« 社会実験BBQ場現地視察 | トップページ | 変更のご報告です »

2010年4月30日 (金)

議会改革

議場が改修されました

22043001

↑質問方式について、一問一答方式や分割質問方式を平成22年から採用したことにより「再問からは自席から」のルールを改廃し、質問席を設けました。

いままで、議員の質問は、何故か執行部に向かうのではなく、同僚議員の方に向かってしておりましたので、非常に不自然でありました。その改修であります。

22043002

↑マイクのある演台が質問席です。イスのある場所が、答弁者が発言している際の待機席です。

元々あった席を利用し改造していますが、付け足した部分がチョットわからないくらい、色合い風合いを整えてあります。Good job です

平成21年度より議会活性化検討委員会が設置され、様々な議会のあり方を議論しておりましたが、質問方法について進展がありましたので、それに伴う議場改修であります。

今まで、質問する際は「再問」「再々問」とチャンスは合計3回しかありませんでしたが、2月定例会の一般質問より60分1本勝負で質問回数無制限となっております。それに見合う議場改修であります。

大津市議会は、議会改革についての検討をこれからも様々な角度で推進にしていきます。

そして、「市民が主役のまちづくり」に恥じないような議会運営に努めてまいりたいと思っております。

宮尾 孝三郎

« 社会実験BBQ場現地視察 | トップページ | 変更のご報告です »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 社会実験BBQ場現地視察 | トップページ | 変更のご報告です »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ