« 見る、見つめる、見極める | トップページ | 堺市行政視察 »

2010年1月31日 (日)

“密約問題”難航の様相

2010年1月 2日 (土) 真相は、外務省サイトで で紹介した“密約問題”の続報です。

【以下転載開始】---------------------------------------

密約調査、提出は2月下旬=有識者委

時事通信社(2010/01/26-21:58)

岡田克也外相は26日夜、日米間の核持ち込みなどの「密約」問題を検証している有識者委員会座長の北岡伸一東大教授と外務省で会い、作業の進ちょく状況の報告を受けた。北岡氏は関連文書の分析にさらに時間を要するとして、報告書の取りまとめは2月下旬になるとの見通しを示した。外相は「将来の検証に耐え得る報告書を出してほしい」と了承した。

有識者委は当初、1月中に報告書を取りまとめる予定だった。 

【転載終わり】-----------------------------------------

難しい作業です。

偶然かもしれませんが、リコール問題でトヨタやホンダが北米で潰されそうですから(ハイブリッド部門のリーダーシップを握るトヨタと双頭をなすホンダ。フォーリンアフェアーズレポート2010年1月号のCFRミーティングで、すでに今回のシナリオが読み取れます。)、この駆け引き(密約問題)は命がけになりそうだという感想を持っております。

しかし、国民はこの際真相を知りたいと思っています。

引き続き密約問題には、全力を尽くして頂きたいと思います。日本の将来の為にも・・・

宮尾 孝三郎

« 見る、見つめる、見極める | トップページ | 堺市行政視察 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 見る、見つめる、見極める | トップページ | 堺市行政視察 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ