« 一般質問速報 | トップページ | 質疑・一般質問3日目 »

2009年12月 8日 (火)

民業圧迫

本日は、我が会派から小松明美議員が登壇し、「リユースセンターについて」質問されました。

詳しくは、小松議員のブログをご覧いただければと思いますhappy01

ここで基礎的知識sign02

リデュース(減量・減らす)、リユース(再使用・繰り返し使う)、リサイクル(再循環・再資源化)と三つあわせて3R政策が現代社会に求められています。

さて、大型ゴミが出されていて、「おっ、これはまだ使えるし、持って帰って使おっhappy01」って、これもれっきとしたリユースでありますが、大津市廃棄物の処理及び再利用の促進並びに環境の美化に関する条例 第29条の5(市又は市から委託を受けた者以外の者は、市が行う定期収集を受けるためにごみ集積所に排出された物を収集し、又は運搬してはならない。)違反になる恐れがあります。

その行為をした場合、第29条6(市長は、前項の規定に違反してごみ集積所に排出された物を収集し、又は運搬した者に対し、これらの行為を行わないように命ずることができる。)にも引っかかります。

たまに、大型ごみ処理手数料券を貼ってある大型ゴミを持ち帰るひとを見ますが、所有権は大津市にありますので、お控えくださいhappy01

さて、目片市長の選挙のときのマニフェスト

『「(仮称)リユースセンター」を設置します。
廃棄物の再資源化を推進するため、収集した大型ゴミ等のうち再利用可能なものを修理しリサイクルのルートに乗せるとともに、市民に省資源をPRするためのリユースセンターを整備する。既存施設の活用を検討(事業費:1,200万円)』

と、市民にお約束されていますので、大津市執行部は実現に向け、様々な取り組みを行っていますが、民間に同様の事業を生業(なりわい)とされている事業所があります。私の住む西大津エリアにもそのような店構えが国道沿いに存在します。

民に出来ることは民でやるのが常識

民には出来ないこと、あるいは民が行うにはなじまない、あるいは不採算であるが誰かがやらねばならないことなどが行政の仕事となります。

小松議員もこのような趣旨でお話しておられます。

リユースセンターに限らず、民業圧迫は避けねばなりません。大津市の財政はそのような事業の存在を許すほど健全ではなくなってきています。

今後とも、このような視点で政策・施策・事業を精査してまいりたいと思います。

宮尾 孝三郎

« 一般質問速報 | トップページ | 質疑・一般質問3日目 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一般質問速報 | トップページ | 質疑・一般質問3日目 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ