« 特別委員会 | トップページ | 要望書は、直接組員に手渡すことができました »

2010年5月22日 (土)

何事にも、本気が重要です

本日は、午前中、茨木市住みよいまちづくり協議会定期総会に行ってまいりました。

22052201

↑会場は、満員御礼でありましたhappy01

この協議会の前年度、つまり平成21年度の一年間の重点実践項目は・・・

1 住みよいまちづくりを目指し、市民憲章の周知と実践に努めよう

2 地球環境を大切にして、花と緑をいっぱいにしよう

3 安全・安心なまちづくりを推進しよう

4 教養をふかめて、温かい心で交流しよう

5 郷土の伝統や文化財を大切にしよう

であります。

そして、茨木市は、市民憲章に非常に重きを置いておりまして、本日は市民憲章に基づき模範的な活動をした、高等学校とシニアクラブさんの2団体が、表彰されました。

大津市でも、市民憲章の斉唱は、さまざまなシーンで行っておりますが、その実践を評価するシステムを持っている茨木市は、非常に参考になりました。

ちなみに茨木市住みよいまちづくり協議会は、全国市民憲章運動連絡協議会の会員であります。

このように、非常に市民の意識の高いこのような場所で、私は「防犯を通じての地域づくり」というお題を頂きまして、1時間少々、お話をさせて頂きましたが、みなさん最後まで熱心に聞いてくださり、「教養をふかめて、温かい心で交流しよう」の実践であると、感じた次第です。

お昼には、大津にとんぼ返りして、13時30分からの「長等学区人権・生涯学習推進協議会総会」の祝辞にて、茨木市の誠実な取り組みを早速紹介させて頂きましたところ、反響がございましたhappy01

「宮尾さん、唱えてるだけじゃ、ダメなんね。実践しないと・・・coldsweats01

この気づきが大事ですhappy01

つぎの写真は、別の問題提起です。

22052204

↑茨木駅そばの「路上喫煙禁止地区」看板

真面目に取り組んでいる市では、本当に路上喫煙者はいませんでしたhappy01

残念ながら、JR大津京駅にて本日もNPO法人西大津防犯夜間巡回活動をさせて頂きましたが、まあ、禁止地区での路上喫煙者がいるわいるわで、大津市の取り組みが功を奏していないことを改めて感じましたcrying

大津市も、本気を見せるシステムが必要と感じます。

宮尾 孝三郎

« 特別委員会 | トップページ | 要望書は、直接組員に手渡すことができました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 特別委員会 | トップページ | 要望書は、直接組員に手渡すことができました »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ