« 年次改革要望書2009の内容が気になります | トップページ | 総務常任委員会行政視察1 »

2009年10月21日 (水)

総務常任委員会行政視察にまいります

明日から、一泊2日で行政視察に行ってきます。

☆総務常任委員会行政視察

■22日(木)

 ◆愛知県豊田市

  1 入札制度と品質確保に向けた取り組みについて

   ▽公共工事の発注にかかる総合評価方式の取り組み

    △取り組みの概要及び変遷について

    △総合評価方式の導入による効果について

    △今後の課題について

(コメント)大津市でも、入札者から技術提案に関する資料の提出を受け、価格以外の要素と価格を総合的に評価して落札者を決定する総合評価落札方式(簡易型)を一部で採用しております。

  2 防災行政無線の整備について

   ▽防災行政無線のデジタル化の整備及び効果等

    △整備の概要、スケジュール及び事業費等について

    △整備後の効果(予測)について

    △課題、問題点等について

(コメント)大津市国民保護計画には「市は、武力攻撃事態等における迅速な警報の伝達等に必要となる防災行政無線等の整備を図る。また、デジタル化の推進や同報無線の充実及び可聴範囲の拡大を図る。」とあり、過去の議会でも質問がありましたが、重要性を認識しつつも、いまだ防災行政無線の整備ができておりません。

また、同報系防災行政無線が整備されていない大津市では、全国瞬時警報システム(J-ALERT)も当然配備できません。

ちなみに、滋賀県でJ-ALERTをすでに配備している市町は、長浜市、栗東市、野洲市、湖南市、高島市、東近江市、米原市および西浅井町であります。

■23日(金)

 ◆静岡県静岡市

  1 男女共同参画推進条例の制定について

   ▽男女共同参画推進条例の制定における効果及び課題

    △条例の概要

    △条例制定後における効果等(市民の反応等)について

    △今後の課題等について

(コメント)このテーマは、その名のとおり男女の性別に関することに偏る傾向がありますが、大事なのは仕事と生活の調和であります(ワークライフバランス)。人口減少化時代に突入した今、持続可能で確かな社会とするためには、女性や高齢者の就業参加が不可欠でありますから、働き方の多様な選択を可能とする仕事と、生活の調和を実現することが重要であります。

  2 自主防災会(活動状況)について

   △自主防災会の活動状況について

   △自主防災会の活動に対する支援策について

   △今後の課題等について

(コメント)大津市においても、自主防災会の設立が進み、大津市による設立補助等も確立しておりますが、その補助金の使い方は多様であります。破壊工具に充当する防災会もあれば、備蓄食糧に充当する防災会もあります。私が属する長等学区の場合は、その多くを無線機に充当しました。

大津市のように南北に長い市域形状では、北と南で当然地域特性が違ってきますから、それぞれの自主防災会のキャラクターも違ってきて当然であります。

また、静岡市と大津市が違うのも当然でありますが、静岡市のように地震に対する備えのレベルの高い地域を視察することで、気づきがあればと思います。

ということで、明日のブログはお休みします。

宮尾 孝三郎

« 年次改革要望書2009の内容が気になります | トップページ | 総務常任委員会行政視察1 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年次改革要望書2009の内容が気になります | トップページ | 総務常任委員会行政視察1 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ