« 地方自治法改正の方向性は? | トップページ | 愛国者 »

2010年5月14日 (金)

議長のリーダーシップ

今日は、2つ

【以下転載開始】--------------------------------------

大津市会、議長交際費をHPで公開 4月分は1万円

Kyoto Shimbun 2010年05月12日(水)

大津市議会は、議長交際費の内容の公開を、本年度分から市議会ホームページ(HP)で始めた。議会活性化の一環。初回となる4月分は5月6日に公開され「大津商工会議所・商工祭・会員の集いお祝い」(4月9日)に1万円を支払ったことが記されている。

市議会と市は、1996年度から議長と市長の交際費を公開しているが、情報公開で資料を請求する必要があった。今回は、中核市の議会として議会情報を得やすい環境をつくろうと、HPでの公開に踏み切った。

一方、市長交際費については、市の新行政改革プランで本年度中にHPでの公開を掲げているが、まだ実施されていない武田平吾議長は「他の市でも既に始まっており、市長も取り組んだらどうか」と注文を付けた。

【転載終わり】-----------------------------------------

ということで、議長の改革推進の姿勢に、遅ればせながら市長も後追いで公開しています。

市長交際費の支出及び支出状況

220514

↑市長交際費支出状況(4月分)

「交際費」といいますが、市長が全部に出席した上での支出ではなく、他の職員が代理出席したものを含んでいます。

それにしても、宴席に日本酒の祝酒って、無駄な支出だと思います。現代の懇親会は飲み放題が設定されている場合がほとんどで、市がわざわざ差し入れする必要があるのか?

実際に上記のうち、ひとつに出席させて頂きましたが、その会合も飲み放題。「気持ちが大事」という部分に重きを置いているのでしょうが、市民の税金がそんな使われ方で果たしてよいのか?ちなみにその会合は、市長は欠席し、副市長が代理で出席されていました。

これをみて、またひとつ、聞きたいことが増えました。

さて、次の記事は、昨日のブログ記事の結果についてであります。

【以下転載開始】-------------------------------------

Kyoto Shimbun 2010年05月14日(金)

「雨後のたけのこ」発言に猛抗議 大津市議会 市長に謝罪求める

大津市の目片信市長が市議選の立候補者を「雨後のたけのこ」にたとえ、発言は侮辱にあたるとして、大津市議会の議長と全会派の代表者計7人が14日、市長室で目片市長に抗議、発言の撤回と謝罪を求めた。

市議会が侮辱と指摘したのは、12日の定例市長会見で、目片市長が議員定数4減を提案する理由について「雨後のたけのこのように(市議選に)出ることが止まる」「議員では100年たってもできない。私が一石を投じることで議論される」などと発言した部分。

定数削減を議論することで「コイの洗いのように、冷たい水にぐっと(市議の)身が引き締まる」とも述べた。

抗議に対し目片市長は17日の臨時市議会で謝罪するという武田平吾議長は「市議も市民の負託を受けて活動しており、市長発言は市民への暴言でもある。これほど侮辱されると我慢できない」と話した。

【転載終わり】---------------------------------------

市長の発言については、これまでもこのブログで読者のみなさんにお伝えしているところですが、とうとう議会も「堪忍袋の緒が切れた」のであります。

過去ブログ記事はコチラ↓

2010年3月18日 (木) 市長、ご自愛くださいませ

P.S.大津市議会議長のこの1年の活躍は、素晴らしいものがありました。市民のみなさんのことを第一に考えた、我が議長の判断・決断力は、尊敬に値することばかりでありました。その功績を伝えていかなくてはならないと、改めて感じている次第です。

宮尾 孝三郎

« 地方自治法改正の方向性は? | トップページ | 愛国者 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地方自治法改正の方向性は? | トップページ | 愛国者 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ