« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

議会改革

議場が改修されましたnew

22043001

↑質問方式について、一問一答方式や分割質問方式を平成22年から採用したことにより「再問からは自席から」のルールを改廃し、質問席を設けました。

いままで、議員の質問は、何故か執行部に向かうのではなく、同僚議員の方に向かってしておりましたので、非常に不自然でありました。その改修であります。

22043002

↑マイクのある演台が質問席です。イスのある場所が、答弁者が発言している際の待機席です。

元々あった席を利用し改造していますが、付け足した部分がチョットわからないくらい、色合い風合いを整えてあります。Good job ですhappy01

平成21年度より議会活性化検討委員会が設置され、様々な議会のあり方を議論しておりましたが、質問方法について進展がありましたので、それに伴う議場改修であります。

今まで、質問する際は「再問」「再々問」とチャンスは合計3回しかありませんでしたが、2月定例会の一般質問より60分1本勝負で質問回数無制限となっております。それに見合う議場改修であります。

大津市議会は、議会改革についての検討をこれからも様々な角度で推進にしていきます。

そして、「市民が主役のまちづくり」に恥じないような議会運営に努めてまいりたいと思っております。

宮尾 孝三郎

2010年4月29日 (木)

社会実験BBQ場現地視察

昨日、大津市がBBQ(バーベキューコーナー)設置の記事を書きましたが、趣旨を再掲しておきます。

danger平成22年4月29日から5月9日までの間、なぎさ公園サンシャインビーチをバーベキューの実施場所といたします。今回の実施につきましては、社会的実験としての運用であり、皆様のご利用状況等を調査した上で、今後の本格運用に向けて準備いたします。

ということで、現地を視察してまいりました。

22042901

↑視察に訪れたのは15時過ぎ

22042902

↑食べ終わって満足の子どもたちが、元気に遊んでいましたscissors

22042903

↑既設の水道には「食器や網はトイレ横の洗い場で洗ってください。」の表示があり、そのルールはちゃんと守られていました。

22042904

↑今回のBBQ社会実験にあわせ予算がついて設置された“洗い場”

22042905

↑マナーよく、丁寧に使われていましたhappy01 くれぐれもバーベキューコンロはここで手入れしないようにお願いしますねdanger

22042906

↑BBQコーナー寄りの駐車場スペースは、この通りの利用状況scissors

22042907

↑さて、利用終了時間の16時となりましたclock。マナーよく片付けにかかる利用者のみなさん。BBQコンロの火を落として、引き続き遊ぶ分には、時間が過ぎてもOKですfree

本日、市の職員の方2名と、公園緑地協会の方2名が朝9時から17時まで利用者のみなさんにアンケート調査(利用前・利用後)を行ったり、グループ数・利用者数のカウントを行ったり、利用者に各種説明を行っていただいておりました。お話を伺いますと大津市の誘導に従い当地を利用いただいているみなさんは総じてマナーがよく、この社会実験が啓発につながっていることを感じました。

この社会実験は、今後も

5月1日(土)
5月2日(日)
5月3日(月)憲法記念日
5月4日(火)みどりの日
5月5日(水)こどもの日

5月8日(土)
5月9日(日)

と、カレンダーの休日に行われます。

この際、BBQをされる際には、“なぎさ公園サンシャインビーチ”をご利用いただきまして、大津市にみなさんの声を届けて頂ければと思いますsun

宮尾 孝三郎

2010年4月28日 (水)

いよいよ29日から、大津市BBQ場が今年も社会実験運用です

4月29日(金)から5月9日(日)までの間、大津市はなぎさ公園サンシャインビーチ(ヴュルツブルクハウス付近)にBBQ(バーベキュー)コーナーを開設します。

利用時間は午前10時から午後4時まで

詳しくは、大津市都市計画部公園緑地課職員と、財団法人大津市公園緑地協会職員が名札・腕章をつけて、現地におりますので、直接お尋ねください。

ちなみに、分かっている範囲で・・・

・社会実験的開設で、今回も無料で利用できます。

・バーベキューコンロをお使いください。くれぐれも直火をしないように・・・

・ゴミは各自でお持ち帰りください。

・食器や網などの洗い物は、指定の洗い場をご利用ください。

・樹木の近くは出来るだけ避けてください。

駐車場料金もお知らせしておきます。

・駐車開始から1時間まで・・・200円

・駐車開始から2時間まで・・・300円

・駐車開始から3時間まで・・・400円

これ以降は30分ごとに200円ずつ加算されていきます。

ちなみに、他の大津市公園(皇子が丘公園や膳所公園など)でのBBQは禁止されておりますので、必ずサンシャインビーチでご利用ください。

BBQが禁止されているにもかかわらず、禁止行為が止まない皇子が丘公園や膳所公園等では、この期間、警備員が巡回します。

楽しくルールを守ってBBQをお楽しみくださいhappy01

宮尾 孝三郎

2010年4月27日 (火)

常に四周を警戒する

「常に四周を警戒する」ということに私は、心がけています。

自衛隊時代に体に染み付いた習慣で、知人と親しく談笑している間でも、気が散っているのではなくあくまで「常に四周を警戒」しています。

この言葉は、防犯ボランティアに携わる際に有益な思考です。何かに注意をとられるのではなく「常に四周を警戒する」、この鉄則を心がけることが、犯罪抑止に効果をもたらします。

ヒトは、何かに注意を奪われたとき、油断が発生します。

ワンポイントレッスンでした。

宮尾 孝三郎

2010年4月26日 (月)

市議会だより

おおつ市議会だより第107号 (平成22年5月1日発行) 【平成22年2月定例会号】は、ご覧になられましたでしょうか?

私は、「市民センターについて」という質問をさせていただいておりますが、その要約が掲載されています。

それは、以下のとおりです。

----------------------------------------------------

大津市立の公民館は、飲食を主目的としたり、飲酒を伴う会合を行う場合には使用できないことが定められているが、このルールの周知徹底を

公民館は、社会教育施設であることから、飲食を主目的としたり、飲酒を伴う会合を行う場合は、使用許可できないものとなっているが、一部において飲酒が行われている。
公民館の適正な利用を図るため、平成20年10月から運用している大津市立公民館使用許可に関する取扱基準に沿って、利用者に理解を求めていきたい。
また、本年4月から開設する公民館のホームページにこの基準を掲載するなど、広く周知を図っていきたい。

----------------------------------------------------

で、その質問と答弁について(議場で行ったやりとりのテープ起こし)は、つぎのとおりです。↓このリンクをクリック

2010年3月26日 (金) 代表質問「市民センターについて」

そして、私の市民センターに関する狙いはこのときの質問ですでに明らかにしています。

↓このリンクをクリック

2008年12月15日 (月) 本市の新しい都市構造の実現に向けて(一般質問)

ご理解いただければ、幸いです。

宮尾 孝三郎

2010年4月25日 (日)

アウトローBBQ

2010年4月 5日 (月) 大津市管理施設でのバーベキュー(BBQ)行為について

で、『大津市では、大津市が管理するすべての公園でのバーベキュー行為を禁止いる』ことをお知らせさせていただいているわけでありますが、私のブログを市内外のひとがひとしく見ていただいているわけではありませんので、大津市としては、積極的に禁止行為についてパトロールをすべきと考えます。

22042501

↑皇子が丘公園内にある東屋。2010.4.25.11:10撮影

22042502

↑同場所。たき火跡ですpout2010.4.25.11:11撮影

22042503

↑赤の矢印のところにゴミが・・・

22042504

↑炭の空箱でしたpout

皇子が丘公園に入りますと、BBQの香ばしいいい匂いがしていましたので、要所々々では、私の身分を明らかにした上で注意をさせて頂きましたが、お昼前ということで、その間にも次々とBBQ拠点整備に着手される市内外の方々が来園され、キリがないので、諦めました。

その間、行政の方とはどなたとも会いませんでしたので、パトロール等の未然防止策は感じられませんでした。

結果、不法投棄されたゴミは、善良な市民の税金で処理することとなります。数年言い続けていますが、抜本的な改善には至っていません。

皇子が丘公園には、大規模な駐車場が整備されていますが、園路に路上駐車されている方の多くがBBQ組でありました。ルールを守らないヒトは、なにをやってもアウトローですpout

さて、同時刻の柳が崎湖畔公園です。

こちらは、BBQを強行するアウトローはおらず、純粋に自然と水辺の景色を楽しむ善良な市民の憩いの場となっておりましたhappy01

22042501_2

↑柳が崎湖畔公園。素晴らしい景色ですshine

22042502_2

↑園路には、家族連れの方々がゆったりと散歩を楽しんでおられましたscissors

22042503_2

↑未整備部分にもアウトローはおりませんでしたhappy01

昨日の「ブロウクンウインドウズ理論」に通ずるものがありました。

宮尾 孝三郎

2010年4月24日 (土)

ブロウクンウインドウズ理論

ブロウクンウインドウズ理論とは、環境犯罪学上の理論で「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」との考え方から、こう呼ばれるようになりました。

私は、NPO法人西大津防犯という団体に所属しておりますが、この団体はこのブロウクンウインドウズ理論の実践を続けています。それは主にゴミ拾いです。

また、違法広告物の簡易除却も、大津市から権限を委任された上で行っています。

最近、子どもの見守りが防犯の主流となり、ブロウクンウインドウズ理論が語られることがめっきり少なくなりましたが、今でも犯罪抑止に効果の衰えはありません。重要な防犯上の視点でありますので、今一度思い起こしていただければとおもいます。

22042401

↑JR大津京駅高架下に脱ぎ捨てられていたパンプス。ヒール部分が折れていましたが、ここから裸足で帰ったのでしょうねweep

22042402

↑電柱に違法に貼られた広告物を簡易除却している様子。この電柱は違法な連中に人気が高く、何度剥がしても・・・いたちごっこですcrying

宮尾 孝三郎

2010年4月23日 (金)

旧大津公会堂グランドオープン

今日、午前に「旧大津公会堂」がグランドオープンしましたnew

関連ブログ記事はコチラ↓

2010年4月21日 (水) 剥いた話しなスタンスで、議論してみました

2010年4月19日 (月) 大津のデートコースに風格ある建造物はいかが…

22042301

↑エントランス

22042303

↑階段ホール

22042304

↑2階通路

22042307

↑2階多目的室

22042308

↑2階多目的室では、このように写真展がひらかれています。

22042305

↑本日ランチをいただいた地下1階のレストラン玄関付近

22042306

↑3階ホールでは式典の後、このようにミニコンサートがひらかれました。

平成17年11月6日、この3階ホールで『Otsu West Jazz Night in 浜大津』を企画させていただいたことを思い出しました。

当時、メンバーで話していたことは「この社会教育会館が壊されることなく再生されたらいいのにな。地下一階にはバーが入ってさ、3階ではジャズ演奏が定期的に聴ける。そんなことになればいいのにな。」

その当時、思い描いたイメージにとても近い状態でのリニューアルオープンになりました。

当時のLIVEの様子を知るには、下↓のリンクをクリック!

Otsu West Jazz Night

宮尾 孝三郎

2010年4月22日 (木)

使えるツールを使わない手はありません

堅田西口土地区画整理事務所の情報が、大津市ホームページ上でまとめられています。

220422

堅田駅西口土地区画整理事業TOP PAGE

先日の当ブログで「2010年4月18日 (日) 大津市ホームページに「デジタルブック」が採用されました」を紹介しましたが、このように販売促進といったPRが命の情報発信には、PDFファイルを使うよりも、リンク先の情報をすべて一冊のデジタルブックに詰め込んで、情報のすべてが検索出来るようにするとよくなると思います。

使えるツールを使わない手はありません。がんばりましょうhappy01

宮尾 孝三郎

2010年4月21日 (水)

剥いた話しなスタンスで、議論してみました

今日は、産業観光部所管の会派勉強会を谷議員の音頭でさせて頂きました。

大津の将来は、観光の取り組みにかかっているという私見もあって、こちら側も遠慮なしに、執行部のみなさんも剥いた(むいた)話をしてくださいましたので、大変有意義であったように思います。

また、夜はある部局の職員のみなさんと政策研究会をおこない、ここでも大津市御用達行政用語である剥いた話(むいたはなし)(意味:衣をはいで、ナマのはなしをする)で3時間の意見交換が出来ました。

このような政策論議は、諸刃の剣でありますので、ここで公開出来ないのでありますが、必ず良い方向に進むという展望がもてました。

さて、旧大津公会堂は4月23日にオープンでありますが、今日立ち寄ってみますと、プレオープンしていたようです。遅かったので、もう入店はしませんでしたが、雰囲気だけでもいち早くみなさんにお伝えしようと思います。

22042101

↑建設当時のディティールを色濃く残す、旧大津公会堂であります。

22042102

↑エントランス越しに、アーカスにつながるペデストリアンデッキ:スカイクロスのブルー照明が幻想的ですflair

22042103

↑半地下にあるお店へのアクセスも・・・

22042104

↑ムーディーであります。

独身の方も、そうでない方も、立ち寄ってみたいオーラ満点のたたずまいです。

23日にオープンしたときには、お料理のほうもチェックしてみたいと思っていますrestaurant

観光都市大津の新たな戦略的拠点でありますが、宣伝があまり出来ていないのでは?とチト不安です。その分、このブログでPRのお手伝いをさせていただきたいと思っております。

宮尾 孝三郎

2010年4月20日 (火)

ダウンロードされた教訓を活かす能力が必要です

名古屋市での「言った」「言わない」のすったもんだは、本市においても活きた教材(教訓)となることでしょう。

【以下転載開始】--------------------------------------

名古屋市議会、混乱続く 市長の「議員退職金」発言で

2010年4月20日12時24分 asahi.com(朝日新聞社)

初日から、河村たかし市長と議会側が激しい対立を見せた名古屋市議会4月臨時会は2日目となる20日、委員会採決で市長が提出した「市民税の恒久的な減税」や「議員報酬の半減」などの議案をいずれも否決した。この日も採決に至るまで、地元の情報誌に掲載された市長の議員報酬に関する発言をめぐって紛糾が続いた。

「私たちはこのことで政治生命をなくすような事態にまでなっている」。20日朝、総務環境委員会では市議から市長発言への批判が相次いだ。

議会側が問題としたのは、名古屋市内に無料で配られる地元情報誌「リビング」の4月10日号に掲載された市長のインタビュー。市長は、議員報酬について「議員は2700万円。しかも、4年ごとに4220万円の退職金がもらえる」と語ったことになっている。議員報酬は現在、年約1500万円で、退職金は支給されない。議会側は「(議会批判のための)恣意(しい)的な発言ではないか」(民主市議)などと反発した。

ところが、19日の本会議で河村市長は「言ってない」と主張。録音記録も残っておらず、議会側と「言った」「言わない」の水掛け論となった。本会議後の委員会でも議論が続き、議会側が同誌の編集長を参考人招致する異例の展開に。編集長は「市長が言ったと認識しているが、結果的には間違っていたので訂正する」と語った。

さらに、広報担当の市長室の職員が「事前にインタビュー記事をチェックしたが、間違いを見つけられなかった」と説明したことから市の責任を問う声も出て、市広報への謝罪記事の掲載を要求するまでに及んだ。19日中に終了する予定だった審議は20日午前までずれこんだ。

議員報酬を半減する条例を提案するなど、市長は「議員の待遇」を問題視しているだけに、議会側も敏感になっている。委員会で問題を追及した民主の梅村邦子市議は「議論になっている問題の核心部分。許される間違いではない」と話している。

委員会の採決結果を受け、市議会が21日の本会議での採決でも市長の提案を退けて閉会となる見通しだ。(寺西哲生、塩原賢)

【転載終わり】---------------------------------------

人間という生き物は、ファジーであります。また、自己防衛本能もプリセットされており、都合の良いこと悪いことを直感的に判断する機能ものちにインストールされていきます。

『政治家は、発言に責任が発生する』と誰もが信じていますが、所詮、政治家も人間なのであります。

本市におきましても、教訓がダウンロードされてバージョンアップされることが、希望の光になりましょう。

宮尾 孝三郎

2010年4月19日 (月)

大津のデートコースに風格ある建造物はいかが・・・

大津市の中心市街地に、彩の存在「旧大津公会堂のレストラン」がもうすぐオープンですsoon

22041901

旧大津公会堂のレストランホームページより

2010年4月23日(金)にグランドオープンですhappy01

4つの洋食店がB1Fと1Fに入ります。

このように、歴史的建造物の再利用は、港町などでは何十年も前から取り組まれていますが、大津の地でこのように実現できたことに素直に喜んでいるひとりであります。

ここが大津の新たなデートコースになることは間違いなしheart02

先輩格に、びわ湖大津館がありますが、こちらについては現在も発展形です↓

2010年3月30日 (火) 代表質問「柳が崎湖畔公園整備とびわ湖大津館について」

宮尾 孝三郎

2010年4月18日 (日)

大津市ホームページに「デジタルブック」が採用されました

大津市のホームページでの情報提供に「デジタルブック」が採用されましたね。

これは、非常に歓迎すべきことであります。PDFファイルは、読み込みも時間がかかりましたし、画面をスクロールする操作が、単純ですが面倒でありました。

広報おおつや総合計画第2期実行計画などで、「デジタルブック」でのページのめくり感が実際に本を読むときの動作に近いですし、検索ワードを左の入力画面に入れて検索しますと、その該当ページ候補が出てきます。

検索がとても早くできるようになりました。

↓下のリンクをクリックして操作を体験してみてくださいnew

広報おおつ4月15日号

↓各絵をクリックすると拡大表示されます。

22041801

↑①上記リンクをクリックするとこの画面が出てきます。左の「検索」タブをクリックすると・・・

22041802

↑②検索画面が現れます。

22041803

↑③検索ワード入力部分に「バーベキュー」と入力して検索してみます。

22041804

↑④すると該当するキーワードが存在するページのリンクが表示されます。、そのリンクをクリックすると・・・

22041805

↑⑤「バーベキュー」のワードが記載されているページが表示され、その検索ワードが赤枠で点滅します。

22041806

↑⑥コマンドボタンの「拡大モード」をクリックし、つぎに「バーベキュー」と書いてある部分をクリックすると、このように拡大して読みやすくなります。

ぜひ、お試しください。

↓このようなぶ厚い資料を読む際には、検索機能が重宝します。

大津市総合計画第2期実行計画

宮尾 孝三郎

2010年4月17日 (土)

大津市児童クラブ

今日は、地域の児童クラブさんの保護者会総会に、小学校PTA会長としてお伺いしました。

○大津市立児童クラブ条例
平成12年12月20日
条例第76号

(設置)
第1条 小学校等に就学している児童であって、その保護者が労働により昼間家庭にいないこと等により家庭において保育を受けることが困難であるものに、授業の終了後等に適切な遊び及び生活の場を与えて、その健全な育成を図るため、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第34条の7の規定に基づき、放課後児童健全育成事業を行うための施設として大津市立児童クラブ(以下「クラブ」という。)を設置する。

220417

ということで、大津市では児童クラブは公設公営であります。

22041702

↑児童クラブの1日

22041703

↑児童クラブのおやつ

保護者の方々や、児童クラブに勤務される職員さんから、大津市の公設公営に感謝の気持ちが言葉の端々に感じられるなど、意義ある運営であることが伝わってきました。

児童クラブの保護者会に出席する直前まで、自治連合会関係者と別のことで協議していたのですが、そこでお一人から面白い提案がありました。

「地域には教師経験者が何名かおり、地域でできるボランティアとして学童の宿題のアドバイスなど、出来るのではないか?」といったものでした。

「“地域力”を子どもの成長に使いたい」というこのような提案は、素晴らしい発想とおもいました。

また、我々保護者の、「家庭力の向上」を、PTAで取り組んでいければと思っています。

宮尾 孝三郎

2010年4月16日 (金)

いずれ「真相」を明らかにする日が来ることでしょう

『一定の事実』と『真相』は違うことがほとんどです。

一般に伝えられる情報は、間違いとはいえないものも含めて「一定の事実」であります。

「真相」を知る人間からすれば、歯がゆいことばかりであります。

しかし、「真相」を正しく伝えられるか、という点においては、自信がありません。

ほとんどの場合「まさか!」の一言のあと、思考停止となります。

しかし、いずれ「真相」を明らかにする日が来ることでしょう。

あるヒトの胸にのみ刺さるメッセージでありました。

宮尾 孝三郎

2010年4月15日 (木)

市長がテレビに

今日、NHKの“おうみ発610”というニュース番組を見ていましたら、目片大津市長の記者会見の様子が映し出されていました。

今日、我々会派代表者に市長より「議員定数の削減について」提案がありましたので、興味深く見ていたところ、「目片市長は、市の財政状況が厳しいとの見解を理由に、議員定数を市内の学区の数と同じ36人に減らす考えを市議会の8つの会派の代表などに説明した。」という内容の報道でありました。

私のコメントは避けます。このような報道があったということを、お知らせしました。

宮尾 孝三郎

2010年4月14日 (水)

乳離れできなかった日本政治

漫画「ドラえもん」は、現代の日本に見えます。

【以下転載開始】--------------------------------------

あらすじ (Wikipediaより)

何もやってもドジばかりの少年「野比のび太」。お正月をのんびりと過ごしていると、机の引出しから、のび太の子孫「セワシ」と「ドラえもん」が現れる。

未来の野比家では、のび太が残した借金がセワシの代まで及んで困っているという。悲惨な未来を変えるために、セワシが世話係として連れてきたドラえもんと暮らす事になるのび太。

ドラえもんはポケットからひみつ道具を取り出しのび太を助けてくれる。のび太は道具に頼りがちになりながらも、時には反省し学んでいき、少しずつ未来はより良い方向へと進んでいく。

典型的なプロットは「のび太の身にふりかかった困難を、ひみつ道具で一時的に解決するが、道具を不適切に使い続けた結果、しっぺ返しを受ける」というものである。

【転載終わり】----------------------------------------

私には、のび太=日本の政治家、ドラえもん=官僚 といったように見えます。

また、しずかちゃん=対話、ジャイアン=圧力、スネ夫=自己顕示欲 とみえます。

そして、野比家=日本、上記3者=米国 とみますと、大人むけのストーリーに見えてきました。

あくまで、私が勝手に感じ取ったものであり、作者の思惑とは違うかも知れません。

福田康夫元首相が「福田のび太首相」と揶揄されたこともありますが、私には鳩山由紀夫首相のほうが、より“のび太”に近いと感じています。

また、崩壊寸前の自称“保守本流”自民党も、のび太のように生きてきた結果の壊死(えし)と見ます。

本来、戦後日本の政治はなにをすべきだったのでしょうか?

明治元年1月1日(1868年1月25日)から第2次大戦敗戦までの黎明期・成長期を過ぎ、敗戦国として主に米国に占領統治された我が国の、名ばかりの“独立”ではなく、“真の独立”を求め、戦後政治は闘ってきたのではないでしょうか?

アメリカナイズ(米国流、アメリカ化)を選んだわけでもなし、結局は“乳離れ”できなかったというのが真相ではないでしょうか?

とても笑えないシニカルなお話でありました。

宮尾 孝三郎

2010年4月13日 (火)

ニュースには、重要度と優先度をつけています

にっちもさっちもいかないという雰囲気を演出している普天間基地移設問題にかかる当該海域を、仮想敵国が悠然と航行したというニュースです。

【以下転載開始】--------------------------------------

中国艦隊、沖縄本島―宮古島間を通過 防衛省、動向注視

2010年4月13日11時49分 朝日新聞

防衛省は13日、中国海軍の潜水艦2隻を含む計10隻の艦艇が10日に 沖縄本島と宮古島の間の公海を通過した、と発表した。この海域を艦艇が通過したことはあるが、異例の規模だ。艦隊は東シナ海から太平洋に抜け、訓練を続けている。

北沢俊美防衛相は13日の閣議後の記者会見で「今までに無かった事態」と動向を注視する考えを示した。統合幕僚監部の発表によると、海上自衛隊が確認したのは、ディーゼル型最新鋭のキロ級潜水艦2隻と、ミサイル駆逐艦2隻など計10隻。10日午後8時ごろ、沖縄本島の西南西約140キロの海域を南東に進んでいたという。

ミサイル駆逐艦などは7~9日に東シナ海中部海域において、艦載ヘリコプターの飛行訓練を行った。海自護衛艦が警戒監視に当たっていたが、8日には中国艦艇から飛び立ったとみられるヘリコプターが護衛艦に約100メートルまで接近したという。

公海上での訓練や通過は国際法上問題ないが、異例の規模だ。(河口健太郎)

【転載終わり】-----------------------------------------

ということで、防衛省統合幕僚監部の発表資料を見て見ましょう。

【以下掲載開始】--------------------------------------

↓各画像をクリックすると、拡大して見ることができます

22041301

↑1頁

22041302_2

↑2頁

22041303

↑3頁

22041304

↑4頁

22041305

↑5頁

22041306

↑6頁

22041307

↑7頁

【掲載終わり】----------------------------------------

『4月8日(木)午前に、中国艦艇から発艦したとおもわれる艦載ヘリコプターが警戒監視中の護衛艦「すずなみ」に接近し、水平距離約100ヤード(約91,4m)、高度約100フィート(約30,5m)を近接飛行した。このような飛行は艦艇の安全航行上危険であると認識している。』

↑7ページに写るヘリの写真の解説です。要するに挑発行為です。

にっちもさっちもいかないという雰囲気を演出している普天間基地移設問題でありますが、いまの日本の政治を見ていて『一番得をするのは誰か?』 これが分かれば、この先のストーリーが見えてきそうです。

なお、舞鶴護衛艦に体験乗船したときのブログ記事はコチラ↓

               2008年5月17日 (土) 国防を肌で感じる

追伸:大津市でも“ドキリ”とする報道がありましたが、ニュースには重要度と優先度があります。

宮尾 孝三郎

2010年4月12日 (月)

滋賀県警が暴力団排除へ条例案を準備中です

大津市における山口組系組事務所の存在等について、質問を2月定例会でさせて頂きました。↓

2010年3月24日 (水) 代表質問「安全で安心なまちづくりについて」

そして、具体的な動きについてのニュースであります。

【以下転載開始】--------------------------------------

暴力団排除へ条例案 県警、年度内制定目指す

2010年4月10日 中日新聞

県警は、暴力団を排除するため暴力団に協力する行為を規制する条例案制定の検討を始めた。暴力団事務所に利用されると知りながら不動産取引することを禁止するなどして、暴力団を孤立させる。2010年度内の制定を目指す。

条例案の制定は昨年2月、警察庁が取り締まりを強化する指定暴力団山口組の3次団体だった淡海一家(大津市)が直系組織になったのがきっかけの一つ。淡海一家の構成員は約60人とされるが、小規模段階での壊滅を最大の目的としている。

4月から全国で初めて条例を施行した福岡県を参考に案を練っている。現段階の案では、不動産取引の規制のほか、教育施設周辺での事務所開設を禁止し、罰則規定も議論する。福岡県では、地上げや借金の取り立てに暴力団を利用した利益供与や暴力団事務所への不動産譲渡に、1年以下の懲役または50万円以下の罰金を科している。

関係業界との協議や県民アンケートで具体案を検討する。県暴力団追放推進センターも県内の暴力団情勢をまとめたリーフレット5000枚を配り、県民ぐるみの運動を展開する。

県警組織犯罪対策課の担当者は「現在ある暴力団対策法は組員の行為を取り締まるが、条例は暴力団にかかわる事業者を規制する。事務所を開設させないことで組織自体を排除できる」と話している。県内では県警が14団体、約250人の暴力団組員や準構成員を把握。県外組織に所属し県内に居住する組員らも百数十人いる。

(曽布川剛)

【転載終わり】-----------------------------------------

220412

よろしくお願いします。

宮尾 孝三郎

2010年4月11日 (日)

すべてが偽情報であるとは限りません

今日は、読書の勧めであります。

220411_0004

フォーリン・アフェアーズ リポート 2010年 No.4

複雑系の崩壊は突然、急速に起きる(ニオール・ファーガソン)』の記事は、米国外交問題評議会(CFR)のレポートであるという点に意味を見出すと、非常に味わい深いものがありました。

220411_0002

↑「GEQ(Great Earth Quake)」は、ミステリー本扱いでありまして、作者も『この物語はフィクションである。』と冒頭で述べておられます。しかし、『登場する人物、団体、地名にはできる限り実名を使用し、主幹となるエピソードはすべて事実に基づいている。その他の匿名の人物、団体、創作の部分に関しても、すべてに実際のモデルが存在する。それでもあえて、この物語は概念においてフィクションである。』とあり、帯にあるように、事実の積み重ねをした結果の“真実”“概念においてフィクション”であるとしている点は、作者の警戒心の表れと見ます。

220411_0005

↑「鳥インフルエンザの正体」は、2006年1月に初版であり、少々古い本であります。しかし、現在進行形のベトナムのH5N1型ヒト感染を知れば、H1N1型で終わらない不条理をいまに伝えてくれます。

それにしても、CFRの情報発信には、“ドキリ”とさせられました。

上記とは全く関係ありませんが、大津市も今週“ドキリ”とすることが起きそうです。

宮尾 孝三郎

2010年4月10日 (土)

陸上自衛隊大津駐屯地入隊式

本日は、大津駐屯地に所在する“第109教育大隊”の新隊員入隊式が行われました。

220410

↑入隊式後、中隊に戻る1個区隊

男女あわせて約400名の隊員は、4月に着隊したばかりで、まだ10日前後の教育しか受けておりませんが、国歌斉唱の際は体育館の中に割れんばかりの大斉唱が響き、申告や服務の宣誓は非常に力強く、「教育は自衛隊にあり」と強く感じさせる儀式でありました。

自衛隊には“活模範(かつもはん)”という言葉があります。

教官や班長は、起床から消灯まで一挙手一投足、すべてが新隊員にとって模範そのものであります。

活模範により躾(しつけ)からこころの持ち様に至るまで、新隊員は影響を受けていきます。

家庭の躾が特別に厳しい人たちだけが自衛隊に集まっているわけではありません。入隊するまでのその素養は十人十色でありますが、尊敬できる教官や班長の下で感化されていき、統一された水準に自分の身を置くことがすぐにできるようになります。感化されていく過程そのものが価値ある教育と感じています。

銃授与式や10キロ行進訓練、25M射撃と、これからの2週間ほどでいままで体験したことのない別世界に突入していきます。

そして、6月下旬には、みちがえるような変化が待っていることでしょう。

5月23日(日)には、大津駐屯地で「中部方面混成団・大津駐屯地創立記念日行事」が行われます。一般開放しておりますので、彼ら新隊員の成長の過程をみていただければと思います。

【ご案内】------------------------------------------

中部方面混成団・大津駐屯地創立記念日行事

日時:平成22年5月23日(日)10時~15時(駐屯地開放は9時~15時)

場所:陸上自衛隊大津駐屯地

主要行事

10:00より記念式典

11:00より空挺降下・新隊員による自衛隊体操・模擬戦等

その後、戦車・ヘリコプター・装備品等の展示やジープ試乗・体験乗船・文化展等

当日は、公共交通機関あるいは、自衛隊のシャトルバスをご利用ください。

220410_0002

宮尾 孝三郎

2010年4月 9日 (金)

旧志賀町域のバーベキュー(BBQ)可能施設の紹介

今日は、先日のブログ記事「2010年4月 5日 (月) 大津市管理施設でのバーベキュー(BBQ)行為について」の資料的な記事となります。

上記リンク先記事には、大津市営放牧場と比良げんき村がバーベキュー可能な市営施設とお知らせしましたが、民間施設等でバーベキュー可能施設を大津市観光振興課さんがお教えしてくれましたので、ここで紹介したいと思います。

比良とぴあ・・・2010年度比良とぴあBBQ開催 4月25日(日)~ 9月26日(日) お一人様3000円~ 入浴代込み 飲み放題+1500円 屋根付き屋外広場(雨天ok) 3日前までに予約下さい。時間12時~20時

次に夏期営業している施設の紹介です。
7月初旬より8月末までの営業予定

・今宿浜・・・問合せ先:さかえ荘 077-594-0182

・和邇浜・・・志賀観光協会:077-592-0378

・松の浦・・・山村旅館:077-592-0948

       松の浦キャンプセンター:077-592-0139 

・青柳浜・・・青柳キャンプ村:077-592-1173

・近江舞子・・・南小松公民館:077-596-0033

        近江舞子夏期事務所:077-596-0520

・北小松・・・南小松水泳場:077-596-0913

       北小松水泳場:077-596-2220

つぎに、私が検索していて見つけた施設の紹介です。

CARMEL・・・077-596-1355

宮尾 孝三郎

2010年4月 8日 (木)

理解がすすむことを期待しています

本日、午前は大津市立小学校の、午後は中学校の入学式でありました。

それぞれに感じるところはございましたが、感化・影響されていない今のところ白紙のような児童・生徒を見ますと「良くない影響を受けないように」と願った次第であります。

さて、今回地域の小学校のPTA会長を拝命しまして、祝辞を述べさせて頂きましたが、私なりのお祝いの言葉でありますので、ここで紹介しておきたいと思います。

小学校PTA会長祝辞↓

【以下掲載開始】--------------------------------------

新一年生のみなさん、入学おめでとうございます。

今日からは、みなさんは小学生です。小学校は、みなさんが将来大人になっていくための基礎を身につけるところです。

みなさんが将来、日本(にっぽん)の国のためにがんばるために、校長先生をはじめ先生方の教えをよく守ってしっかり勉強してくださいね。

また、元気に体を動かして体力をつけることもとても大事です。体育の授業や休み時間には、おもいっきり体を動かして、たくましい子どもに育ってくださいね。

そして、優しい気持ちで毎日すごしてください。

今日お見えのお父さま、お母さま方には、お子さまのご入学を、心からお喜び申し上げます。

先ほども申しましたように、小学校の教育は、児童の人格、学力、体力の基礎をつくるためのものです。

ご家庭でのこれまでの生活により、しつけをしっかり身につけてこられたと思いますが、その基礎の部分は、木に例えるならば幹の部分であります。学校教育は、しっかり根ざした幹から、枝が伸び、葉が広がり、実がなるように力をつけるところであります。

子どもの力を伸ばしていくには、家庭でのしつけがなにより大事です。これからも、その年代に見合ったしつけを実践していただきたいと思います。

また、地域のみなさんには、安全で安心な環境づくりにご尽力いただいておりますが、我々お父さん、お母さんが本来、主体となってがんばって頂きたいと思っているところでありますので、ぜひともお力を頂きたいと思います。

最後になりましたが、校長先生をはじめ先生方には、よりいっそうのご指導・ご尽力を賜りますようお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。

平成22年4月8日
長等小学校PTA会長 宮尾孝三郎

【掲載終わり】----------------------------------------

今までのを聞いておりますと「友だちをいっぱいつくって、楽しい学校生活を・・・」といった祝辞の傾向が強いと感じていましてので、自分の言葉で伝えることの出来る今回の機会は、非常に大事なチャンスでありました。

学校は、何をするところでしょうか?友だちをつくる所かもしれませんが、それは副産物であります。

本来、学校は勉強するところであります。そして、何のために勉強するのか、といったそもそも論でありますが、大きくは、日本に生まれ育った子ども達が将来の日本を背負って、持続可能な社会を実現するためにあると思うのであります。

これを「国粋主義者の戯言」というのは簡単ですが、では「日本のために」という人間が一人も育たない社会で、“日本”という国は存在しえるのでありましょうか?

私は、あえて勉強は「将来の日本を背負うためにするのだ」といいます。

日本語を話す民族が淘汰されれば、我々は終わるのであります。

宮尾 孝三郎

2010年4月 7日 (水)

大津のこれまでの航空事情について学びました

地方空港が苦戦中でありますが、大津には水上飛行機の歴史がかつてありました。

【以下転載開始】--------------------------------------

Kyoto Shimbun 2010年1月11日(月)

「天虎飛行研」開所式の写真発見 戦前・大津の水上訓練施設

戦前、大津市馬場にあった民間の水上飛行機訓練施設「天虎(てんこ)飛行研究所」の開所式を写した写真がこのほど、見つかった。期待に満ちた訓練生や駆けつけた市民が写り、当時の様子を伝えている。

写真を見つけたのは、研究所について調べている元陸上自衛隊員安藤敏行さん(60)=大津市大江7丁目。昨年10月、研究所を開所した故藤本直さんの息子の家を訪ね、アルバムに整理された約200枚の写真を見つけたという。

数枚の写真は「開所式スナップ」とラベルが付けられ、琵琶湖に浮かぶ水上飛行機や笑顔で集合する職員、祝福に駆けつけた当時の大津市長や市民の姿など、開所日の様子を記録している。

ほかにも、飛行機の前に集まった訓練生や船が浮かぶ琵琶湖上空を旋回する飛行機の写真など開所間もないころが写されていた。

天虎飛行研究所は、飛行技術や航空機の整備を学ぶことを目的に1935年6月2日、愛知県の飛行研究所で教官をしていた藤本さんが開所。多くのパイロットを育てたが、終戦後、米進駐軍によって取り壊された。

安藤さんは「青少年に『大空に向かって飛ぶんだ』という夢を与えたい。そのために戦後の民間航空の礎を築いた飛行場が大津にあったことを知ってもらいたい」と願っている。

【転載終わり】----------------------------------------

今日は、上記記事の安藤さんにお会いし、様々なレクチャーを受けてきました。

飛行艇や水上飛行機についてのお話を伺っていて、高校時代の記憶を思い出しました。

私の通っていた高校の通学路は、新明和工業航空機事業部青木工場の前を横目で見ながら通うコースでした。よく工場の前には着水した飛行艇がありましたし、授業中も窓の外には、優雅に飛行する飛行艇の姿があり、その魅力については体験済みです。

今日のお話を伺っていて、「琵琶湖にも戦前、戦時中、そして昭和38年から昭和48年まで遊覧飛行の水上飛行機があったし、現代の湖上交通や観光にも“ナンバーワン”ではなく“オンリーワン”の可能性があるのではないか?」と強く感じた次第です。

地方空港は非常に苦戦を強いられておりますが、このまま航空産業が衰退するのではなく、新明和の技術を駆使し、島国にふさわしい国内航空環境を構築するということに可能性があるのではないかと見ます。

観光庁としても、“オンリーワン”を誇示できるアイテムとなるのではないでしょうか?

『関西国際空港に到着された海外からの観光客を、飛行艇で琵琶湖まで遊覧飛行をかねてお運びし(飛行時間20分程度)、そこから陸路京都へ』といった、安藤氏のアイディアは、目からウロコでした。

宮尾 孝三郎

2010年4月 6日 (火)

びわこサイエンスパーク3者協定

びわこサイエンスパークに動きがありました。

【以下転載開始】--------------------------------------

Kyoto Shimbun 2010年04月06日(火)

サイエンスパークに競走馬育成施設 大津市ら3者協定、開発着手へ

大津市伊香立の「びわこサイエンスパーク」で事業未着手だった開発エリア約71ヘクタールについて、開発を担当する民間企業と市、土地を企業に売却する独立行政法人「都市再生機構」(UR)の3者が6日、競走馬育成施設などの整備事業着手に向けた協定を結んだ。

市役所で協定調印式が行われ、3者の関係者が出席した。開発を担う民間企業「里山郷働」の後藤繁樹社長が「競走馬施設を中心に、環境と福祉、観光をテーマとして整備し、地域活性化と雇用創出につなげたい」とあいさつ。井上俊生副市長も「事業が市北部地域の活性化の核となると期待している」と述べた。

計画では、URから売却される土地と民有地を含めた約71ヘクタールで、競走馬育成施設を中核施設として建設し、その後、乗馬クラブが入る観光牧場や老人保健施設を整備する。後藤社長によると、競走馬育成施設は2012年度に200頭の飼育規模でスタートさせる方針。今後10年程度ですべての施設整備を終えたいとしている。

【転載終わり】---------------------------------------

ということで、記事に注釈的なリンクをつけさせて頂きましたので、あわせてご覧頂きますと、より味わい深い記事となります。

宮尾 孝三郎

2010年4月 5日 (月)

大津市管理施設でのバーベキュー(BBQ)行為について

春ですね。バーベキュー(BBQ)シーズン到来です。

大津市では、大津市が管理するすべての公園でのバーベキュー行為を禁止しておりますので、よろしくお願いいたします。

220405

↑この表示が、あってもなくても大津市の管理する公園でのバーベキューは禁止です。

ですが、昨年試験的におこなった“なぎさ公園”でのバーべキュー場の一時開設は、本年も行う予定としているそうですので、ここでお知らせしたいと思います。(詳しくは、“4月15日号広報おおつ”をご覧下さい。)

【以下お知らせ】---------------------------------------

(公式見解ではありますが、行政の文書ではありませんのであしからず)

大津市の管理するすべての公園では、たき火行為は禁止されています。

昨年、バーベキュー専用エリアを試験的に設けた湖岸の“なぎさ公園”も通常、たき火行為は禁止されています。

しかし、例年の春の行楽シーズンを中心に、バーベキュー客が後を絶たないことから、今年も市は4月29日から5月9日までの間、同公園内のサンシャインビーチ(同市由美浜)に専用エリアを設けます。

上記期間で、10時から16時までの利用となります。

今年も社会的実験というスタンスをとり、利用は無料とします。

昨年の教訓から、4月29日の試験的開設までに、洗い場の設置を予定しています。

【お知らせ終わり】-------------------------------------

くれぐれも、上記場所以外でのバーベキューはお止めいただきますようよろしくお願いいたします。

ちなみに、公園以外の大津市管理施設でバーベキューが楽しめる場所もありますので、ここで紹介させていただきたいと思います。

1 大津市営放牧場には、炊飯施設  (要予約)が5基ありますので、係員の利用案内に従いご利用いただければと思います。

2 大津市比良げんき村には、キャンプ場があり、日帰りの方も利用できます。

↑詳しく知りたい方は、リンク先のホームページを確認の上、直接電話してみてくださいtelephone

バーベキューに関する過去ブログ記事はコチラ↓

2008年4月29日 (火) 公園の風景

2008年5月18日 (日) 公園のあり方

2009年4月17日 (金) 公園での禁止行為を一部解除し、試験運用します

2009年4月29日 (水) なぎさでバーベキュー

宮尾 孝三郎

2010年4月 4日 (日)

市民センターの所管は市民部

4月1日より、大津市ホームページの公民館情報が新しくなっております。

22040401

大津市公民館のホームページ

ここで、私の一年前の質問をご覧いただければと思います。

【以下掲載開始】--------------------------------------

平成21年 2月定例会-03月03日-03号

◆6番(宮尾孝三郎議員) (登壇、拍手)それでは、一般質問、市民センター等の情報発信についてからお伺いしたいと思います。

最初に、この質問で使う市民センターとは、公民館のみの施設である和邇公民館、小野分館等を含んだ総称として使わせていただきますことをお伝えしておきます。

市民センターの情報発信は、回覧と、学区自治連合会月例会で自治会長が市民センターに集まったときの伝達事項がほとんどだと思います。本市における自治会加入率は平成19年度実績約70%で、地域によりましてはこれよりも少ないところもあります。特性として、若い人や賃貸コーポなどにお住まいの方で自治会未加入の傾向があると感じていますが、その方々への市民センターの情報はなかなか届く手段がないというのが現状であります。

市民センターといいましても、一つの建物で支所業務と公民館業務の二つの業務をこなされておりまして、支所業務は、戸籍及び住民基本台帳の届け出や給付などの申請、証明書の発行や、ガス、水道料金等のお支払いという窓口業務であり、公民館業務は、地域の特性、特徴を生かした各種学級、講座等の開催、グループ、団体活動への援助であります。市民の皆さんがお集まりになる主体は公民館にあります。

さて、大津市ホームページのトップページに、アンケートに御協力をお願いしますとあり、クリックすると、2009年2月28日までで回答受け付けを終了した和邇公民館利用に関するアンケートがありました。なぜ和邇公民館だけのアンケートなのかということも含めて、興味がわきましたので、クリックして回答してみました。和邇公民館では学区住民の方に幅広く御参加いただくために各種講座を開設しておりますが、より多くの方に御参加いただくためにアンケートを実施します、御協力いただきますようお願いします、担当和邇公民館とあり、6項目のアンケートでありました。そして、和邇公民館がもっと学区民に利用されるためには何が必要だと思われますかという設問が気になり、2月13日に和邇公民館をお訪ねしました。ここで嘱託職員の方にいろいろとお伺いさせていただいたのですが、決して利用者がないわけではなく、その日も活気ある状況を確認したところです。アンケートもとられて、活気もある、常によりよい公民館業務を目指しての御努力であると気づきました。
 ならば、公民館ごとにこのようなアンケートのようなものをとれば、地域のニーズに合った講座等の開催につながるのではないかと感じ、実際に市民センターの情報発信はどうなっているのか確かめるため、本市ホームページのトップページから市民センターのリンクをクリックしてみました。35の市民センターと三つの公民館がそれぞれ写真つきで紹介されていましたが、情報の発信箇所はどこにも見当たりません。クリックできる箇所は、それぞれの市民センターなどのメールアドレスと地図だけです。

今の時代は、若い人からシニア世代の方までインターネットを利用されるようになりました。それぞれの市民センターでホームページを持つというのは経費もかかるし、更新も大変だと思いますが、ほかの自治体での取り組みで公民館のブログというものを活用されているところが多くあります。ブログですと更新も簡単ですし、経費もわずかです。市民センターごとのブログがあれば、さまざまな情報発信ができます。行事予定、お知らせ、行事報告、議事録、担当者のつぶやきなど、自治会に加入していなくても地域の情報がそこから入手できます。そして、御自身がお住まいの地域の自治会について情報を得ることもできるでしょうし、行事に参加されることできっかけができて、コミュニティに参加していくことにもなるでしょう。このようなブログのリンクを各市民センターの情報欄に追加されますと、情報発信の新しい切り口になると考えますが、いかがでしょうか。

また、それぞれのブログに大津市の市民センター御利用の皆様へのアンケート御協力のお願いというリンクを張りつけて、クリックすれば大津市ホームページのアンケートに入ることができるなど、活用方法はアイデア次第です。本市は中核市となるタイミングでホームページのトップページのリニューアルを計画されていると聞いておりますが、新年度で、このような経費の余りかからない、努力次第で可能性が開ける新たなチャレンジを始めてみてはいかがでしょうか。

ちなみに大津市歴史博物館には、ブログ大津れきはく日記を公開されておりまして、ホームページでは紹介し切れない博物館の日常や情報をお知らせされております。ですから、できるという前提で本市の見解を伺いまして、この項の質問を終わります。

◎澤村憲次 教育長  (登壇)宮尾孝三郎議員の御質問に御答弁申し上げます。

公民館の情報を発信する手段として、これまで公民館だよりやチラシなど、地域を限定した情報の提供に努めてまいりましたが、情報化の急速な進展の中、議員お述べのように、情報発信の一つの方策としてホームページやブログなどITを活用することもより有効な手段であります。そこで、まずは本市のホームページを活用して、公民館等に係る各種情報の提供を図っていきたいと考えております。そのため、新年度よりこれに向けた職員研修を行うとともに、管理運営の方法や情報発信の内容等についても検討し、充実してまいります。

なお、ブログの活用については今後の検討課題と考えております。

以上、私からの答弁といたします。

【掲載終わり】-----------------------------------------

私の質問を要約しますと・・・

1 市民センターの情報発信はどうなっているか?

2 ブログ等を活用し、より身近な情報を発信してはどうか。

3 アンケートの有効活用

といった3点でありましたが、今回の取り組みは市民センターではなくその機能の一部である“公民館”ホームページの開設というところで終わっております。

教育委員会としては、積極的に動いていただいておりますが、市民センターの所管は市民部であり、生涯学習のカテゴリーに含まれない地域コミュニティー活動に関しての情報発信が出来ていないことを指摘させていただいたわけであります。

“公民館”という文言を質問内で使ったら、「この質問は教育委員会が答えるべき」と短絡的に部長会議で決まったようでありますが、私の質問の趣旨が理解できなかったようであります。

ということで、市民協働という高尚な理念を打ち出された大津市。その所管は市民部であります。そろそろ市民部も本気を出して頂きたいと思うところであります。

宮尾 孝三郎

2010年4月 3日 (土)

木戸市民センター

本日は、「木戸公民館・北消防署志賀分署開所式」が木戸市民センター(旧志賀町役場)で行われました。

22040301

↑青で囲ったところが木戸市民センター(旧志賀町役場)。赤で囲ったところが平成22年3月31日16時59分まで活動を行っていた北消防署志賀分署

北消防署分署がこの度市民センター内(旧志賀町役場)に移動することとなりました。

22040302

↑上記写真赤枠内の旧志賀分署をGoogleマップのストリートビューより

22040303_2

↑コチラは同じくGoogleマップのストリートビューより、木戸市民センター(旧志賀町役場)の裏手に回りました。赤枠が消防施設の新駐車スペース

22040307

↑旧志賀町役場のときの公用車駐車場スペースが、消防用駐車スペースになりました。

ちなみに、北消防署志賀分署は、木戸市民センター(旧志賀町役場)の2階に新設されました。

22040304

↑北消防署志賀分署はこのように木戸市民センター内に設置され、平成22年3月31日17時より業務開始しております。

そして、その中の様子は・・・

22040305

↑かなり広々としております。

そして、この分署から駐車場への動線は・・・

22040306

↑分署入口を回れ右した外への通路を出てすぐであります。動線はシンプルで機能的であります。

さてさて、しかし非常に運用が難しい建物であります。といいますのも、つぎの写真をご覧ください。

22040308

↑この建物の名称は「木戸市民センター」であります。

この市民センターに、つぎの機能が店子(テナント)的に入っております。

・木戸支所(大津市市民部自治振興課)

・木戸公民館(大津市教育委員会生涯学習課)

・木戸老人福祉センター(社会福祉法人大津市社会福祉事業団)

・木戸つどいの広場にじっこ(NPO法人 子育て支援ネットワーク うりぼう)

・大津北消防署志賀分署(大津市消防局)

副市長によりますと、ここの建物の管理責任者は木戸支所長が行うということであります。

これだけの機能が入った市民センターは例外的であり、この際、大津市市民センター条例なるものを制定することにより、さまざまな水面下での案件に整合性がもてるようになるのではないかと考えます。

ちなみに、2階には自治振興課所管の研修室等がありますが、支所業務にあたるのかコミュティ業務にあたるのか・・・

木戸市民センターは、レアなケースで勉強のし甲斐がありそうですhappy01

宮尾 孝三郎

2010年4月 2日 (金)

“自由”と“楽(ラク)”は同義語ではありません

本日は、市民の方からご案内を頂きまして、自然食・自然療法研究家であられる東城百合子さんの講演を聴きに、びわ湖老人の家を訪ねました。

終戦時に20歳だったという東城氏は、戦前の教育を知っておられます。そして今を憂いておられました。

会場で「女性に生まれてよかったと感じている人は、手を挙げてください。」聞くと、全体の一割にも満たない女性の手しか挙がりませんでした。

日本の教育はだめになったと一般的によく語られますが、「家庭での教育がしっかりと幹となって育っているという前提で、学校教育により枝葉がついていくのだ。」という説を展開されました。

その家庭教育ですが、「“生活”という言葉は“生きる”ということそのもの。生きるために家を預かった女性は、掃除・洗濯・料理という手を動かす作業をします。これをしないのが“手抜き”です。」とバッサリ。

また、「“なぜ”の教育をしなさい。戦後の教育では“なぜ”を教えない。」と話題を切り替え、「小学校に入学するときに“みんなと仲よく勉強しましょう”とそこを強調して、何度もいうもんだから子どもたちはなぜ勉強するのか分からず初日を終えます。勉強はなんでするのですか?友達と仲よくするために勉強するのですか。違うでしょう。世の中の役に立つ人間になるために、国のためになる人間となるために勉強するのです。“国のため”というと現代社会では“国粋主義者”と謗りを受けますが、国のためになる人間がいなくなると国は滅びます。」

とても刺激的でためになるお話を2時間ぶっ通しで立ったまま講演されましたが、85歳とはとても思えない元気で声にハリのある超人のような方でありました。

最後に、とても刺激となった話を紹介しましょう。

「“自由”を選択するということは、その結果にすべて責任を負うという覚悟が必要です。また、“自由”を“楽(ラク)”と同義語と勘違いしている人がとても多いですが、“自由”とは何もかも自分で判断するということであり、誰のせいにも出来ません。その責は負わねばならないのです。」

わたしもいいかげんよい歳になりましたが、こんなに基礎の基礎を純粋に学べたことに感謝した1日でありました。

宮尾 孝三郎

2010年4月 1日 (木)

“危機管理体制”構築完了

本日から平成22年度が始まりました。

大津市に、本日より『危機管理部門』が設置されました。

詳しくは過去関連ブログ↓を参照ください。

2010年3月22日 (月) 二年越しにようやく実現 

そして、本日『大津市危機管理基本計画【暫定版】(H22.4.1)』により、空白なく危機管理体制が大津市役所全職域に構築されました。

220401

↑本日、会派に届けられた「大津危機管理基本計画【暫定版】」

本日午前には部長会により体制の確認がなされ、様々な段取りを経て、4月13日には政策監クラスを招集し、基本計画“暫定版”について協議を行い、“パブリックコメント”的な意見聴取を庁内で実施し、よりよい計画とする段取りになっているとの説明を受けました。

また、本日より大津市ホームページも更新されました。

220401hp

↑本日より大津市の危機管理部門のHPが公開されています。(総合防災課のリニューアル)

本計画には、デモや街宣などについての具体的な記述がありませんでしたのでその点について及び組織だった大がかりな不当要求などについても、意見交換を行いました。

通常の不当要求については、別組織で既対応済)

まあ、そのあたりは具体的に記述すべき事項ではありませんので、基本計画内に包括していると解釈するのが妥当でしょう。

4月1日の体制構築完了という、“危機管理”の名に恥じない滑り出しでありました。

宮尾 孝三郎

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ