« 滋賀県警が暴力団排除へ条例案を準備中です | トップページ | 乳離れできなかった日本政治 »

2010年4月13日 (火)

ニュースには、重要度と優先度をつけています

にっちもさっちもいかないという雰囲気を演出している普天間基地移設問題にかかる当該海域を、仮想敵国が悠然と航行したというニュースです。

【以下転載開始】--------------------------------------

中国艦隊、沖縄本島―宮古島間を通過 防衛省、動向注視

2010年4月13日11時49分 朝日新聞

防衛省は13日、中国海軍の潜水艦2隻を含む計10隻の艦艇が10日に 沖縄本島と宮古島の間の公海を通過した、と発表した。この海域を艦艇が通過したことはあるが、異例の規模だ。艦隊は東シナ海から太平洋に抜け、訓練を続けている。

北沢俊美防衛相は13日の閣議後の記者会見で「今までに無かった事態」と動向を注視する考えを示した。統合幕僚監部の発表によると、海上自衛隊が確認したのは、ディーゼル型最新鋭のキロ級潜水艦2隻と、ミサイル駆逐艦2隻など計10隻。10日午後8時ごろ、沖縄本島の西南西約140キロの海域を南東に進んでいたという。

ミサイル駆逐艦などは7~9日に東シナ海中部海域において、艦載ヘリコプターの飛行訓練を行った。海自護衛艦が警戒監視に当たっていたが、8日には中国艦艇から飛び立ったとみられるヘリコプターが護衛艦に約100メートルまで接近したという。

公海上での訓練や通過は国際法上問題ないが、異例の規模だ。(河口健太郎)

【転載終わり】-----------------------------------------

ということで、防衛省統合幕僚監部の発表資料を見て見ましょう。

【以下掲載開始】--------------------------------------

↓各画像をクリックすると、拡大して見ることができます

22041301

↑1頁

22041302_2

↑2頁

22041303

↑3頁

22041304

↑4頁

22041305

↑5頁

22041306

↑6頁

22041307

↑7頁

【掲載終わり】----------------------------------------

『4月8日(木)午前に、中国艦艇から発艦したとおもわれる艦載ヘリコプターが警戒監視中の護衛艦「すずなみ」に接近し、水平距離約100ヤード(約91,4m)、高度約100フィート(約30,5m)を近接飛行した。このような飛行は艦艇の安全航行上危険であると認識している。』

↑7ページに写るヘリの写真の解説です。要するに挑発行為です。

にっちもさっちもいかないという雰囲気を演出している普天間基地移設問題でありますが、いまの日本の政治を見ていて『一番得をするのは誰か?』 これが分かれば、この先のストーリーが見えてきそうです。

なお、舞鶴護衛艦に体験乗船したときのブログ記事はコチラ↓

               2008年5月17日 (土) 国防を肌で感じる

追伸:大津市でも“ドキリ”とする報道がありましたが、ニュースには重要度と優先度があります。

宮尾 孝三郎

« 滋賀県警が暴力団排除へ条例案を準備中です | トップページ | 乳離れできなかった日本政治 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 滋賀県警が暴力団排除へ条例案を準備中です | トップページ | 乳離れできなかった日本政治 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ