« 一般質問「自律型公園の整備について」 | トップページ | 11月定例会閉会日のお知らせ »

2009年12月15日 (火)

交通対策特別委員会

本日は、交通対策特別委員会の所管事務調査を行いました。

視察場所

① 滋賀県警本部(通信司令室・交通管制センター)

② 国道161号浜大津地区交差点改良事業

滋賀県警は、その名のとおり滋賀県の所管でありますので、市議会が所管事務調査を行うことは、若干違和感がありましたが、交通渋滞対策について調査を行うということで、県警がどのような業務を行っているかを理解することは必要と自分自身納得しましたcoldsweats01

ず、DVD映像による通信司令室・交通管制センターの説明を受け、3階の通信司令室に向かいました。

通信司令室横には、ガラスで隔てられた見学室があり、そこで解説を受けました。

211215

↑通信司令室(撮影禁止でしたので、「滋賀県警察の広場」から転載ですcoldsweats01

“110番は県内のどこからかけても警察本部の通信指令室につながります。

通信指令室では、110番通報を受理すると同時に近くのパトカーや警察官に指令し現場に急行させます。”

という簡単な説明が「滋賀県警察の広場」HPにありますが、もうすこし詳しくお聴きした内容を紹介いたします。

上記説明のとおり、滋賀県内の110番通報は、すべてこの通信司令室に入りますが、110番を受ける職員は4名であります。スタッフは全部で6名で、24時間勤務であります。食事やトイレのわずかな時間を除き、基本的に24時間この部屋から出ることはないのだそうです。大変ご苦労様です。

110番は1日平均300件入りますが、雪の日だと400件を超え、びわ湖大花火大会の日だと500件を超えるそうです。この通報を4人で四六時中受けるわけでありますから、本当に大変であります。

通信指令室には、写真に写っている大きなモニターがありますが、カーロケータシステム(無線自動車動態表示システム)により警察車両(パトカー)が現在どこを走行しているかの位置情報(GPS)を表示します。

このカーロケータは全パトカーに搭載しているわけではありません。大型セダン型には搭載しているそうですが、駐在所にあるようなミニパトには未搭載だそうであります。

ですから、実際にモニターを見ていますと、滋賀県北部に位置情報はほとんど表示されませんでした。

また、京都府警とデータリンクを行っており、京都府警の位置情報も逐次モニターに表示されます。見ているときにも草津市内に京都府警のパトカーが表示されていました。

さて、4人の職員により110番が受理されるわけでありますが、その正面にもパソコンモニターが数台並びます。

受理内容は、モニターにタッチペンでメモすることができ、そのメモそのものを関係するパトカーに画像伝送することができます。同じように所轄署にも画像伝送できるとのことであります。

数台あるパソコンモニターのひとつは、地図情報が表示されていますが、住宅地図並みに拡大すると、パトカーの屋根番号も表示される優れものだそうです。

機材などはすべてリース契約で、地図情報は随時最新情報に更新されるとのことでありました。

また、119番に入る火事や交通事故情報も共有しているとのことでありました。

ぎに、同じフロアーにある交通管制センターについてレポートします。

211215_2

↑交通管制センター(撮影禁止でしたので、「滋賀県警察の広場」から転載ですcoldsweats01

“国道や高速道路など県内の主な道路の情報をテレビカメラや車両感知器などで集め、渋滞を減らし、スムーズな交通の流れをするため信号機を制御しています。

また、ラジオや交通情報板を活用し道路交通情報をドライバーの皆さんに提供しています。”

という簡単な説明が「滋賀県警察の広場」HPにありますが、もうすこし詳しくお聴きした内容を紹介いたします。

ここでは、4つの任務を行っています。

① 情報収集・・・超音波式車両感知器光ビーコンを用いて情報を収集します。

② 情報分析・・・情報収集で得られた渋滞情報を交通状況掲示板に反映し、パトカーや白バイあるいはヘリの現地情報を取り入れ、渋滞の原因を分析します。

③ 制御・・・信号機をコントロールします。具体的には、渋滞している道路の進行方向の青信号の表示時間や各信号の連携を調整します。

④ 情報提供・・・道路に設置している電光掲示板や可動式道路標識、ラジオの渋滞情報、光ビーコンの情報を東京のビックスセンターに送信し、カーナビに反映するなど、情報提供を行います。

ラジオの渋滞情報ですが、日本道路交通情報センターが交通管制センターのすぐ上の4階に位置し、大型モニターの情報をリアルタイムで確認し、実況します。(FM放送)

また、交通管制センターと同フロアでは、1620khzの路側放送(AM放送)にて合成の人間の声で5分おきに24時間渋滞情報を報知します。(滋賀県公安委員会所掌)

滋賀県下には2300の信号つき交差点がありますが、そのうち530の交差点情報が交通管制センターに入ることとなっています。

勤務体系でありますが、平日については、08:30~17:15までの勤務であり、翌日の勤務時間までは1人が日直につきます。また、土日も1人勤務となります。ただし、気象情報が注意報以上になった場合にはその際、2名体制になることとなっています。

ここまで、車中心のお話でしたので、歩行者について質問しました。

Q:歩車分離の交差点で、歩行者信号が青になって渡っても、渡りきらないうちに点滅する箇所があります。そのような情報も把握できる手立てがあるのでしょうか?

A:そのような歩行者情報は把握できないので、地元がそのような実情を地元警察署へ具申し、受理した地元警察署は県警交通管制センターへ「運用改善」書類を提出し、滋賀県警の決裁を受けられたい。そのような手順で改善されるものと思料する。

とのことでありました。

ぎに、国道161号浜大津地区交差点改良事業について、滋賀国道事務所さんから状況説明を頂きました。

211215

赤色に囲った部分を用地取得し、直進レーンを確保すると共に、黒の線で表示した右折をスムーズに行うことを目的とした工事でありますが、民主党政権に変わり、見通しに変化があったことから、当初の見積りから工期がずれるとのことでありました。

2112152

↑赤で挟んだ部分が用地取得予定エリア

さて、昼からは、議会運営委員会、広報編集委員会及び議会活性化検討委員会が連ねて開催され、様々な審議・決定を行いましたが、また別の機会に紹介させて頂きますhappy01

は、スカイプラザ浜大津で、クリスマスジャズナイトが行われました。

ヴォーカル・・・深尾多恵子

サックス・・・西村有香里

ピアノ・・・大友孝彰

スバラしい企画でありましたnote

その後、ちょいとパーンの笛によって、余韻に浸っていますと、深尾さんらミュージシャンが来店note

211215_2

↑ニューヨークから帰国中の深尾多恵子嬢。パーンの笛にて

店のローズ・ピアノで大友氏が演奏を始めると深尾嬢の歌声が店に響きますhappy01

Good Music に酔いしれる常連のみなさん・・・

素敵な浜大津の夜の過ごし方ができましたhappy01

宮尾 孝三郎

« 一般質問「自律型公園の整備について」 | トップページ | 11月定例会閉会日のお知らせ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一般質問「自律型公園の整備について」 | トップページ | 11月定例会閉会日のお知らせ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ