« 宗主国で起こっていること | トップページ | 代表質問の骨格は出来上がり! »

2010年2月19日 (金)

瀝青の精製により、鯨油のシェアは失われました

日米豪安全保障って、効力あるんでしょうか?

アメリカは、エコテロリストを野放しはおろか協力していますし、オーストラリアはエコテロリストを支援しています。

【以下転載開始】--------------------------------------

捕鯨中止、応じなければ日本提訴へ…豪首相明言

【シンガポール=岡崎哲】オーストラリアのラッド首相は19日、地元テレビに対し、日本が南極海での調査捕鯨中止に応じなければ、今年11月の次期捕鯨シーズン開始までに国際司法裁判所(本部=オランダ・ハーグ)に提訴するとの考えを表明した。

同首相はこれまでも「国際法廷への提訴も辞さない」と繰り返してきたが、時期を明言したのは初めて。ラッド首相やスミス外相は、20日に豪州入りする岡田外相との会談でも、提訴の方針を伝えるとみられる。

ラッド労働党は2007年総選挙の公約で「日本の調査捕鯨をやめさせるため、国際法廷で違法性を訴える」との立場を表明。政権発足後も、国際捕鯨委員会(IWC)などで「クジラの生態を科学的に調べるために殺す必要はない」と主張する一方で、日本の捕鯨船団への過激な抗議活動を繰り返してきた米国の反捕鯨団体シー・シェパードに国内の港湾施設の利用を容認してきた。

最近は、日本の捕鯨継続方針に変化がないことから、年内にも実施される総選挙を前に、豪州国内の野党、自由党や緑の党などは提訴に踏み切らないラッド政権の姿勢を「公約違反」として突き上げを強めていた。

(2010年2月19日19時54分  読売新聞)

【転載終わり】---------------------------------------

ウィキペディアでシーシェパードは、学習しておきましょう

【以下、部分転載開始】-------------------------------

シーシェパード (Sea Shepherd Conservation Society) は、生態系と生物種の保全を名目とした団体のひとつであり、「世界の海洋における野生生物の棲息環境破壊と虐殺の終焉」を目指して活動する国際非営利組織。アメリカ合衆国ワシントン州フライデーハーバーに本部を置く。視点によってはエコテロリストグループとも言える。

オーストラリア政府は、与野党共同でシーシェパード支援を表明している。ピーター・ギャレット環境相(反捕鯨担当)は元グリーンピースの理事。イアン・キャンベル元環境相は現在シーシェパードの国際諮問委員に就任している。

【転載終わり】---------------------------------------

1850年ごろにアメリカで開発された灯油(瀝青より精製)によって、アメリカ捕鯨鯨油はまったく太刀打ちできないようになり、1846年には735隻を数えた捕鯨船は、1876年にはわずか39隻に激減しています。(部分引用:日本開国)

乱獲していた白人達は、いつのまにか罪を忘れ、すべてを無駄なく資源とする日本の捕鯨をかつてのジャップ狩りの代わりとしているかのように見えます。

テロとの闘いに、米豪政府は協力いただけないものでしょうか?

宮尾 孝三郎

« 宗主国で起こっていること | トップページ | 代表質問の骨格は出来上がり! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宗主国で起こっていること | トップページ | 代表質問の骨格は出来上がり! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ