« 地域の一員です | トップページ | 早尾神社例大祭 »

2010年5月 4日 (火)

現政権の大衆迎合主義の結果

普天間基地問題で、報道がなされています。首相が沖縄県知事や名護市長と個別に会談をし、沖縄県内に移設する政府の方針を伝えたとあります。

沖縄県知事からは、公約に沿った納得のいく解決策を示していただきたいと意見され名護市長には辺野古沖合いに建設するとした基地移設を拒否されてしまいました

鳩山氏は、生まれたその瞬間から政治家になることを約束された人生を送られてきました。

我が国の安全保障に関する諸課題に関しても、通常の市民大衆が想像できないほどの確度の高い情報を常に得ることができたでしょうし、満を持しての首相指名だったと思います。

そのスーパーエリートが、なぜこのような失態を犯しているのでしょうか?

私には、わかりません。

私も含めて、市民大衆は本当のことを死ぬまで知りません。エリートである鳩山氏はすべてを知ることができる、わずかな権力者のひとりであります。その権力者が市民大衆に迎合し、無責任と放埓とを通じて社会秩序を崩壊させてしまったと考えるべきなのでしょうか?

いまの我が国の状況は、大衆迎合主義に完全に陥っていると思います。

スーパーエリートである鳩山首相には、自己決定能力をなんとか取り戻していただき、全責任をもって国家の意思決定をしてもらわなくては、日本は自壊します。

そして我々市民大衆は、テレビや新聞によって抽出されたアンバランスな情報を鵜呑みにせず、我が国のリーダーが自信を取り戻すことができるような立ち振る舞いをすることが重要であると、私は考えます。

基地に関して知識を持つには↓を参考にしましょう

沖縄県知事公室基地対策課HP

宮尾 孝三郎

« 地域の一員です | トップページ | 早尾神社例大祭 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地域の一員です | トップページ | 早尾神社例大祭 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ