« 市長、ご自愛くださいませ | トップページ | 比叡の森に実のなる木を植えよう »

2010年3月19日 (金)

虚脱感で幕を閉じた2月定例会

本日は、2月定例会の閉会日。

「議案第25号大津市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例の一部を改正する条例の制定について」についても議決されました。

その条例改正案の特徴を挙げますと・・・

(1) 埋立て等の許可を要する区域を旧志賀町域から市内全域に拡大し

(2) 埋立て等の許可を要する事業区域の面積を500㎡以上から3,000㎡以上に変更(緩和)し

(3) 埋立て等の面積にかかわらず、土砂安全基準(環境上の基準)に適合しない土砂等を埋立て等に使用することを禁止する

といったものであります。

我が会派 清正会・杣(しんせいかい・そま)は、隣接する京都と同じ面積基準の3,000㎡にすることで京都からの土砂流入が抑止されるという説明が理解できず、なお継続して審査することが必要であるとし、再度所管する委員会に再付託するよう動議しました。

この動議は賛成少数にて否決され、つぎに共産党が修正案の提案をされ、その修正案内容は、やはり“面積基準を3,000㎡以上と緩和することをよしとせず500㎡以上のままで市内全域に適用する”というものでしたが、それも賛成少数にて否決され、結果、執行部提案の原案が可決されました。(我が会派は反対)

そこで、湖誠会、市民ネット21、公明党、大志会に属する生活産業常任委員会メンバーが提出者となって、“議案第25号「大津市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例の一部を改正する条例の制定について」に対する付帯決議”が提出されました。

これについては、賛成多数で可決されました。

しかし、その内容はやはり面積規定に関して懸念を表明したものであり、“付帯決議”という大津市議会では今のところ認められていない方法をイレギュラーに使用したことから我が会派としては理解できるものではなく、反対をしました。

大津市議会は、「大津市議会会議規則」に基づいて議会運営をしていますが、

(条件の禁止)
第79条 表決には、条件を付けることができない。

とあり、その条文にはつぎの解説がついています。

○委員会の総意により必要なときは、委員長報告中に「希望意見」を付すのが例である。
(注)当市議会で付帯決議を希望意見に代えている。

とあります。

つまり、大津市議会で“付帯決議”は、現行では認められていないことになっています。

今回の議会で付帯決議を行いたいのであれば、議会運営委員会でその適用について協議する必要がありましたが、この度はそのような機会はありませんでした。

結果として、付帯決議は可決されたのでありますから、これを先例とし議会運営委員会で今後の取り扱いについてしっかり協議することが必要であります。

また、我が会派の主張すなわち継続審査は、「原案可決ありき」の会派に敬遠されましたが、ここで過去の事例を紹介しておきましょう。

昭和48年12月定例会4日目の教育厚生常任委員長報告から・・・

「次に議案第132号大津市の生活環境の保全と増進に関する条例の制定については、15日午後より深更(しんこう)に及ぶ長時間を要し84条にわたる広範な議案を逐条的に精査、討議を行ない引き続いて昨17日においても、8時間余にわたり慎重にかつ精力的に審査いたしました。

もとより本条例の制定については、単なる公害防止条例にとどまらず、大津市環境保全基本条例の理念にのっとり、公害の防止ならびに快適な生活環境の保全および増進を図るため、必要な事項を定めることにより、市民の健康を確保し、もって市民福祉の向上に寄与することを目的とする時勢に沿ったものであり、本条例の早期制定の必要性は、全委員ひとしく認めるところであるが、仄聞するところによると、基本的条例である議案第131号が、総務常任委員会で審議された経緯もあり、それおも考察して、本条文中、十数ヵ所について問題を含んであり市民により密着した条例の制定を願い、さらに鋭意全力を傾注し、可及的速やかに問題点を解明するとともに、次期定例会を待つことなく、臨時会を要請する等により、一日も早く本条例の制定を図るためこの際、なお審査の必要があるとの意見があり、採決の結果、多数をもって継続審査にすべきものと決しました。」

昭和48年というと、我が会派の谷祐治議員がご誕生になられた年でありますが、その当時の議員はまさに議員の鑑であります。

我が会派清正会・杣もその精神に則り、継続審査の必要性を訴え続けましたが、理念は今の議員各位には届きませんでした。

非常に残念でありますが、これが議会であります。

長い2月定例会でありましたが、虚脱感で幕を閉じました。

宮尾 孝三郎

« 市長、ご自愛くださいませ | トップページ | 比叡の森に実のなる木を植えよう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 市長、ご自愛くださいませ | トップページ | 比叡の森に実のなる木を植えよう »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ