« 二項道路 | トップページ | 宇宙は、安全保障にシフトします »

2009年9月16日 (水)

国道161号バイパス

本日は、各特別委員会が開催され、私は「交通対策特別委員会」の所管事務調査にまいりました。

西大津バイパスは、現在4車線化の工事を行っており、その進捗状況の確認を行いました。

現在、18工区と呼ばれる藤尾南ランプから南志賀ランプの間のうち、藤尾奥町付近から近江神宮の下を通る宇佐山トンネルまでの状況は、視察に使ったマイクロバスが走行できるくらいの進捗でありました。

21091600

↑車窓より、トンネル出口付近を臨む

平成22年には完成し供用開始できるとのことでありました。

----------

つぎに、16工区と呼ばれる下阪本ランプから坂本北I.Cまでの間でありますが、現在橋脚が建設されている状況でありました。

平成24年には供用開始できそうだとのことでありました。

----------

つぎに、志賀バイパスでありますが、橋脚を建設したり、道路の高さに土を盛ったりという作業を行っている様子を確認しました。

21091601

↑車窓より、志賀バイパス橋脚建設状況を臨む

21091602

↑車窓より、掘れば花崗岩がいくらでも出てくる現場の状況を確認

コチラの工事は、諸事情で工期が遅れ気味とのこと。

----------

そして、最後に北小松駅付近の拡幅工事の説明を現地で受けました。コチラは、工事開始予定が平成23年になるとのこと。

----------

このように、京都東インター付近の西大津バイパスから始まる国道161号バイパスの各工事が無事に終わると整備前には「大津市~木ノ本町」の約80kmに約100分かかるところを、整備後は約60分で行くことができるようになります。

----------

平成17年8月に無料化された国道161号バイパスは、県外の利用者が増え、一般国道161号線(したみち)は地元の方が近距離利用するという、振り分けが見事に行われました。

これまで、福井方向は、アクセスに時間がかかる状況でありましたが、小松拡幅まで終了すると、北陸が格段に近く感じるようになります。

安全で、確実な工事をお願いいたします。

宮尾 孝三郎

« 二項道路 | トップページ | 宇宙は、安全保障にシフトします »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二項道路 | トップページ | 宇宙は、安全保障にシフトします »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ