« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

議会広報研修会

本日は、“滋賀県町村議会議長会”主催の「第33回町議会広報研修会」に出席してまいりました。

場所は、彦根のグランドデュークホテル

講師先生は、広報コンサルタントの深沢 徹 氏

ちなみに、大津市でも、おおつ市議会だよりが発行されていますが・・・

210930

このような広報紙は、町村議会ぐらいの規模で効力を発揮するようで、本日参加されていた町議会さんで特に多賀町の広報紙はすばらしい出来でありました。

大津市の広報紙もなかなかの評価を頂きましたが、町議会の皆さんのところは、議員が各ページを担当して作り上げておられるのに対し、本市は、議会事務局さんがたたき台を作られたのを議員の編集委員が見て意見するという、議員が作り上げるシステムとはなっていない点が、大きく違うところであります。

講師の深沢さんの講義内容はすばらしく、目からウロコの話ばかりでありましたので、大変参考になりました。

さて、この本日の成果を、大津市議会広報編集委員会でどう生かすことができるか?

滋賀県町議会議長会のみなさま、本日は大津市を快く受け入れてくださり、このようなチャンスを頂きましてありがとうございました。

宮尾 孝三郎

2009年9月29日 (火)

決算特別委員会に向けた資料熟読と資料分析

本日も昨日に引き続き、ほとんどの時間を決算資料の分析に当てております。

今日は、過去の資料にさかのぼって、決算推移を見ております。

乱暴な見解ですが、予算で組まれた計画を執行した証が決算書でありますから、途中経過がどうであれ、市政に貢献した結果ならマルです。

しかし、法治国家ですから当然ルールがあります。

ルールをしっかり守ったうえでの成果なら、文句なしのマルですが・・・

今回も疑問点が少なからずありますので、納得いくまで分析を進めてみます。

宮尾 孝三郎

2009年9月28日 (月)

決算特別委員会に向けて

10月2日から決算特別委員会が始まります。

21092801

私は、一般会計特別委員会に属する委員で、つぎの日程で審査いたします。

21092802

決算というものは、既に使われたお金について審査を行うわけですから、認定しかねる使途や方法があって会派として不認定をしたとしても、お金が戻ってくるわけではありません。

が、その審議に臨むにあたり、さまざまな資料請求をさせていただきましたし、審査日程中の執行部とのやりとりにおいて、来年度の予算執行のあり方に一定の緊張を与えることができます。

ということで、日中に行った会派ミーティングでの議論を思い出し、いまも請求した資料の分析を行っています。

分析という作業は、楽しいものですhappy01

宮尾 孝三郎

2009年9月27日 (日)

防災訓練 after 市政報告会

本日は、平成21年度大津市総合防災訓練が行われました。

谷議員の自家用車に同乗させていただき、主会場の伊香立小学校へ出発する前に、長等市民センターを訪ねました。

210927

↑8時ごろに伺いましたところ、長等自主防災会の方が無線の準備をされているところでした。

さて、伊香立会場へ到着すると、避難訓練に合流しました。

21092701

↑避難訓練の様子。

訓練は、概ね発災から時系列で行われました。

21092702

↑レスキューによる人命救助の様子

21092703

↑トリアージの様子

21092704

↑近隣自治体から、救援物資を輸送戴いております。これは鈴鹿市

21092705

↑同じく、奈良市

21092706

↑救援物資は、イオンリテール株式会社が搬入された「災害時の救援大型テント」に運ばれました。

21092707

↑奈良市から援助いただいた救援物資

21092708

↑各方面から、救援物資が届いています。

21092709

↑ちなみに、展開前の「災害時の救援大型テント」は、持ち運びに便利な大きさ

21092710

↑災害時に水は生命線です。

今日一番勉強になったのは、この給水支援の水についてであります。

この給水車に蓄えられる水は、消化栓から採るのだそうです。消化栓は水道管から導かれていますので、飲料水そのものの水が出るとのことでした。

また、「もつのは3日」とよく言われますが、水道水は、100%滅菌できているわけではないので、塩素が菌と戦うと、塩素が徐々に失われていきます。銃撃戦で敵と戦うといずれ弾切れになります。そんなイメージです。

そのうち、塩素の抑止力よりも菌の繁殖力が勝ることとなります。その限界ラインが3日目なのだそうです。

大変勉強になりました。

------------------

会場には、私の元職場の皆さんも来て頂いておりました。

21092711

↑大津駐屯地からは中部方面混成団、第109教育大隊、第4陸曹教育隊が参加

21092712

↑そして、今津駐屯地からは第3戦車大隊が・・・

21092713

↑子どもたちに大人気でしたhappy01

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

さて、15時からは、浜大津は丸屋町商店街内「大津百町館」にて清正会・杣(しんせいかい・そま)の市政報告会を開催しました。

4人の議員の市政報告の後に、フリートークの時間を一時間以上設けましたところ、ご来場の市民の方々から、非常に活発なご意見・問題提起を頂き、今後の参考に是非させていただきたいと思います。

また、市民と我々議員とのキャッチボールだけでなく、ご来場の市民の方同士の意見交換も活発にしていただき、とてもよい雰囲気でありました。

今までは、広い会場でかしこまって実施しておりましたが、我々の会派のキャラクターからいって、今回お借りした百町館ぐらいのスペースで車座になって報告会をするほうが、あっているようです。

今後も、回数を増やしていき、できるだけ多くの市民の皆様に市政報告をさせていただければと思います。

ご来場のみなさん、どうもありがとうございました。

宮尾 孝三郎

2009年9月26日 (土)

野外活動日

本日は、地域の小学校の運動会が開催されました。

新型インフルエンザが流行しておりますので、運動会も08:45の時点の患者数が延期の基準に満たなかったことから、予定通りの開催となりました。

暑く、日差しの強い一日でありましたが、子どもたちはシルバーウィークで例年より短い練習時間という状況で、本番に実力を出して、非常にがんばっておりました。

特に6年生の組体操は、神秘的でもあり、多くの方が感動されていました。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

さて、夜は恒例のNPO法人西大津防犯定期夜間巡回活動が行われました。

15名+警察犬+警察犬指導手さんと、市役所職員さんが研修で2名来られました。

21092601

↑駅前に集合しているところ

21092602

↑商業地を巡回している様子

今日は、3班に分け

  • 皇子山総合グラウンド方面
  • 柳が崎湖畔公園方面(警察犬帯同)
  • 青色回転灯付巡回車で広域巡回

を巡回しましたが、青少年に声かけしながら早期帰宅を促し、ごみを拾い、違反はり紙の除去などの活動を行いました。

各班から異常なしの報告があり、今日も安心して眠れそうです。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

最後に・・・

10月1日号の「広報おおつ」の表紙をNPO法人西大津防犯が飾りましたhappy01

210926

はり紙の簡易除却を「ブロウクンウインドウズ理論」の実践として取り入れ活動しております。

宮尾 孝三郎

2009年9月25日 (金)

HAARPに関連する情報

NPO法人大気イオン地震予測研究会e-PISCO が、HAARPに関する情報をHPでアップしています。

↑HAARPに興味のある方のみご覧ください。

HAARP解説(ウィキペディア)

その内容は、『HAARPが電磁波を大正関東地震の震源域全体を照射していたが、徐々に南房総測定点のみに照射範囲を絞っていったようだ。・・・そのため、大気イオン値に影響が現れ、地震がおこる前兆と誤認した。』

という概要であります。

※過去関連記事はコチラ↓(理解が深まります。)

2009年9月21日 (月)ブラック・ブラント12号

宮尾 孝三郎

市政報告会のお知らせ

大津市議会 清正会・杣(しんせいかい・そま)は、市政報告会を開催します。

日時:平成21年9月27日(日)15時~17時

場所:大津百町館

21092501

↑大津百町館は浜大津界隈のナカマチ商店街の丸屋町商店街のなかにあります。

21092502

↑赤いラインが丸屋町商店街。左の黄色のラインが京阪京津線の電車道。

4人の会派メンバーがそれぞれに大津市議会での質問内容を中心に市政報告を行った後、お集まりのみなさんの質問、ご意見をお伺いいたします。

ご来場の際には、公共交通機関をご利用くださいtrain

ご来場をお待ちしておりますhappy01

宮尾 孝三郎

2009年9月24日 (木)

「国民の生活が第一」って、深い(意味深な)スローガンですね

本日は、外務省が発表した日米首脳会談の概要について、見てみましょう。

【以下転載開始)--------------------------------------

日米首脳会談の概要


平成21年9月23日

 米国東部時間23日午前9時10分(日本時間23日午後10時10分)より約35分間、国連総会出席のためにニューヨークを訪問中の鳩山総理は、オバマ大統領との間で日米首脳会談を行ったところ、概要以下のとおり(日本側:岡田外務大臣、松野官房副長官、藤﨑駐米大使他同席、米側:クリントン国務長官、ライス国連常駐代表、エマニュエル大統領首席補佐官、ジョーンズ国家安全保障担当大統領補佐官他同席)。

1.日米関係
 冒頭、鳩山総理より、自分の内閣でも日米同盟を日本外交の基軸として重視していく考えを伝達し、両首脳は日米同盟の一層の強化で一致した。
 地域の課題及びグローバルな課題についても、建設的で未来志向の日米関係を築き、従来にも増して協力の幅を広げていくことを確認した。
 日米安保に関し、鳩山総理より、日米安保体制はアジア太平洋地域の平和と安定の礎であり、日米安保を巡るいかなる問題も日米同盟の基盤を強化するかたちで、緊密に協力したいと述べ、引き続き緊密に協議していく こととなった。
 金融・世界経済に関し、両首脳は世界経済の回復を確実なものとし、またその持続可能な成長を実現するため、緊密に連携していくことで一致した。
 オバマ大統領より、11月の訪日を大変楽しみにしており、その機会を含め、今後何度も総理と会談を行っていきたい旨述べた。

2.アジア太平洋地域情勢
(1)総論
 鳩山総理より、日米同盟を基軸としつつ、アジア諸国との信頼関係の強化と地域協力を促進していく考えを伝えた。これに対し、オバマ大統領より、歓迎の意が表明され、日米で緊密に連携していくことで一致した。

(2)北朝鮮
 北朝鮮に関し、北朝鮮による核保有や核開発は容認できないことで一致し、六者会合がこの問題解決の最も有効な枠組であることでも一致した。鳩山総理よりは、米朝協議が六者会合の枠内で北の核放棄に資する形で行われることが重要であると述べ、拉致問題についても引き続いての支持を要請した。両首脳は、拉致・核・ミサイル問題の包括的な解決が重要であり、連携を一層強化することで一致した。

(3)インドネシア
 鳩山総理より、我が国はアジアに民主主義や人権といった普遍的価値を定着させることを重視しており、その観点からインドネシアのユドヨノ大統領が「バリ民主主義フォーラム」を推進していることを高く評価している、この取組を後押ししていきたい旨述べ、オバマ大統領より総理の発言に賛意を表した。

3.グローバルな課題
(1)気候変動
 気候変動問題に関し、鳩山総理より、すべての主要国による、公平かつ実効性のある枠組みの構築と意欲的な目標の合意を前提として、2020年までに1990年比25%削減を目指すことを伝達し、COP15に向けた国際交渉を進めるために、密接に協力していくことで一致した。

(2)アフガニスタン・パキスタン
 アフガニスタン・パキスタンの安定と復興はテロの撲滅と世界の安定に関わる重要な課題であることで一致した。鳩山総理からは、日本としても自らの問題として、民生支援、農業支援等の日本のでき得る復興支援に積極的に取り組んでいくことを伝達した。

(3)核軍縮・不拡散
 核軍縮・不拡散に関し、鳩山総理より、オバマ大統領と「核兵器のない世界」を追求するとの目標を共有している、大統領のプラハ演説に多くの日本国民は感激した、明日予定されている安保理サミット開催に向けた貴大統領のリーダーシップに敬意を表すると述べ、核軍縮・不拡散分野において日米が緊密に協力していくことで一致した。

【転載終わり】----------------------------------------

と、あります。自公政権にも増して、日米同盟を一層強化することを約束されました。

ちなみに、日米同盟とは「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」通称“日米安保”を指します。

要するに、『軍事同盟を日米外交の基軸とし、その関係をこれまでより更に強化するとおっしゃった』ということであります。

---------------------------------------------------

ウィキペディアでは、米軍が日本に駐留し続ける事の意義を次のように記述しています。

ホワイトハウスのダナ・ペリノ報道官は2008年2月13日、「米国はどこに居ようとどこに基地を持とうと、それはそれらの国々から招かれてのことだ。世界のどの米軍基地でも撤去を求められているとは承知していない。もし求められれば 恐らく我々は撤退するだろう」と述べた(「恒久的基地は世界のどこにもない」AFP通信電)。これは即ち、日本国民が、日本の政府に自民党・公明党などの与党を国政選挙を通じて選択することで、即ちこの条約の継続を求めたと米国が解釈していることを意味する。

ただし、世界的には、米軍自身が戦略的に必要と考える地域で現地の国民が駐屯に反対した場合には、駐留と引き換えの経済協力を提案し、あるいは反対勢力には経済制裁や対外工作機関(中央情報局など)による非公然活動(スキャンダル暴露や暗殺など)、場合によっては軍事介入などのさまざまな妨害をちらつかせ「アメとムチ」を使って駐留を維持するとされるという説もある。

---------------------------------------------------

アメリカの見解は、昨年冒頭に示されており、在日米軍基地問題を抱える自治体では、承知されている内容でしょう。

民主党政権が、「国民の生活が第一」のスローガンを実行するためには、日米軍事同盟の更なる強化が必要、という考えであることがわかりました。

宮尾 孝三郎

2009年9月23日 (水)

平成21年度有害鳥獣捕獲指導研修会

本日は、「平成21年度有害鳥獣捕獲指導研修会」を兼ねた「第16回安全狩猟射撃大会」が社団法人滋賀県猟友会大津支部主催で行われました。

45名の参加者が京都笠取国際射撃場に集まり、大津支部長の法規類の改正等各種座学が行われ、その後射撃大会に移行しました。

猟友会の射撃大会は事故防止のために銃に慣れるのが目的にあり、記録や勝敗が目的ではありません。

ちなみに、私が参加した競技は

  • 標的射撃(スラッグ弾10発 試射5発、競技5発)
  • トラップ射撃(散弾7.5号 2ラウンド)

であります。

私の銃は、実猟銃ですので、トラップ射撃には不利といわれています。結果はいまいちでしたが、銃口管理や装てん時期、競技の進行など基礎の部分がしっかりしている猟友会の大会ですから、大変勉強になりました。

ちなみにスラッグ弾を撃ち込んだ標的は、コチラ↓

210923

↑、黒い穴が、弾着痕。この穴の直径は18mmにもなります。

自衛隊時代に撃っていた64式小銃の7.62mm口径の2倍以上であり、反動もかなりキツ目でした。しかも、依託射撃ではなく、完全なる立射姿勢でありますから、非常に難しく感じました。

シルバーウィーク初日の19日に、乗鞍岳バスターミナルで男女あわせて9名がクマに襲われる事故がありましたが、警察官の所持している38口径の拳銃では、クマは仕留めることが出来ません。

猟友会は、ライフル銃や上記スラッグ弾を撃つことが出来る猟銃を保持していますから、このような事故が発生すると出動要請されます。

猟友会は、大津支部で90名ほどの勢力でありますが、高齢化が著しく、若返りが期待されています。しかし、長崎でのスポーツクラブ乱射事件そして秋葉原通り魔事件と銃刀法に関連する事件が相次いで発生したことから、銃の所持は格段と厳しくなり、有害鳥獣駆除など行政事務にも影響が出てきています。

本日も、大津市産業観光部農林水産課鳥獣害対策室から職員が射撃場に来られ、有害鳥獣対策についてお話を頂きましたが、このままですと、見通しが暗いと感じています。

大津支部の母体、滋賀県猟友会は、昭和4年に発足し、当初農作物生産地になくてはならない存在でありましたが、大津の農業が衰退すると、それに比例し、猟友会も高齢化が進んでいったようです。(つまり新規入会者が減少)

しかし、野生のシカをはじめとする鳥獣害は、猟友会の高齢化と比例するように増加しており、若い力が必要になってきています。

この記事を読んで、興味をもたれた方、是非滋賀県猟友会HPへアクセスしてみてください。

ちなみに、今日の射撃大会はベテラン揃いで素晴らしい成績ばかりでありましたが、若い人の活躍もあり、嬉しく思っている次第です。

最後に、日頃の運営から、大会の企画・準備・当日の役員配置・撤収と、猟友会役員の皆様には大変お世話になっております。また、会員の皆さんお一人おひとりも、人格優れた方ばかりであり、皆様の日頃からのご努力に大変感謝しております。

本日は、ありがとうございました。

宮尾 孝三郎

2009年9月22日 (火)

平成21年度大津市姉妹都市訪問団01

大津市議会は、本年も姉妹都市訪問団による議員派遣を決定しました。(平成21年9月18日採決)

昨年は、中華人民共和国黒竜江省牡丹江市への友好都市訪問でありましたが、本年はドイツ連邦共和国バイエルン州ヴュルツブルク市への姉妹都市訪問及びバーデン=ヴュルテンベルク州ハイデルベルク市の先進行政施策の視察研修に参ります。

期間:平成21年11月2日から同年同月7日まで(6日間)

派遣議員:奥村功(市民ネット)、北村正二(湖誠会)、佐藤健司(湖誠会)、園田寛(大志会)、武田平吾(団長、湖誠会)、中野治郎(湖誠会)、濵奥修利(公明党)、間宮文徳(副団長、市民ネット)、宮尾孝三郎(清正会・杣)

以上、9名

----------------------------------------------------

姉妹都市・友好都市といいましても、実はほとんどの市民にはあまりなじみのないものであります。競艇場前から皇子山4面グラウンドにかけて「ヴュルツブルク通り」という名称の道路が、また由美浜に所在する「ドイツレストランヴュルツブルク」がありますが、これが親善都市に由来することを知る人は、33万人市民中、何人ぐらいでしょうか?

このたび、私も会派清正会・杣(しんせいかい・そま)を代表しまして、姉妹都市訪問及び先進行政施策視察研修に参加することとしましたので、その有益性について、そして市民のみなさまに報告できるよう務めてまいります。

宮尾 孝三郎

2009年9月21日 (月)

ブラック・ブラント12号

なかなか興味深い記事です・・・

【以下転載開始】--------------------------------------

2009.09.21 Web posted at:  14:50  JST Updated - CNN

夜空が突然明るく? 問い合わせ殺到の光は観測ロケット

(CNN) 米北東部マサチューセッツ州からニュージャージー州までの広い範囲で19日、空に不審な光を見たとの通報や問い合わせがテレビ局などに殺到したが、実体は米航空宇宙局(NASA)が打ち上げた観測ロケットだったことが判明した。

NASAは19日夜7時46分、バージニア州のワロップス飛行基地から高層雲の観測ロケット「ブラック・ブラント12号」を打ち上げた。このロケット打ち上げ時に発生した「夜光雲」が、空が明るくなった原因だった。

「夜光雲」は通常、裸眼では見ることができないが、日の出や日没前後に観測されやすい。今回のロケット打ち上げ時間が日没直後だったことから、広い範囲で見られたという。

【転載終わり】----------------------------------------

オーロラ現象のデータを集めるために発射された探測ロケットです。

全長18.5メートル、四段式で、かなり大型のロケットであります。

アメリカは、オーロラ観測がお好きですね。HAARPという施設もアラスカ他にありますが似たような施設は、日本にもある、かなり深刻な経済状況にある現在のアメリカで、国民生活にどのくらい関係するか分からないオーロラ観測を学術的に研究し続けるというのは、かなり勉強熱心というほかないでしょう。

ちなみに、学術的な施設であるというHAARPでありますが、兵器であると中国は、非難しています。

【以下、転載開始】-----------------------------------

【奧運(オリンピック).com】(1)至上命令!「雨を降らせるな」

2008.6.30 12:03

中国国内で行われている聖火リレーは比較的雨の日が少ないようである。読者は不思議に思わないだろうか?これが中国の「人工消雨」技術の成果なのかもしれない。特に北京市はこの7年の間、8月8日午後8時からの五輪開会式を晴天にするため、350万元(1元=約15円)を投入して実験を重ねている。開会式当日を100%晴れにすることは、南部の雪害や大洪水を防ぐよりも、重要な政治的任務なのだ。

気象操作は、中国気象局が制定した「2008年五輪開閉幕式人工消雨作業実験方案」に従って行われ、北京市気象局の主管となる。だが、実際に作業を行うのは軍だ。紅葉の名所で知られる香山などで、雨を降らすロケット弾を打ち上げる様子がテレビなどでもときおり公開されている。

人工消雨の原理は比較的単純だ。ヨウ化銀を搭載したロケット弾を上空1000メートルの雲に撃ち込む。爆発と高温でヨウ化銀はヨウ素イオンと銀イオンに分裂するが、雲の中を通る間に再結合してまたヨウ化銀に戻る。ヨウ化銀は氷の結晶構造とよく似ており、再結合するとき、雲の中の水分子とくっつき、氷の核がつくられるという。

1グラムのヨウ化銀は1015個の氷の核をつくり、これが地上に落ちて雨の滴となる。一般にロケット弾1発に11グラムのヨウ化銀を搭載し、1回に110発前後の砲弾を打ち上げる。1発の価格は56~88元だ。

このロケットを撃ち込む場所とタイミングによって、目的地以外のところで雨を降らせれば、目的地の雨雲は消える。たとえば天津や河北省で雨を降らすと、北京に流れ込む雨雲は減り北京は晴れになる-というわけだ。

過去30年のデータによると、8月8日の降水確率は47%、豪雨の確率は9%。閉幕日の24日の降水確率は25%。開会期間中は、平均すると3日に1度の割合で雨が降る。少なくとも開閉会式は100%晴れにすることが、北京市気象当局に課せられている。

この人工降雨・消雨が中国で最初に行われたのは1958年のことだ。吉林省が大干魃(かんばつ)に見舞われ、中国空軍が人工の雨を降らせた。それ以来、水資源が乏しい中国は、“龍神”を飼い慣らす野望にとりつかれた。

その後も気象操作研究は続き、90年代は毎年2億元を投入して、人工降雨用のロケット弾発射施設を全国に拡充した。21世紀に入ると確度が格段にあがり、2007年には上海のスペシャルオリンピックス、内モンゴル自治区60周年祝賀大会で人工消雨技術を利用したとされている。

しかし、中国が誇るこの気象操作技術については、懸念もある。ひとつは、環境への影響だ。ヨウ化銀は毒性があり、それを含んだ雨水が地上の水質や土壌に悪影響を与えないかどうか、議論の的になった。北京市気象局が最近発表した公式見解は「人工消雨に使用されるヨウ化銀は、1キロ平方メートル当たり0・5グラムと微量であり、環境に影響はない」というものだ。

次に、人工気象操作が、一部地域での集中豪雨など異常気象を引き起こすのではないか、という点だ。これについても定説はない。ただ、中国では今年2月の中南部の雪害や、6月に広東省、広西チワン族自治区を襲った暴風雨による水害など、大規模な気象災害が相次いで発生している。このため国民には「五輪のためなら人工消雨が可能なのに、なぜ南部の大雪や大雨が防げないのか」といった不満がある。

もう一つは、気象兵器の開発問題だ。中国気象局人工影響天気センターの郭学良主任は科学日報(3月31日付)で、米国の高周波活性オーロラ調査プログラム(HAARP)を気象兵器の開発だと批判。「(中国が行っている)人工降雨などは水資源開発だが、HAARPは異常気象を引き起こす」と警告した。

同紙は人工降雨に腐食性物質をまぜる「暴雨弾」などにも言及しており、各国の気象操作研究の背景には軍事利用の目的があることをにじませている。これに中国が含まれることは、言わずもがなだろう。

「あした天気にしておくれ」-。昔は、てるてる坊主をつって祈るしかなかったささやかな願い。北京五輪では、それを科学の力で実現できるかもしれない。

だが、もし自然をコントロールし、あまつさえ兵器に利用しようという人間のおごりがあるというなら、「五輪の開会式は雨でもいい」と思う人も多かろう。

(北京 福島香織)産経ニュース

【転載終わり】----------------------------------------

昨年の北京オリンピックで気象操作を繰り返し、日本の異常気象との因果関係も示唆されました中国の人口消雨ロケットでありますが、中国はアメリカ政府のHAARPを“気象兵器”であると抗議しています。

ちなみに、アメリカだけでなく、世界のあちこちにこの施設があります。

この→過去ブログをご覧ください。

また、別の活用と言う話もあります。ラウニー・リーナ・キルデ博士は1999年9月25日に「マイクロ波によるマインド・コントロール:人権とプライバシーを奪う現代の拷問とコントロールのメカニズム」という論文を発表されています。(英文はこちら

そういえば、昨年夏にロードショーされた映画「ハプニング」はこの問題を取り上げていたと思います。

ということで、学術的な研究は、いろんなことに応用され、活用されているというお話でした。

宮尾 孝三郎

2009年9月20日 (日)

新型インフルエンザ情報

danger重要な情報です。danger

【以下転載開始】--------------------------------------

新型インフル 小1女児が重症 大津

Kyoto Shimbun 2009年9月20日(日)

大津市は20日、新型インフルエンザに感染した同市の小学1年の女児(7)の症状が重くなり、市内の病院の集中治療室に入った、と発表した。女児に基礎疾患はなかったといい、現在は人工呼吸器をつけて治療を受けている。

市によると、女児は18日夜に38度台の熱を出し、19日午前中に自宅近くの医療機関を受診した。せきがひどく、呼吸困難の状態だったため、そのまま市内の別の病院に入院。肺炎と診断され、同日午後10時に集中治療室に入った。詳細検査の結果、20日に新型インフルエンザの感染が確認された。

市保健予防課によると、女児が通う小学校のクラスは、発症当日に学級閉鎖になっていたという。女児の容態については「病院からは『熱は下がってきているが、予断は許さない状態』と聞いている」としている。

【転載終わり】----------------------------------------

大津市新型インフルエンザ対策本部は、シルバーウィーク中のこの状況についてどのような策を講じられるのか、いまのところ情報がありません。

とりあえず、当該児童が通っていた小学校の児童の保護者さんは、行楽地など、人ごみは避けていただくなど、自己判断されるのがよいと、私見ながら思っております。

宮尾 孝三郎

2009年9月19日 (土)

軍事的に見る必要もあります

新型インフルエンザの対応は、これまで「暫定版」でありましたが、このたび正式に「大津市新型インフルエンザ対策行動計画」が策定されましたので、お知らせします。

この計画では、A/H1N1(豚インフルエンザウイルス)ではなく、A/H5N1(高病原性鳥インフルエンザウイルス)の対応を基本においています。

大津市新型インフルエンザ対策行動計画

ちなみに、過去関連記事はコチラ↓

2008年9月19日 (金)ある伝染病についての考察

↑この過去記事は、軍事的に見たものとなっていますが、生物災害は軍事技術でもあるということを忘れてはなりません。炭素菌がそうでしたよね・・・

炭素菌自作自演記事はコチラ↓

2008年8月 7日 (木)トカゲのしっぽ

また、スペイン風邪ウイルスは、アメリカ政府により再現されていたことも明らかとなっています。↓

2009年5月 4日 (月)スペイン風邪ウイルスは2005年時点で再現されておりました

↓ついでに、誰が儲かるかと言う視点も大事です。

2008年9月29日 (月)お金儲けのお話

ということで、少数派ではありますが、自衛隊経験者としてこのような思考もありますよという考察でした。

宮尾 孝三郎

2009年9月18日 (金)

平成21年9月定例会閉会

平成21年9月市議会定例会に提出された(平成20年度各会計決算の認定を除く)議案等が採決され、閉会しました。

市民生活を支える大津市執行部の仕事の根拠を審査し、確定する議会の任務も終了しましたが、このたびの9月補正予算の性質は、国の第一次補正予算関連が主であり・・・

  • 地域活性化・公共投資臨時交付金の活用
  • 国庫補助事業(公共事業)の追加配分の活用
  • 小中学校校舎の耐震化のさらなる推進
  • 地域情報通信技術活用推進交付金の活用
  • 緊急雇用対策

といった内容でありました。民主党政権となり、どうなることかと不安もありましたが、概ね地方自治体には影響が多くないという状況を仄聞し、安心しているところであります。

さて、次は10月に入ってすぐに行われる一般会計決算特別委員会及び特別・企業会計決算特別委員会の資料の熟読作業であります。9月25日には、請求させていただいた細部資料も入手できます。

国は、今までの膿を出して、日本の再構築をしていこうとされています。

地方も、国のその浄化作用を利用して、この際スッキリするべきところは、俎上にのせて再構築する良い機会になるのではないかと思っています・・・という思いを清正会・杣は持っていますhappy01

宮尾 孝三郎

ワシントンDCで納税者の抗議集会

日本では、取り上げられていませんが、ワシントンDCでものすごい規模のデモ行進が行われていたみたいです。

1.5 MILLION at DC Tea Party

march on washington dc 9/12 taxpayer march on dc tea party protest

これ以外にも、いっぱい動画がアップされています。

ワシントンDCにおける納税者の抗議集会です。現地時間で9月12日に行われた模様です。

----------

とにかく、何かがアメリカで始まった模様です。

【以下転載開始】-------------------------------------

米投資会社ロックフェラーのマクドナルドCEOが死去-拳銃自殺か

9月15日(ブルームバーグ):米投資会社ロックフェラーのジェームズ・マクドナルド最高経営責任者(CEO)が死去した。米マサチューセッツ州の検察当局によると、今月13日、乗用車の中で遺体で発見された。遺書などは見つかっていないが、当局は拳銃による自殺とみている。

マクドナルドCEO(56)は過去8年間以上にわたりロックフェラーを経営、1882年に石油王ジョン・ロックフェラーが創立した一族の資産管理会社だった同社を運用資産規模250億ドルの投資会社へと発展させた。

更新日時 : 2009/09/16 07:03 JST

Bloomberg

【転載終わり】---------------------------------------

DC Tea Partyって、ボストン茶会事件を意識している表現なのでしょうか?

宮尾 孝三郎

2009年9月17日 (木)

宇宙は、安全保障にシフトします

民主党政権、切れの良いスタートです。

注目は・・・

【以下転載開始】--------------------------------------

宇宙部局を内閣府に一元化=将来は独立組織に-前原担当相

時事通信

宇宙開発担当相を兼任する前原誠司国土交通相は17日午後、国交省での記者会見で、民主党の政策に従い、宇宙開発を担う行政組織を内閣府に一元化し、将来は独立した組織をつくる意向を明らかにした。ただ、一元化の時期については「行政組織にかかわることなので、いつまでにとは申し上げられない」と述べた。

宇宙開発を担当する組織は現在、内閣官房の宇宙開発戦略本部のほか、文部科学省や経済産業省などに分かれている。一元化の対象とされたのは、これら府省の宇宙担当部局と宇宙航空研究開発機構の企画部門。

一方、日本が有人宇宙船を開発すべきかどうかについては「独自に日本も(開発したい)、という思いは個人的にはある」としながらも、当面は国際宇宙ステーションの活用を通じて技術的なレベルアップを目指す考えを示した。(2009/09/17-18:20)

【転載終わり】----------------------------------------

ドストライクですね。

当ブログ、関連記事はコチラ↓

2009年4月 8日 (水) 核弾頭よりもクリーンです

で、ちなみに4月ごろにどんな動きがあったかというと・・・

【以下転載開始】-------------------------------------

「JAXA」内閣府に移管 宇宙開発 商業利用を加速
2009.4.22 20:23産経新聞

政府は22日、宇宙航空分野の研究・開発を行う文部科学省所管の独立行政法人「宇宙航空研究開発機構(JAXA)」を内閣府に移管する方針を固めた。かつて宇宙開発は学術目的に制限されてきたが、宇宙基本法が平成20年8月に施行され、安全保障や産業振興面での宇宙の開発・利用に大きく道が広がったことを受け、文科省の所管では限界があると判断した。産業界の積極的な参加を促し、ロケットや人工衛星の開発や商業利用に弾みがつくことが期待される。

内閣府への移管は5月末に策定する5カ年の宇宙基本計画に盛り込み、22年度からの実施を目指す。

河村建夫官房長官は22日、都内で講演し、「産業振興や安全保障などあらゆる面で宇宙開発の機能を強化するには文科省だけでは対応できない。国が責任を持ってやるには内閣府とJAXAが一体でやった方がよい」と述べ、移管により宇宙開発が飛躍的に進むとの見通しを示した。

JAXAは宇宙航空研究開発機構法で、目的を「基盤的研究」に限定されていることから、政府・与党内では「商業化の前提となるコスト削減や信頼性向上への意識に欠ける」などの批判があった。このため、政府・与党は宇宙基本法の施行を受け、付則3条の「施行後1年をめどにJAXAその他の機関を見直す」との規定に基づき、組織形態の見直しを進めてきた。

政府の有識者会議「宇宙開発利用体制検討ワーキンググループ」(主査・田中明彦東京大教授)は今月3日の中間報告で、宇宙開発・利用に関する内閣府の企画立案機能の強化を提言していた。

内閣府への移管により、文科、経済産業など各省庁がバラバラに行ってきた宇宙関連政策を統合し、大規模かつ迅速な宇宙開発が可能となる。産業界の意見も反映しやすく、積極的な参入を促すこともできる。

ただ、JAXAの予算は、21年度の宇宙関連予算3349億円のうち約6割(1918億円)を占めており、巨額な予算と権限を失うことになる文科省の抵抗も予想される。

【転載終わり】-----------------------------------------

で、その後雲行きが怪しくなりました・・・

【以下転載開始】--------------------------------------

JAXAの内閣府移管を断念 文教族が必死の抵抗

2009.5.20 23:49
5月末に策定される政府の宇宙基本計画の“目玉”とされた独立行政法人「宇宙航空研究開発機構」(JAXA)を文部科学省から内閣府に移管する計画が、文科省と自民党文教族の激しい巻き返しにより、断念に追い込まれた。H2Aロケット開発を行ってきたJAXAの移管による宇宙産業の発展に期待が高まっていたが、国益よりも省益を優先する政府・与党の体質は相変わらずのようだ。

宇宙開発はかつて平和利用に限定されていたが、昨年8月の宇宙基本法施行により、安全保障や商業面での利用が可能となった。

このため、政府は、平成21年度から5カ年の宇宙基本計画の策定にあたり、宇宙開発予算の6割を占めるJAXAの内閣府移管を検討してきた。活動目的を「基盤的研究」に限定されるJAXAを内閣府に移管すれば、産学官共同が進み、将来の宇宙開発で中心的な役割を担えると見込まれたからだ。

旗振り役の河村建夫官房長官は4月22日、都内で「宇宙開発の機能を強化するには文科省だけでは対応できない」と移管の意義を強調。防衛省や経済産業省、経済界もこの動きを後押ししてきた。

ところが、この直後から文科省が猛烈な巻き返し工作を始めた。塩谷立文科相は28日の記者会見で「今までの実績をみれば、JAXAはこれからも文科省の下で使命を果たしていかなければならない」と反対を表明。自民党文教族も「JAXAは統合から3年しかたっておらず、移管は時期尚早だ」「安全保障分野は防衛省でやればよい」と移管に激しく抵抗した。

文教族は森喜朗元首相、町村信孝元官房長官ら大物議員が多い。麻生太郎首相や河村長官ももともと文教族出身だけに推進派は厳しい立場に追い込まれた。

結局、推進派も「衆院選を前に党内でもめるのは得策ではない。一時撤退だ」(自民中堅)として基本計画に移管を盛り込むことを断念。野田聖子宇宙開発担当相は19日、こうした経緯を河村氏に報告した。

ただ、JAXAに対して「コスト意識に欠ける」「文科省の天下り先になっている」など批判は根強く、宇宙基本法の付則3条には「施行後1年をめどにJAXAその他の機関を見直す」との規定が明記されている。北朝鮮による長距離弾道ミサイル発射を受け、宇宙開発促進は喫緊の課題となっているだけに、JAXAの見直し論が近く再燃する公算が大きい。

【転載終わり】---------------------------------------

で、本質はどこにあるか、分からない方には・・・

前原さんですから、当然考えていることです。↓

宇宙太陽光発電(ウィキペディア)

ということです。核弾頭よりもクリーンです。

宮尾 孝三郎

2009年9月16日 (水)

国道161号バイパス

本日は、各特別委員会が開催され、私は「交通対策特別委員会」の所管事務調査にまいりました。

西大津バイパスは、現在4車線化の工事を行っており、その進捗状況の確認を行いました。

現在、18工区と呼ばれる藤尾南ランプから南志賀ランプの間のうち、藤尾奥町付近から近江神宮の下を通る宇佐山トンネルまでの状況は、視察に使ったマイクロバスが走行できるくらいの進捗でありました。

21091600

↑車窓より、トンネル出口付近を臨む

平成22年には完成し供用開始できるとのことでありました。

----------

つぎに、16工区と呼ばれる下阪本ランプから坂本北I.Cまでの間でありますが、現在橋脚が建設されている状況でありました。

平成24年には供用開始できそうだとのことでありました。

----------

つぎに、志賀バイパスでありますが、橋脚を建設したり、道路の高さに土を盛ったりという作業を行っている様子を確認しました。

21091601

↑車窓より、志賀バイパス橋脚建設状況を臨む

21091602

↑車窓より、掘れば花崗岩がいくらでも出てくる現場の状況を確認

コチラの工事は、諸事情で工期が遅れ気味とのこと。

----------

そして、最後に北小松駅付近の拡幅工事の説明を現地で受けました。コチラは、工事開始予定が平成23年になるとのこと。

----------

このように、京都東インター付近の西大津バイパスから始まる国道161号バイパスの各工事が無事に終わると整備前には「大津市~木ノ本町」の約80kmに約100分かかるところを、整備後は約60分で行くことができるようになります。

----------

平成17年8月に無料化された国道161号バイパスは、県外の利用者が増え、一般国道161号線(したみち)は地元の方が近距離利用するという、振り分けが見事に行われました。

これまで、福井方向は、アクセスに時間がかかる状況でありましたが、小松拡幅まで終了すると、北陸が格段に近く感じるようになります。

安全で、確実な工事をお願いいたします。

宮尾 孝三郎

2009年9月15日 (火)

二項道路

今日は15日、大津市都市計画部の「大津まちづくりニュース」の日であります。

みんなにわかる都市計画物語も今回で4話目happy01

今回は、二項道路がテーマであります。

リンクを貼り付けますので、クリックしてお勉強くださいflair

1話から3話までをご覧になられる方は、→ ココをクリック

二項道路の郷愁

1.pdf(934KB)


2.pdf(1139KB)

↑それぞれをクリックしてお楽しみくださいhappy01

今日も、大変勉強になりました。

宮尾 孝三郎

2009年9月14日 (月)

総合計画

本日は、大津市議会各常任委員会が開催され、総務常任委員会の委員として出席しました。

所管事務調査は、総合計画第2期実行計画(平成22年度~平成24年度)策定作業状況の確認を行いました。

自治体は、「総合計画」というものを定め、その「憲法的」な骨格をもとに、政策→施策→事業を行っていくわけであります。

総合計画は、次の根拠に基づいております。

地方自治法第2条第4項 市町村は、その事務を処理するに当たつては、議会の議決を経てその地域における総合的かつ計画的な行政の運営を図るための基本構想を定め、これに即して行なうようにしなければならない。

さて、つぎに大津市の総合計画ホームページを見てみましょう。

大津市ホームページ 総合計画

↑ここをクリックすると、次のことがわかります。

現行の大津市総合計画は、

  • 大津市総合計画基本構想
  • 大津市総合計画第1期実行計画「結(ゆい)プラン」
  • 大津市第4次国土利用計画

とホームページ上では、これら3つがセットで“総合計画”と、表現がなされています。

では、つぎに大津市第4次国土利用計画の根拠について示します。

国土利用計画法
(昭和四十九年六月二十五日法律第九十二号)
第二章 国土利用計画
(市町村計画)
第八条  市町村は、政令で定めるところにより、当該市町村の区域における国土の利用に関し必要な事項について市町村計画を定めることができる。
2  市町村計画は、都道府県計画が定められているときは都道府県計画を基本とするとともに、地方自治法 (昭和二十二年法律第六十七号)第二条第四項 の基本構想に即するものでなければならない

ということで、総合計画基本構想に即する形で国土利用計画を定めることが明記されています。

基本構想と実行計画を肉に例えるなら、国土利用計画は骨格であります。

骨格なくして肉は盛れないのであります。

本日、総務常任委員会で「骨格の存在が極めて薄い」と苦言を呈させて頂きました。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

そして、18時30分。今日は総合計画次期実行計画を検討いただいている市民委員会さんの会が催されるとのことで、傍聴にまいりました。

各委員さんは、非常に熱心に議論いただいたところであり、感謝申し上げますが、ここでも国土利用計画の存在を知ってご発言いただいているのか、いささか不安な進行でありました。

会が終了し、政策調整部事務局に「委員のみなさんは国土利用計画を知った上で議論されていましたか?」と尋ねたところ「議員ご承知のように、総合計画と国土利用計画は別の法律ですので・・・」といった返事が返ってきました。

「やはり!」現在の政策調整部さんは、総合計画を国土利用計画を別物と認識されているようです。

確かに総合計画基本構想は「地方自治法第2条第4項」を根拠としており、国土利用計画は「国土利用計画法」の定めによるものであります。

しかし、既に記述しましたように「国土利用計画は基本構想に即するものでなければならない」のであります。

「別の法律ですので・・・」という政策調整部の見解は、その通りです。しかし、その別の法律は、その法律同士により深く関連付けられているのです。

私がしつこくいう理由を、理解いただけましたでしょうか?

ちなみに、結プラン市民委員会委員さんに「国土利用計画」の認知について確認させて頂きましたが、ご存知ありませんでした。

市民委員会は、今日が最終回・・・

残念でありました。

*本市の「個性的でコンパクトなまちづくり」という視点は、国土利用計画中「新たな都市構造」を指しています。

逆説的にいうと、第4次国土利用計画を読んでいなければ、「個性的でコンパクトなまちづくり」は、理解できません。

宮尾 孝三郎

2009年9月13日 (日)

目片市政の広聴活動

大津市には、市民などから市政に対する意見や苦情、要望などを聞く広聴活動機能がありますが、ホームページでは平成14年2月からの取り組みをリニューアルし、平成20年10月より「市長への提言箱」を設置しております。

しかし、あまり活発に利用頂けていないようであります。本日までの状況を見ますと、そのホームページの最終更新日は、平成21年3月6日で停まっております。

210913

また、「市長とふれあいトーク」という、市長が地域に出向き行う広聴活動でありますが、コチラも平成19年10月22日を最後に、活動がストップしております。

210913

平成21年9月定例会で、わが会派の小松議員が、この件について質問したところ、執行部の回答は

『・・・最後に、市長とのふれあいトークについてでございますが、平成19年10月以降、当該事業へのお申し込みがないため実施いたしておりません。しかしながら、女性団体や経済団体等との懇談会も継続的に実施しておりますし、ふれあいトークについての希望がございましたら今後とも日程調整のうえ、実施してまいりたいと考えております。・・・』

という内容でありました。

市民は、学区要望などで自治連合会から担当部署へ伝達されることで、十分満足されているようです。

大津市には36学区自治連合会があり、その下に707自治会(91,618世帯)が存在します。その自治会等に大津市から報償金が毎年渡されておりますが、平成21年度当初予算額は98,904,000円(ざっくり1億円規模)であります。

また、36学区を統括する“市自治連合会”にも補助金が出ておりその額は3,000,000であります。

山田豊三郎前市長が完成された、見事なまでのヒエラルキーを誇る自治連合会が学区要望、報償金及び補助金という形で十分に機能しているのでしょう。現市長の広聴活動は現状で十分なようです。

※学区要望とは・・・各学区が抱える地域整備、環境改善などの要望について、各学区自治連合会などで取りまとめられた要望は、学区要望として担当部署へ伝達し、早期実現に努めるとともに今後の市政運営の資料として活用を図っている。

※数値については、すべて平成21年4月1日現在

宮尾 孝三郎

2009年9月12日 (土)

テロとの闘い≒クラッシュアンドビルド

昨日は、主にユタ州出身のアメリカ陸軍予備役兵のみなさんのことを記述しましたが、本日は“アメリカ海兵隊第2海兵遠征軍第2海兵師団第6海兵連隊” “アメリカ海兵隊特殊作戦軍海兵保安部隊大隊艦隊付き反テロ保安チーム(FAST)” の隊員をホームビジットに受け入れた際の話をしましょう。

平成15年当時、彼らは沖縄にいました。そして滋賀県での日米共同訓練が終わり、大津で日本の民間人と交流するホームビジットに参加されたのでした。

FAST「日本の自衛隊は、優秀だ。自衛隊と訓練できて光栄に思っている。」

と社交辞令から始まり、

6thMARINE「大学に行こうと思ったら、貧しい田舎だから、軍隊で国家のために働いて、国家の支援を受けないといけない。みんな無事に帰ってきたら、大学に行く。そのつもりで入隊する若者が多い」

と、豊かなアメリカしかイメージできない日本に住む私に衝撃の告白をしてくれました。

アルコールがだいぶ回ったところで(ひとり500ccの缶ビールを6本は飲んだと思います)テロとの闘いの話になりました。

私「先日は、ユタ州の予備役の皆さんが、イラクでの闘いのことをお聞かせくださいましたが、皆さんもイラクに行かれたのですか?」

FAST「我々は沖縄にいる。イラクにはいっていない。グローバルテロ戦争は、イラクに限ったことではない。我々は、主に洋上での人質救出を行う。」

FAST「君の制服(当時の私の制服)には、射撃徽章がついているが、上手いのか?」

私「300m先の固定的(こていてき、ターゲットのこと)に精密射撃を行います。7.62mm口径の自動小銃です。この徽章は特級を意味しています。」

と説明すると、姿勢をただし、私に敬礼をしてくれました。

FAST「我々は、人質となった人々を救出するために、訓練を行っている。だから、主に室内射撃の練習をしている。人質の背後に立つ犯人を射撃制圧する。人質役は教官だ。教官を傷つけないように、射撃する。ミスは一度もない。ミスをしたら、教官殺しになってしまうからね。」

私「教官に当たったら、どうなるのですか。」

FAST「絶対にミスをしない。訓練で失敗していたら、任務には就けない。」

私「テロとの闘いは、始まったばかりですが、早期に終わりそうですか?」

FAST「わからない。いま、このようにのんきにビールを飲んでいるが、君とも二度と会えなくなるかも知れない。」

6thMARINE「しゃべりすぎだ!それ以上しゃべるな。」

彼らは、20代前半でした。いまどこで何をしているのか、無事なのか所在をつかむことができませんが、ブッシュ大統領とその仲間が始めた“テロとの闘い”を実際に行っているのはそんな若者です。生き方にまじめで、みな将来像をしっかり持って、生真面目といってよいくらいの印象でした。

戦争というクラッシュアンドビルドが、まずしい田舎暮らしの若者の雇用先となっているという現実を聞き、アメリカの事情を少し理解できたような気がしました。

しかし、戦争は狂気であります。

『平和の維持』『クラッシュアンドビルド』“似て非なるもの”であります。

ブッシュ政権は、クラッシュアンドビルドを行っていたという印象を受けます。オバマ政権では、是非とも平和維持を行っていただきたいと思います。

狂気を味わった若者の行く末はベトナム戦争で学習しました。

日本民主党政権には、是非ともオバマ政権と、平和構築のあり方について深い議論を行っていただきたいと思います。

21091201

↑第6海兵連隊からのおくりもの。メッセージカードと“ぐい呑み”

21091202

↑第6海兵連隊から戴いた飾緒。自衛隊の場合、陸将補以上の地位にあるものしか着用できない。これは、第6海兵連隊から平成15年当時の陸上自衛隊第3師団長に贈られたものと同じもの。私の場合、ホームビジットを2回受け入れ、他の方にも多く紹介させていただき多数の受け入れ先を確保し、“米軍に極めて友好的な人”と評価されてのもの。「第3師団長以外には君だけだ」と言っていた。

宮尾 孝三郎

2009年9月11日 (金)

9.11

平成13年9月11日当時、私は陸上自衛隊第109教育大隊本部の人事陸曹をしており、官舎に帰るのは連日22時を回るような毎日を過ごしておりました。

その日も、いつものように戦闘服から第3種制服に着替え、帰宅準備を済ませ、スクーターに乗り、21時50分過ぎに営門を出、勾配のキツイ坂道の上にある寝床の官舎を目指しました。そのときはまだ、なにが起こっているのかなど知る由もありません。

官舎の扉をあけると家族が「お帰り」というかわりに「アメリカでたいへんなことが起こってるんやって!」と振り向きざまに告げました。短靴を玄関に脱ぎ、狭いリビングに入り、立ったままテレビに目を向けると、アメリカのどこかの超高層ビルが煙を上げている映像でありました。

「なにがあったんや」と聞くと、「飛行機がぶつかったみたい」と・・その返事を聞いている最中にその超高層ビルに隣接するもうひとつのビルに飛行機が突っ込むその瞬間を見ました。

「テロや!」とつぶやいたのを、今でもよく覚えています。

あとのことは、皆さんよく知るところですから、余分なことは書きません。

----------------------------------------------------

それから2年後、私はイラク帰りのアメリカ陸軍予備役兵5名と、別の日に沖縄海兵隊の2名をホームビジットに受け入れましたが、ユタ州出身の予備役兵の日本語が堪能な(彼女が日本人だと言っていた。)ひとりが通訳を買って出てくれ、その5名のうち一番年長者の曹長との会話を取り持ってくれました。

「マイク(曹長は私をこう呼んだ)、自衛隊はイラクに行くのか?」

その当時、まだイラク派遣は決定しておらずその旨を伝えたところ

「マイクは行くんじゃないぞ、話と違うぞ」

私は、とうとうイラクに行くことなく、自衛隊を退職しましたので、その曹長の言葉の意味を知りません。

しかし、彼らは本当なら6名でチームを組んでおり(Recon Combat Vehicle要員)でひとり来れずに残念だということを言っていましたが、強行偵察で「あの電柱より30ヤード先に行け。撃たれたら、敵の方向を確認して戻って来い。」という命令を受け、そのポイントに向けて前進したところ、十字砲火を受け、車両炎上の可能性が出たので、全員下車し、地面に伏せていたら、30分ぐらいで銃声が鳴り止み、そのうちの1名が様子を見るため地面に手をつき、上体を持ち上げようとしたところ、一発の銃声が鳴り、その1名は肩を撃ち抜かれたそうです。それからさらに日没まで2時間全員地面に伏せ続け、暗くなってから引き上げてきたのだそうです。

その曹長はさらに言いました。(左肩の刺青を指差しながら)「ココには、“この身は祖国のために”という意味の文字を彫っているが後悔している。あの戦争は、間違っている。」

----------------------------------------------------

9.11以降、「テロとの闘い」という新しい戦争の概念がグローバルスタンダード化されました。通常、戦争は国同士で対峙しますが、相手が国ではなく、武装集団であるとき、その武装集団に攻撃されることはあっても国を占領されることはありません。

戦争は、勝敗がついたとき講和に向けた話し合いとなりますが、テロリストが相手だと、講和はありえません。つまりテロとの闘いは、テロリスト集団を殲滅しないかぎり終わることはないのです。

終わりのないクラッシュ&ビルド時代が2001年9月11日に幕をあけたのです。

私は、9.11に関心を持ち続けています。風化は悲劇を再び呼び込みます。決して忘れないことを、皆さんにもおすすめします。

参考記事 2008年12月30日 (火) 悪役が悪者になる日

宮尾 孝三郎

2009年9月10日 (木)

クリンチは、反則技ではありませんから・・・

本日は、質疑・一般質問3日目。

10時開会の武田平吾議長冒頭の一言が印象的でした。

その発言趣旨は、議員の質問に対する執行部の答弁の声が小さく聞き取れず、不明瞭であったので、明瞭に答弁するようにといった趣旨でした。

この議長の発言は、9月8日(一日目)、9月9日(二日目)を振り返っての注意であります。

確かに、マイクが声を拾わない答弁者がおられました。それは、声を張れば解決しますが・・・声は大きくとも、発言が意味不明(答弁になっていない)方に私は問題を感じております。

私の印象でありますが、議員の質問に対する市長の答弁が6月議会に引き続き今議会でも不誠実であったことが、残念でありました。

6月議会の私の質問に対し、市長は「記憶にない」とロッキード事件の小佐野賢治ばりの答弁を行われ、今議会では質問の趣旨がわからないといったふうに、かわされました。

我が会派の谷議員の質問にも、市長は「あれは、わたしのひとりごと」とおっしゃられ、谷議員が怒りで体が震え、言葉が詰まったほど。

まあ、市長の自己防衛本能が働いた結果なのでしょう。攻められたら守ると言うのが、動物の本能であります。

ボクシングで言えば、クリンチされたといった感覚・・・

クリンチ→相手の連打から逃げる時や、体力を回復したりする時に使われる。クリンチは反則ではない。ただ試合の見栄えが悪くなる、観客にとって試合を退屈な物に変えてしまう。このような影響で多用するとレフェリーから注意を受けたり、消極的とジャッジから判断されて減点されることがあるが、クリンチはテクニックの一部で、行ったからといって非難されるものなどではない。(ウィキペディアより)」

攻めあぐねた我が会派も、まだまだ青いということであります。

宮尾 孝三郎

2009年9月 9日 (水)

気にしすぎ

今日は、質疑・一般質問2日目。

本日は傍聴席にどなたがこられていたのか、15時の休憩時に大津市執行部の面々が傍聴席目指して階段を登っていかれました。

そういえば、我が会派の山本議員が質問しているときも、なんだか理事席の方々は傍聴席を気にしていらっしゃいました。答弁内容も、ひょっとしたら影響していたのかもしれません。

どなたがこられていたのか知りませんが、執行部のあの動きは、大変見苦しゅうございました。

宮尾 孝三郎

2009年9月 8日 (火)

花火大会のレジャーシート場所取り問題について

2009びわ湖大花火大会の“場所取りレジャーシート問題”を「滋賀県大津市について語ろうPART55」で知り、このブログで実態調査レポートを行いましたが、その質問を本日、大津市議会平成21年9月定例会で質問させて頂きました。

質問内容の要旨は・・・

・レジャーシートによる場所取りの近年の状況は看過できないところまでエスカレートしている。

・その状態は、傷病者の現出時にストレッチャーや担架などで搬送する際、緊急時の動線が確保できておらず、どのような対応が取れるのか疑問。

例えば、問題箇所も有料席とし、ルールの上で観覧いただくというアイディアも有効でないかと考える。

答弁内容の趣旨は・・・

・当該場所に、注意喚起の看板を掲出し、当日までは場所取りを行わないよう協力を求める。(都市計画部長)

・実行委員会の反省会が10月中旬にあり、本市も出席する。議員ご指摘のように、当該箇所の有料席化を意見として述べたい。(産業観光部長)

といった内容でありました。

とにかく、ルールやマナー意識がない箇所では、事故が起こりがちです。花火大会は、明石の事故以降、危機管理の最前線であり、安全管理体制を確立することが必須であります。

210908

今年が、あの状況の最後の年になるよう、本市とともに取り組んでまいりたいと考えております。

ありがとうございました。

追記

京都新聞滋賀版に、本日の質問について、取り上げていただいております。

Kyoto Shimbun 2009年9月8日(火)
びわ湖大花火大会、悪質場所取り横行
石積み抜き取り、芝生にくい

大津市、マナー守って/花火大会 場所取り
2009年09月09日朝日新聞

宮尾 孝三郎

2009年9月 7日 (月)

9月8日13時、一般質問に登壇いたします

大津市議会では、5月に自民系会派の分裂がありましたが、滋賀県議会でも自民大敗のあとに分裂した模様です。

【以下、転載開始】------------------------------------

県議会・自民会派が分裂=衆院選敗北で-滋賀

滋賀県議会で最大会派の「自民党・湖翔クラブ」(19人)に所属の中堅・若手ら11人が7日、会派を離脱した。

11人は別の会派と合流し新会派を結成、自民系が分裂する事態となった。衆院選では、同県内の全4小選挙区で自民候補が敗北しており、離脱した県議の一人は「従来の自民党のやり方では、県民の負託に応えられない」としている。

自民党・湖翔クラブは、嘉田由紀子知事が掲げた大戸川ダム(大津市)の建設凍結に反対するなど、反知事の立場を取ってきた。新会派に移った県議は「是は是、非は非で対処していく」としている。このほかにも、同クラブからは別の議員が離脱の構えを見せている。

自民会派の分裂により、同県議会では「民主党・県民ネットワーク」(16人)が最大会派となった。

時事通信(2009/09/07-22:31)

【転載終わり】----------------------------------------

「是々非々」という政治姿勢は、わが会派に共通します。また県議会新会派「真政会(しんせいかい)」という名称も「清正会(しんせいかい)」と読みは同じであります。

わが会派の「清正会」という文字の意味は

宮尾説「清く正しく」

谷議員説「加藤清正(トラ退治)」

と2説ありますが、お互い同時に別の意味で思い浮かべ、瞬時に決定した会派名称であります。

「清正会・杣」となった今も、会派方針「是々非々」と「清正」のこだわりにかわりありません。

県議会「真政会」ゆくえを、遠くから・・・ただ見守っていきたいと思います。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

9月8日13時から、私は一般質問に登壇します。今回は極めて重要な案件に関して質問を行いますので、是非とも傍聴にお越しいただくかインターネット中継をご覧頂きたいと思います。

宮尾 孝三郎

2009年9月 6日 (日)

贅沢仕様

大津市は、昭和7年に滋賀郡滋賀村を合併したのを皮切りに、記憶に新しい平成18年の滋賀郡志賀町合併までに、5回の合併をくりかえし、“モザイク都市”とも揶揄(やゆ)されます。

210906

↑観光協会もごらんのとおり

志賀観光協会
葛川観光協会
堅田観光協会
おごと温泉観光協会
坂本観光協会ブログ
坂本観光協会HP
びわ湖大津観光協会
石山観光協会
瀬田川流域観光協会

小学校区の規模で組織される“学区自治連合会”。その数36を数えます。そして同じ数だけ支所とそれ以上の公民館が設置され、モザイク都市をさらに細分化した状況で現在まで運用してきています。

住民自治の単位は、行政効率という部分で賛否が分かれるところですが、観光協会が水平にこれだけ存在すると言う状況を、旅の人が利用しやすいと見るか、迷うと見るか・・・

何もかも賛否両論で八方美人的に、極めて日本人の美意識に素直に運営してきた大津市政。財政が赤信号をともすまでしばらく、贅沢仕様市政運営となりそうです。

宮尾 孝三郎

2009年9月 5日 (土)

月夜の水辺

本日は、満月です。

満月に誘われて、大津港へcamera

21090500

肉眼で見るととってもキレイだったんですが・・・

21090501

びわこ花噴水も、今日はキレイに撮れましたshine

10ccのI'm Not In Loveが脳裏をかすめました。甘酸っぱい恋に大津港の夜景は彩を添えてくれます。

「恋じゃない、君と会うのが好きだからって、恋してるわけじゃないんだ」

こんな言い訳したことありませんが、もう一度10代に戻って恋してみたいと想うほど、素敵な月夜でありました。

宮尾 孝三郎

2009年9月 4日 (金)

「市民の関心」あるいは情報発信力?

新型インフルエンザ対策の準備状況について、市長の定例会提案説明から・・・

----------------------------------------------------

平成21年9月市議会定例会 市長提案説明(要旨)
-平成21年9月1日(火曜)-

・・・続きまして、本年4月に発生した新型インフルエンザについては、6月に世界保健機関によるフェーズ6の宣言がなされて以降、国内及び世界中で感染拡大が継続している状況にあり、8月には国内においても基礎疾患を有する患者の死亡例が複数発生する事態となりました。

本市といたしましては、新型インフルエンザの感染拡大と健康被害を最小限に抑制するとともに、社会機能の停滞と経済の破綻を防ぐことを目的に、これまでの一連の対応を検証した上で、発生段階別の対応や医療の提供体制、各部局の役割分担等を定める「大津市新型インフルエンザ対策行動計画」を今月中に策定することとしています。

併せて、同計画に基づき、発生時の業務の取扱いや職員の行動等を定める「大津市新型インフルエンザ対策業務継続計画」、及び発熱外来の設置運営や積極的疫学調査の実施等について具体的な指針となるガイドラインを、今月末を目途に策定することとしており、これらに基づき、滋賀県や医療機関等とも密接に連携を図りながら、総合的、体系的なインフルエンザ対策に取り組んでまいる考えであります。・・・

----------------------------------------------------

ということであり、下記にありますように大津市民にパブリックコメントを求めましたところ、0件のご協力を頂き、ありがとうございました。

210904

大津市のホームページは、社団法人日本広報協会主催の平成21年度全国広報コンクールにおいて、ウェブサイト(市)の部で、入選作品に選ばれております。

同コンクールは、行政広報等の向上発展に寄与することを目的に、毎年開催されているもので、ホームページの部の審査ポイントは、自治体サイトの企画・目的、実用性、構成などで選ばれ、今年は全国から特選1市、入選5市が選ばれました。

宮尾 孝三郎

2009年9月 3日 (木)

平成21年9月市議会定例会における質問内容及び質問順位

本日正午までに質問通告書を議長に提出した議員は21名でありました。

210903

だいたい、1日に8名の質問が行われますので、今回も8日(火)から10日(木)までの3日間をフルに使うことになります。

私は、8日(火)13時からに質問になるような日程です。傍聴に来ていただける方は13時に来て頂ければ間違いないと思います。

よろしくお願いいたしますhappy01

宮尾 孝三郎

2009年9月 2日 (水)

質問原稿作成終わり!

議会で質問する議員さんは、今日は質問通告一日前ということで、最後の追い込みの真っ最中だろうと思います。

210902_3 

私は、先ほど質問通告書まで完成させましたので一息ついているところであります。

明日の正午が通告締切であります。それに間に合わないと、今回議会で質問できませんcrying

で、明日は13時くらいから今度は執行部のみなさんとにらめっこgawkです。

質問通告書というものを議長に提出すると、執行部サイドにイントラネットという庁内ネットワークで情報が走ります。それを見た市の職員さんは「うちの部に対して質問があるぞ。具体的に何を聞くのかな!!」ということで、昼から各部局各課の方々が会派控え室にお尋ねに来られます。

で、各部担当課は各会派の質問情報を一通り集約し、部長さんが今度は集まって、誰が答弁するのか会議をされるようであります。その会議、覗いてみたいのですが、どんな感じのやりとりなんでしょうね。

まあ、私の質問は、会派通信でお知らせしたように、(大津市内の方しかご覧になれませんでしたが・・・)

  • 国際交流について
  • 都市公園について
  • 新型インフルエンザについて
  • もうひとつは・・・ナイショ

といった感じです。

210902_2

↑清正会・杣通信第3号

公園の質問では、このブログでレポートを逐次出させていただきました2009びわ湖大花火大会におけるレジャーシート等による場所取りの現状については、間違いなく聞きます。

もうひとつ、今回の特徴としては、すべての質問に「危機管理」のキーワードが共通して含まれていること。

今日は、久しぶりにぐっすり眠れそうですhappy01

宮尾 孝三郎

2009年9月 1日 (火)

大津市議会平成21年9月定例会がはじまりました

本日9月1日から18日までの日程で「大津市議会平成21年9月定例会」が開会しました。

本日は、上記会期の決定と諸般の報告及び議案第107号から議案第145号まで市長による提案説明があり、事後“議案熟読のため休会”となりました。(通常の流れですのでご心配なく)

議案に対する質疑及び一般質問日は9月8日(火)~10日(木)でありますが、その質問通告締切は9月3日12:00であります。その時間までに質問する意思を議長に示さなくてはなりませんので、準備してきた質問の精査を現在行っています。

地域のみなさんや職員のみなさん、そして議員経験者のみなさんなどから「次の選挙にとおりたかったら、ドブ板やで、地域に喜ばれることせなあかんで」とご指導をたびたびちょうだいしておりますが、現在の大津市の問題点は地域の細やかなことばかりではありません。ありとあらゆる意味での危機管理意識の危うさをこれまでにも指摘させていただいておりますが、ボタンの掛け違いや今までの慣例などから、おかしいことを「おかしい」と認識できないといった状況が散見されます。

また、選挙により市長が変わると政策の方向性を示され、例えば今なら目片市長ですから「目片市政」といったように政策・施策・事務事業をその市長のビジョンに基づいて一定の方向性に引っ張っていきますが、その発信力の強弱や方向性によって、現場や市民が混乱することも考えられます。

そのようなことに職員の皆さんは気付かれていたとしても、市長にお使えしている立場上意見できないといったことも伺っております。(自衛隊なら「意見具申」ができるシステムになっておりましたが・・・)

そのようなときに、我々議員が市長の政治姿勢についてお尋ねすることにより、一定別の力が働きますから、慣性の法則に流されていた施策などは軌道修正できることもあります。

どちらかといえば、私は政策論議や政治姿勢について伺うことにより、議員の使命を果たせると考えています。

ですから、地域のニーズに議員の存在意義をもたれている有権者が多い場合、私のような議員は、次の選挙で淘汰されます。

それは、「ニーズに合わない」という核心部分でありますから、そのとおりであります。でも私は、現状の市政を観察するに今のスタイルを捨てるわけにもまいりませんから、これからも俯瞰的に市政をとらえ、発言してまいりたいと思っております。

宮尾 孝三郎

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ