« 二年越しにようやく実現 | トップページ | 代表質問「安全で安心なまちづくりについて」 »

2010年3月23日 (火)

中隊検閲相当の部局訓練

本日は、大津市都市計画部及び(財)大津市公園緑地協会大震災時対応行動訓練が、皇子山陸上競技場の一角で行われました。

22032301

これは、本市北部の花折断層を震源とした阪神・淡路大震災規模の地震が発生し、本市が大きな被害を受けた時、市民の安全、市民活動の早期回復及び業務継続のため実効性ある対応を職員が行うことが出来るかを検証し、震災時の防災体制にう反映させることを目的に実施されたものです。

参加者は
(1)都市計画部
(2)(財)大津市公園緑地協会
計約80名

関係団体
(1)(社)滋賀県建築士会大津支部
(2)(社)滋賀県建築士会湖西滋賀支部
(3)滋賀県宅地建物取引業協会大津・高島支部
(4)(社)滋賀県造園協会西地区

であり、予定された訓練内容は・・・

(1)都市計画部災害対策本部開設
(2)皇子が丘公園体育館等避難場所・避難所の調査確認
(3)市営住宅等都市計画部所管施設の被害状況・安全確認
(4)仮設住宅候補地の安全確認及び設営準備
(5)建築物応急危険度判定士、被災宅地危険度判定士受入れ

等であります。

で、レポートです。

雨のしとしと降る中のバッドコンディションでしたが・・・

22032302

↑都市計画部長が、すべき任務を下達します。

22032303

↑命令下達された職員らは、このあと明示されたそれぞれの任務に別れ、展開していきました。

22032304

↑仮設トイレ設置班の作業状況

22032305

↑解説板も設置されています。

22032306

↑コチラは、大津市道を塞いだ倒木に対する道路啓開訓練

22032307

↑道路啓開作業で切断された倒木を運搬します。

22032310

↑コチラは、土嚢作成訓練。オイル缶に土嚢を被せ、土を入れやすくしています。

22032312

↑コチラのテントの下では、炊き出し訓練

22032309

↑かまどで豚汁を調理中

22032311

↑手際よく配食します。

22032313

↑やや薄味(副市長談)ということでしたが、なかなかのお味ですgood

22032308

↑お湯も沸かしていましたが、これは何に使うかというと・・・

22032314

↑アルファ米用でありました。

22032315

↑各所に展開していた情報収集員が本部に帰ってきましたので、各所の報告及び部長の指示。

大津市では、毎年1回総合防災訓練を実施していますが、あれは総合訓練ですので、各部局の細部の動きはあまり訓練出来ていませんでした。

そこで都市計画部では、自らの所掌任務を確認・訓練・実証するため、このような部局単独の訓練を行いました。

陸上自衛隊で例えると、

連隊検閲=総合防災訓練

中隊検閲=都市計画部・(財)公園緑地協会大震災時対応行動訓練

ということになりましょうか?(陸上自衛隊第一線部隊にしかわからない表現で恐縮ですweep

今後は、福祉部局での災害時弱者をどのように援護するか、といった訓練もされる可能性がありますね。

このように、平時から想像力を働かせシュミレーションを繰り返しておけば、いざというときに有機的な活動になることは間違いありません。

非常に前向きな発想による取り組みでありました。

宮尾 孝三郎

« 二年越しにようやく実現 | トップページ | 代表質問「安全で安心なまちづくりについて」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二年越しにようやく実現 | トップページ | 代表質問「安全で安心なまちづくりについて」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ