土をにらみ、日本を“仮想敵国”とみなす姿勢も鮮明だ。

この演習は6月29日から始まった「ボストーク(東)2010」。陸海空軍などから最大約2万人の兵員と地上兵器2万5000点、航空機70機、船舶30隻が投入されている。国営イタル・タス通信によると、マカロフ参謀総長は演習の狙いについて、「極東の国境での安全を保障し、仮想敵から国家利益を守ること」などと説明している。

演習は遠隔地での戦闘を想定し、海や空からの戦力展開や部隊の長距離移動、全軍による兵站の確保を重視。ロシアの欧州部やウラル地方から輸送機で部隊だけを移送し、極東・シベリアの拠点で武器を供給する戦闘方法も訓練される。

国防省機関紙「赤星」がこれまでに報じたところでは、演習では日本の北方領土・択捉島にあるオクチャブリ演習場も使用。海軍と連邦保安局(FSB)傘下の国境警備隊の連携も重点課題とされている。

ロシアは今年2月に改定した軍事ドクトリンで「ロシアと同盟国への領土要求」を主な軍事的脅威として掲げ、北方領土問題を抱える日本を強く牽制(けんせい)している。また、マカロフ参謀総長は、フランスからの購入交渉を進めているミストラル級強襲揚陸艦について、「クリール諸島(日本の北方領土と千島列島)では上陸部隊を急派する手段が必要だ」とし、極東に配備する考えを示している。

ロシアは2008年秋以降、軍のスリム化と即応力の向上を主眼とした「第二次大戦後で初めての本格的な軍改革」に乗り出している。同年8月のグルジア紛争で軍備の立ち遅れや機動力に大きな不安が残ったことが直接の契機となった。

改革は、12年までに兵力を113万人から100万人に圧縮し、4段階だった部隊編成を「軍管区-軍-旅団」に改変するのが柱。作戦立案から後方支援までを統合的に行える組織づくりも課題だ。軍は、地理的条件の厳しい極東・シベリアで、軍改革の進度と実効性を確かめる方針だ。

【転載終わり】-------------------------------------------

政治屋と呼ばれる国会議員や元国会議員が、国防に対してどのような知識がおありか、そんなフォーラムがあってもいいですね。

宮尾 孝三郎

2010年7月 6日 (火)

ジビエ料理を味わう会

本日は、ドイツレストラン「ヴュルツブルク」にて、6月15日号広報おおつにて募集された「ジビエ料理を味わう会」(一般公募)が行われました。

過去のジビエ関連記事はコチラから↓

2010年3月25日 (木) ジビエ試食会

定員の40名のお客様が、このような料理に舌鼓restaurant

22070601

22070602

22070603

22070604

写真以外にも数多くの料理が並びました。

予約の勢いが想定外だったため、もう一日行うこととしました。次回は13日(火)。こちらも40名いっぱいの予約済みであり、シカ肉料理が普通に食卓に並ぶほど認知されるのは、そう遠い未来ではないかもしれません。

ちなみに、シカ肉は猟友会のみなさんが、そして野菜もJAレーク大津さんよりの提供でありまして、地産地消の典型的なメニューとなりました。

企画いただいている農林水産課鳥獣害対策室のみなさん、そしてご協力いただいている猟友会、JA、そしてヴュルツブルクハウスのみなさん、ありがとうございます。

さて、20時30分には三井寺に向かい、8月下旬に企画している長等小学校PTA主催「肝試し大会」の下見でありました。

(以下の写真は、フラッシュを焚いています。)

22070601_2

↑観音堂に向かって登る階段で、早くもムード満点ですcoldsweats01

22070602_2

↑真っ暗ではないけれど、かなり暗くてひんやりした感じcoldsweats02

今日は、コース決めのみを行い、あす以降安全管理を含めた検討を行う予定です。

お料理に、肝試し。楽しい企画には、にぎわいがあります。

宮尾 孝三郎

2010年7月 5日 (月)

2010びわ湖大花火大会

本日は、平成22年6月定例会において『2010びわ湖大花火大会(だいはなびたいかい)について』行った質問と答弁を紹介したいと思います。

まず、この問題について昨年の状況をお知りになられる場合はコチラへ↓

2009年8月 8日 (土) 宴が終わって・・・

そして、昨年行った質問と答弁を閲覧される場合はコチラへ↓

議事録中、ブルーに色変わっている文字が現れるまでスクロールしてみてください。

平成21年 9月定例会-09月08日-16号

平成21年11月定例会-12月07日-21号

ということで、6月定例会での質問および答弁を・・・

【テープ起こし掲載開始)------------------------------

平成22年6月9日質問

◆宮尾孝三郎

つぎの項目の質問に移ります。
「2010びわ湖大花火大会について」であります。

平成21年9月定例会において、一般観覧席の場所取り問題について質問させていただきました。そのときの質問は、早い人ですと開催の約2週間前から芝生の上にレジャーシートを張り、その重石は護岸の石組みを抜いたものであり、花火大会が終わった後も、放置されたままのモノがかなり有り、シートや散乱したゴミの回収や護岸の復旧に、翌日早朝の4時からお昼過ぎまでかかるといった状況について、方策はないか、といったものでした。

また、有料観覧席では、マナーもよく問題は発生していないことから、問題のエリアも有料化し、ルールの上で観覧いただいてはどうかと提案させていただきました。

その答弁では、市民への啓発を行うとともに、花火大会の主催者と十分に協議を重ねて、適正な対応がとれるようにする、といったものであり、また、有料の観覧席が増やせるかどうかについては、社団法人びわこビジターズビューローが事務局を担う、実行委員会で協議がなされる、ということでありました。

平成21年11月定例会で、その実行委員会において、公園管理者から平成21年度のその状況を説明され、レジャーシート対策を含めた有料観覧席の増設や警備強化等について申し入れをされた、と報告いただきましたし、実行委員会としても、大きな課題であるとして、対策の必要性を認識していただいた、ということでありましたが、ここで伺います。

2010びわ湖大花火大会に向け、実行委員会としてどのような対応をされることとなったのか、また、本市としてどのような対策を講じていくこととなったのか、伺います。

◎村田産業観光部長

所管事項について、お答えいたします。

まずはじめに、2010びわ湖大花火大会についてのうち、「実行委員会でどのような対応をすることになったのか」についてでありますが、今年度のびわ湖大花火大会の開催に向けて、事務局であります社団法人琵琶湖ビジターズビューローが中心となり、滋賀県、そして本市がレジャーシート及び置石、抜き石対策について協議をいたしました。

その結果、レジャーシート対策につきましては4月に開催されました実行委員会におきまして今年度の実施にともなう安全対策の中でレジャーシートや置石、抜き石防止等に向けたパトロールなどの対策を行うことになりました。

8月4日から大会前日までの間に、仮に芝生の上にレジャーシート等が張られていた場合には、公園管理者と連携しながら、その撤去をおこない、大会当日については引き続き置石、抜き石防止にかかる対策をおこなうことといたしております。

なお、この対策に対する広報、啓発については、大会実行委員会のホームページへの掲載等に加え、なぎさ公園には事前に立て看板等の設置を行うことが決定されております。

つぎに、「本市としてどのような対策を講じることとなったか」についてでありますが、看板による啓発や、8月3日までのレジャーシート撤去対策など、実行委員会と協議、協力しながら、当日の安全対策について万全を期してまいりたいと考えております。

また、ご提案のありました「有料観覧席の増設」についても琵琶湖文化館の西側まで拡張した場合の収支シュミレーションを行い、昨年度までのチケット販売状況と新たな経費など勘案いたしましたが、増設範囲や条件など、今後さらに詳細な調整が必要であるとの判断から、今年度の実施については見送ることになりました。

以上、私からの答弁といたします。

【テープ起こし掲載終わり】-----------------------------

ということで、この答弁でわかることを列挙しますと

① 8月3日までのレジャーシート等における場所取りについては、公園管理者である市が撤去を行う。

② 8月4日および5日、そして当日の対策については、主催者が撤去・対応を行い、公園管理者である市も支援する。

③ 実行委員会ホームページにて、対策ついて広報・啓発を行う。

④ 公園管理者である市と実行委員会により啓発看板の設置を行う。

という内容であります。

実行委員会HPについては、まだ啓発の記事が見当たりませんが、そのうち反映されると思います。

滋賀県大津市について語ろうPART57では、この話題について早くも触れていただいています。

880 名前: 近畿人 投稿日: 2010/07/05(月) 13:10:49

毎年の琵琶湖花火大会のシートでの事前場所取り
今年は撤去されるとか。厳しくなりそうですね

881 名前: 近畿人 投稿日: 2010/07/05(月) 14:13:50

厳しくしろ

882 名前: 近畿人 投稿日: 2010/07/05(月) 14:40:43

年々ひどくなってるからね。
大会1週間前あたりから足の踏み場も無くなってくる。

   

宮尾 孝三郎

2010年7月 4日 (日)

公私混同こそ、「腐敗」の構図であります

行政に携わる者は、公私をはっきり認識しなければなりません。

これをできない者が行政に携わった場合、社会的腐敗が始ります。

社会的腐敗とは、公的活動の中の私的な歪みをさします。

組織全体を代表しその組織の名において意思決定や行為を行う個々の部局や個人が、その活動に際して私益を優先させる意図を抱いたりすると、腐敗の構造につながっていきます。

とはいえ、戦後の日本では、公的利益とは要するに私的利益のたかだか総和にほかならず、政治を行う者もこぞって腐敗に傾倒するケースが多発したのでありますから、その場合政治も行政も同罪であります。

公私混同を私が強く糾弾するのは、それこそが腐敗の構図だからであります。

もうひとつ、J・F・クラークは「政治屋は次の選挙のことを考え、政治家は次の世代のことを考える。」といったそうですが、みるかぎり、その多くはいまでも政治屋であると感じています。

参考:日本の自殺(PHP)

宮尾 孝三郎

2010年7月 3日 (土)

さまざまなニセの着物を羽織り、国民に聞こえのよいことばかりいっていても、真実を国民に知らせないかぎり、この国に未来はないのであります。

坂口安吾は『堕落論』にて、つぎのように主張されています。

「人間の、又人性の正しい姿とは何ぞや。欲するところを素直に欲し、厭な物を厭だと云う、要はただそれだけのことだ。好きなものを好きだという、好きな女を好きだという、大義名分だの不義は御法度だの義理人情というニセの着物をぬぎさり、赤裸々な心になろう。この赤裸々な姿を突きとめ見つめることが先ず人間の復活の第一の条件だ。そこから自分と、そして人生の、真実の誕生と、その歴史が始められる。」

小泉内閣にて、規制改革や民営化など、かなり乱暴な処方を行った後の、どうしようもなく致命的な損傷を与えられた日本国のシステムを安倍、福田、麻生の政権で改善することができず、急激な瓦解が進み、政権が変わり鳩山、管となっても、壊れてしまったものを元通りにできるはずもなく、日本国の瓦解はとめどもなく進んでいます。

坂口安吾は、敗戦後このエッセイを発表していますが、「大義」からの解放を主張し、人間性を取り戻す作業が必要であると説いています。

さまざまなニセの着物を羽織り、国民に聞こえのよいことばかりいっていても、真実を国民に知らせないかぎり、この国に未来はないのであります。

現政権は、言うことがコロコロ変わり、うそつきにも見えますが、真実を国で議論しないほかの野党も目くそハナクソであります。

本当に日本という国が瓦解してしまわないように、金融、外交、経済、人権などについて国会で真実を論議して頂きたいと思います。

宮尾 孝三郎

2010年7月 2日 (金)

どんなことでも、調べてみよう

なんでもどんなことでも、調べると必ず驚きや納得があります。

石油について

4月20日に起こったメキシコ湾原油流出事故を「石油⇒化石燃料」としてみていると、「一体ここでどれだけの恐竜や生物が死んだのだ!」と疑問を普通に持ちますね。

メキシコ湾油田は、深海域での生産がメインでありますが、深く掘れば掘るほど、生産量が増加する傾向にあるといいます。

石油は、どんどん深いところへの開発にシフトしています。我が国も諸外国の油田の深度開発に寄与しています。

そんなに深いところに、化石が原料の燃料がなぜあるのでしょうね。

地震

近頃、マグニチュード7を超える巨大地震が頻発しています。地球は地震多発周期にでもあるのでしょうか?

ここに、先の大戦時に米国戦略情報局によって立案されたトンデモ計画があります。

OSS - The Psychology of War

Morale Operations Branch (1941-1945)

Japan

Nuclear Earthquake Plan
The attached plan to correlate earthquakes in Japan with our bombing of that country was proposed as an MO project by Dr. Norman Brown of OSS's planning staff. The atomic bombing of Japan, our latest military weapon, is recognized as the most powerful of outward forces.

Its effect if used for penetration bombing is exploited by MO in this project. The Earthquake Plan, circa 1945

Scientifically, can heavy bombing, pinpointed on known earthquake areas, bring about an underground condition within fault sections which would step up the expectancy and possibly bring about a calamitous earthquake in a selected area? ... ...

"All that could be applied is trigger forcem and this can only advance and set the time for an earthquake which is about to occur. It is conceivable, however, that an explosion at exactly the right time and place might have the correct effect. It would have to be very large and it would be necessary to know where to place it, and the latter cannot be determined at all from outside Japan." ...

"we would have to get (bomb) within less than 5 miles of that place on the fault which is destined to break within a year, no help being offered it ... if we could get (bomb) within a mile of a point on a fault destined to break within 90 years we might set it off." ... ...

Impetus is greatly added to the already established scientific plausibility of triggering this earthquake potential by the recent revelation of the atomic bomb.

With a manifoldly greater amount of destructive force in a single atomic bomb the plausibility of triggering the earthquake potential is brought further toward the realm of practicality. ... ...

On the basis of the scientific plausibility of triggering this earthquake potential by atomic and large scale intensified bombing lies the foundation for our psychological plan to combine, within the minds of the Japanese, the additional fear of earthquakes being caused by the radio-active destructiveness of the atomic bomb. Psychological Warfare Earthquake Plan Against Japanese Homeland, circa 1945

この計画は、日本国土に核による地震を起こすプランとして提案されています。

この人工地震プランは、The Psychology of War(戦争心理学)という計画のほんの一部であります。

このOSS(米国戦略情報局)が立案した計画の目次はというと・・・

日本に関する計画

GENERATING PANIC生成パニック
Causing Panic During Bombing Raids 襲撃爆撃の中に引き起こしパニック
Nuclear Earthquake Plan 核地震計画

INTIMIDATION脅迫
Terrorism テロ
Superstition 迷信
Hypochondria 心気症
Poisoned Cigarettes 毒タバコ
Atrocity Pictures 残虐行為の写真
Pearl Harbor Attack パールハーバー攻撃

DEMORALIZATION士気阻喪
The P-for-Peace Plan の-平和- Pの計画
Unconditional Surrender 降伏無条件
Discrediting Leaders 不信リーダー
Rumors of Military Coup 軍事的なうわさ(クーデターを起こすとか)
Messages of Despair 絶望のメッセージ
Appeals to Religion 控訴する宗教
Japanese Appeals to Religion に宗教控訴日本
Other その他

このような計画をみてしまうと、侵略行為が人道的にいかにショッキングなものかと驚愕します。

ひょっとしたら、現代にも人工的な地震を起こしたい人たちがいるのかもしれません。

参考 米流時評

気象操作

アメリカ合衆国は1980年1月、環境改変兵器禁止条約を批准。アメリカ議会上院(民主党が多数派)は、地震・津波を起こす、海流を変化させる、気象・気候のパターンを変化させる、生態系のバランスを変化させる、オゾン層・電離層を変化させる兵器の開発・製造・使用を禁止する、環境改変兵器禁止条約(ENMOD)を批准した。

とありますが、技術的には可能であることの証明であります。

生物兵器

アメリカ合衆国は1972年4月、生物兵器禁止条約に署名。アメリカ政府(ニクソン大統領・共和党)は、生物兵器、毒素兵器の開発、生産、貯蔵を禁止し、廃棄を義務付ける生物兵器禁止条約(BWC)に署名した。

2009年5月 4日 (月) スペイン風邪ウイルスは2005年時点で再現されておりました

これぐらいにしておきましょうか。

探究心は脳を活性化させますが、知れば知るほど世の中の闇は深いと感じます。

宮尾 孝三郎

2010年7月 1日 (木)

選挙も大事ですが、市議会議員の本来任務に早期に着手されるよう、議会の適正な判断を待ちます

2010年6月28日 (月) 一般質問「市営葬儀について」

のブログ記事の翌日に新聞紙面で大体概要を掴んでいただけたかと思いますが・・・

220701

大津市葬祭センター「来夢」の自宅葬を休止します

ということであります。

本市執行部において検証・再発防止に向けての調査を行うことはもちろんですが、市議会生活産業常任委員会においても執行部とは違う立場から再発防止に向けて調査するという作業が当然必要な事態であります。

220701_2

選挙も大事ですが、市議会議員の本来任務に早期に着手されるよう、議会の適正な判断を待ちます。

宮尾 孝三郎

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ