« 予備自衛官訓練招集出頭 | トップページ | 大津市議会に関心のある市民の皆様へ »

2010年2月14日 (日)

国家におけるブランドイメージ

トヨタのリコール問題で、我が国のブランドイメージがダメージを受けています。

『メイド イン ジャパン』 という響きは、製品の信頼度に“日本”という国家ブランドが連動するのであります。

日本製の製品の信頼度が高ければ、“日本”という国家ブランドイメージも向上しますが、日本製の製品の信頼度が低下すると、“日本”という国家ブランドイメージも低下します。

ブッシュ前米国大統領は、「悪の枢軸」というフレーズで、国家の善悪のイメージを定着させることに成功しました。

国家ブランド指標という“ものさし”は、ポジティヴにもネガティヴにも作用します。

この事件をターニングポイントに「メイド イン ジャパン=信用ならぬ」という代名詞になりはしないか、心配しています。

宮尾 孝三郎

« 予備自衛官訓練招集出頭 | トップページ | 大津市議会に関心のある市民の皆様へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 予備自衛官訓練招集出頭 | トップページ | 大津市議会に関心のある市民の皆様へ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ