« 日米共同訓練終了 | トップページ | 総務常任委員会行政視察にまいります »

2009年10月20日 (火)

年次改革要望書2009の内容が気になります

もう、テレビでご存知の方も多いと思いますが、日本郵政社長の辞任表明です。

【以下転載開始】--------------------------------------

【西川氏辞任】会見速報「カメラは出てけ!」「民営化と隔たり」

2009.10.20 19:17 MSN産経ニュース

東京・霞が関の日本郵政本社1階で、午後6時半から始まった日本郵政の西川善文社長の辞任会見。西川社長は、緊張した表情で席に着き、記者団をちらりと見た。

《西川社長は、会見席を取り囲む数十台のカメラに対し、ジェスチャーで離れるように指示するが、激しいフラッシュを浴び、怒りの表情に変わる》

西川社長は「もう少し離れないと、会見しない」と怒鳴り声を上げる。

「カメラストップ!」と広報がなだめるが、西川社長はカメラマンに、「もう少し離れろ」と激怒した。広報が「ご協力お願いします」とカメラマンに再度要請し、会見は始まった。

《会見冒頭》

西川社長「私が本日、辞任の決意をしました。本日、体調が悪いので、すいませんが、亀井大臣(静香郵政改革担当相)から閣議決定されました基本方針について、説明を受けました。いくらかお聞きしていましたが…」

西川社長「カメラは出てけ!」

西川社長「ガチャガチャやられたら、頭の悪い私は混乱しますよ」

西川社長「話を続けます。この方針は、私が郵政民営化のためにやってきた、これからやろうとすることに大きな隔たりがあるものでございました。もはや、現在もこの職にとどまることは適切ではないと考えた次第であります。辞任表明を正式には28日の取締役会でその場で、辞表を提出したいと思っております」

《質疑応答に入る》

--なぜこのタイミングで辞任表明したのか。亀井大臣との会談の内容は

西川社長「会談は人事に関することが含まれているので、コメントをさしひかえたい。このタイミングというのは私がさきほど申し上げた通り」

《「体調が悪く声が出ません」と説明していたように、か細い声で答える》

--現在までトップとして郵政を率いてきた総括を

「この4年、後半は民営化となるがたいへん厳しいものだった。私の持っている能力、たいしたものではないが、それをはるかに超えるようなものであった」

《目が潤んでいるようにも見える》

「しかし社員の皆さんがよく協力してくれ、今日までやることができました。この間の業績その他やサービスレベルの向上であるとか、あるいはいろいろな面での品質の向上という面で相当程度の実績をできたとおもっています。そういう意味では思い残すことはありません」

《口を引き締める西川社長》

--見直しの方針についてのご見解は

「今後のことについては、その基本方針に込められていることについては、国の政策ですから、コメントすべきではない。これまでやってきたこと、これからやろうとすること、郵政民営化法の政府の信用を自らの力で、信頼を勝ち取ることのできる民業に変えようと。変革の中、上場させることで、わがくにを代表する企業グループにすると考えていた。今日、閣議決定された基本方針をみれば、おわかりかと思います」

--取締役を退任して、他の人に社長を(任せるのか)

「人事については、私から申し上げることはありません。亀井大臣を中心に人選を進めると理解しております」

--まったく違うところからの人なのか

「それも申し上げることではありません」

--かんぽの宿の問題発覚のときに辞めるという考えはなかったか

「かんぽについては、反省すべき点はあったが、不正な点は一切なかった。それが、辞任の理由になるとはまったく考えておりませんでした」

--特にこの1年、政府に翻弄された。政府のありかたは

「まあ、それは、あなたが経営トップなら、私が1週間でやめるのだから、とやかくいうことではない」

--役員報酬の一部返上もした。辞任を促されたのは理不尽ではないかとの声もある。やり残したことは

「もう、言えば切りがない。色々、ある。しかし、今もう、申し上げても意味がないこと。今後の方が決めればいい」

--今日、小泉さんとあったのか

「コメントできません」

--西川社長が進めてきた改革はどの程度が

「この長い道のり、どのくらいまで行ったとは言えない。会社の社員として、みなさん方がどうごらんになるかだ。やらなければならないことは沢山ある。大事なことは、何をやるかが大事だ」

--利用者のみなさんに対しては

「あの~私は、利用者に評価をされると、利用者によくなったと、あるいは、こういう評価をされることが、企業価値を上げることが向上につながる。もう一段高く進める必要がある。

「これにて、会見を終わりにしたいと。

《会見はわずか十数分で終了した》

【転載終わり】----------------------------------------

素晴らしく臨場感のある記事でありましたhappy01

で、これから大波小波(おおなみこなみ)が始まりそうです。

【以下転載開始】-------------------------------------

日本シリーズ始球式、ブッシュ氏で調整

最終更新:2009年10月16日(金) 2時12分 TBS News i

今年のプロ野球日本シリーズに野球の本場、アメリカから大物ゲストが来ることになりそうです。来月3日に来日し、始球式を行うことで調整中なのが、ジョージ・ブッシュ前大統領です。

今月31日から始まるプロ野球日本シリーズで、アメリカのブッシュ前大統領が始球式を行うことで調整が進められていることが、関係者への取材で明らかになりました。

日本のプロ野球で歴代大統領が始球式を務めるのは、1989年の日本シリーズ第3戦、巨人ー近鉄で始球式を行ったレーガン元大統領以来2人目です。

現時点では、日本シリーズ出場をかけたクライマックスシリーズが終了していないこともあって、日程などは決まっていませんが、ブッシュ前大統領は、来月3日に来日し、始球式に登板できるよう調整を進めているといいます。

大統領と始球式をめぐっては、第34代アイゼンハワー大統領、第35代ジョン・F・ケネディ大統領など、時の大統領がメジャーリーグ開幕戦の始球式を務めるのが慣例となっていて、第40代大統領だったブッシュ前大統領の父も、マウンドから投球を披露しました。

「カーブを投げようとしたけど、早く曲がりすぎた」 (ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領

また、政治的にもたびたび利用され、2006年には当時イラク政策に批判を受けていたブッシュ前大統領が、イラクで負傷した兵士を伴って登場。テロとの戦いの支持を訴えました。

日本の総理も、日米双方へのアピールの場として、代々、メジャーリーグのマウンドを活用。始球式は今や、日米外交の象徴的役割を果たしていますが、その一方で、今回、ブッシュ前大統領の始球式が実現した背景には、日本プロ野球コミッショナー、加藤良三氏の存在が大きいとされています。

加藤氏は去年、コミッショナーに就任する以前、6年半にもわたって駐米大使を務めた人物です。無類の野球好きとして知られていて、メジャーリーグの始球式を8回も経験しています。かつて球団オーナーを務めていた経験のあるブッシュ前大統領とは、野球談義に花を咲かせるほどの仲だといいます。

「野球といえば、ほかでもないブッシュ大統領です。会うといつもベースボールの話題がでます。プロ野球チームのオーナーであった以上に野球を愛しておられます」(加藤良三コミッショナー、駐米大使時代の文章)

「日本のプロ野球が敗者になってはいけない。やはり勝者になるべきである。コミッショナーとしての、できる限りの責任を果たせるようにしたい」(加藤良三コミッショナー、去年6月)

就任直後、日本のプロ野球についてこう語っていた加藤氏。ブッシュ前大統領の来日は来月3日です。来日中は、始球式のほかに、親交のある小泉元総理との面会が予定されているといいます。(15日18:58)

【転載終わり】----------------------------------------

なかなか、とんちの効いたコメントがさりげなく挿入されていますdanger

つまり、こういうことですね↓

211020_0001

211020_0002

↑日本人記者でもこのようなシャレを効かす事、あるんですねぇ

時期的には、そろそろ『日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく日本国政府への米国政府要望書(通称 年次改革要望書)』が出される頃でありますが、なんだか難しい舵取りをわが国の民主党政権はせねばならないようです。

宮尾 孝三郎

« 日米共同訓練終了 | トップページ | 総務常任委員会行政視察にまいります »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日米共同訓練終了 | トップページ | 総務常任委員会行政視察にまいります »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ