« 陸上自衛隊大津駐屯地入隊式 | トップページ | 滋賀県警が暴力団排除へ条例案を準備中です »

2010年4月11日 (日)

すべてが偽情報であるとは限りません

今日は、読書の勧めであります。

220411_0004

フォーリン・アフェアーズ リポート 2010年 No.4

複雑系の崩壊は突然、急速に起きる(ニオール・ファーガソン)』の記事は、米国外交問題評議会(CFR)のレポートであるという点に意味を見出すと、非常に味わい深いものがありました。

220411_0002

↑「GEQ(Great Earth Quake)」は、ミステリー本扱いでありまして、作者も『この物語はフィクションである。』と冒頭で述べておられます。しかし、『登場する人物、団体、地名にはできる限り実名を使用し、主幹となるエピソードはすべて事実に基づいている。その他の匿名の人物、団体、創作の部分に関しても、すべてに実際のモデルが存在する。それでもあえて、この物語は概念においてフィクションである。』とあり、帯にあるように、事実の積み重ねをした結果の“真実”“概念においてフィクション”であるとしている点は、作者の警戒心の表れと見ます。

220411_0005

↑「鳥インフルエンザの正体」は、2006年1月に初版であり、少々古い本であります。しかし、現在進行形のベトナムのH5N1型ヒト感染を知れば、H1N1型で終わらない不条理をいまに伝えてくれます。

それにしても、CFRの情報発信には、“ドキリ”とさせられました。

上記とは全く関係ありませんが、大津市も今週“ドキリ”とすることが起きそうです。

宮尾 孝三郎

« 陸上自衛隊大津駐屯地入隊式 | トップページ | 滋賀県警が暴力団排除へ条例案を準備中です »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 陸上自衛隊大津駐屯地入隊式 | トップページ | 滋賀県警が暴力団排除へ条例案を準備中です »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ