« 基軸通貨ドルの移行準備なのかと思わせる記事 | トップページ | 外郭団体と民間委託 »

2009年8月24日 (月)

大津事件

我が会派は、平成21年2月定例会及び6月定例会において、国際交流について質問をさせて頂きました。

過去関連記事はコチラ↓

2009年3月17日 (火) 本会議の閉会日であります。(注目!!)
2009年3月18日 (水) 2月定例会が閉会しました
2009年5月19日 (火) 真相を知るには、読んでいただくしかありません
2009年6月 9日 (火)「国際交流について」についての報道
2009年6月12日 (金) 一般質問「国際交流について」動画

平成16年に目片市政がスタートし、現在までに2つの新たな国際交流について、調査が行われておりますが、そのうちのひとつ、ロシア連邦スヴェルドロフスク州エカテリンブルク市との交流についてでありますが、特定非営利活動法人市民協働という市民団体さんが提案して来られました。

エカテリンブルクという場所は、ロシア革命が起ったとき、皇帝ニコライ2世は妻子とともにこの地に送られ、1918(大正7)年7月17日に一家もろとも銃殺されたという、ロマノフ王朝最期の地であります。

特定非営利活動法人市民協働さんは、今から触れる「大津事件」とニコライ最期の地エカテリンブルクに縁があるとして、国際交流を目片市長に直接薦められたものであります。

1891(明治24)年5月11日、ニコライ二世が警備中の巡査津田三蔵に斬り付けられた話は、大津市民ならずとも歴史ファンには馴染み深いものと思いますが、私もこの話には興味があり、大津市民になってから、歴史博物館の企画展に通ったり、近くに用事があるときは現地に立ち寄り、そこに佇んで思いを馳せたりしております。

21082400

↑大津事件が発生した付近の現在の様子

21082401

↑この赤で囲んだところに・・・

21082402

↑“此附近露國皇太子遭難之地”と書かれた碑

21082403

↑大津まちなか元気回復委員会の説明板

----------

↓大津市歴史博物館で2回の企画展が開催されております。

【以下、歴博HPより転載開始】---------------------------

平成15年2月27日(木)~3月30日(日)
明治24年(1891)5月11日に発生した大津事件は、産声をあげたばかりの日本近代国家の、政治や司法制度に対する大きな試練でした。本展では、事件の中心的な資料である、凶器のサーベルや皇太子ニコライの血染めのハンカチを始め、津田三蔵関係の書簡など、未公開資料を多数展示するとともに、事件の経緯や、登場するさまざまな人物の事件の後も含めた動向を、写真パネルや新聞号外、地図などによって紹介しました。

平成19年 7月10日(火)~9月2日(日)
当館では平成15年に企画展「大津事件」を開催しましたが、その後も事件関係の資料調査を継続して実施しています。その過程で、津田三蔵や、勲章を受けた人力車夫の波乱にとんだ生涯に関する新たな資料も発見されました。そこで、今回、先の企画展以降の調査成果の紹介を兼ねてミニ企画展を開催します。展示では、津田三蔵所用のサーベルや血染めのハンカチを始め、津田の幼い日の生活ぶりが分かる新資料などを合わせて紹介。あらためて明治前半期に青春時代を過ごした津田三蔵の生涯や、彼が経験した明治の社会・文化の様相などを明らかにしていきます。

【転載終わり】---------------------------------------

この大津事件に関して、我が会派が異議を唱えているのではありません。大津市長が昨年7月8日、財団法人大津市国際親善協会平成20年度第1回理事会で、唐突に「機会があればロシアとも姉妹都市提携を行いたい。」といった趣旨の発言をされたとき、その場に驚きが走った、と関係者から伺っております。それまで一度もそのようは話は俎上に上ったことがなかったからであります。

その後、2008(平成20)年7月17日付の特定非営利活動法人市民協働さんの提案書が7月23日に大津市に受け付けられましたので、特定非営利活動法人市民協働の設立当初の副理事長であり現在も総会において表決権を有する社員である目片市長が、当該団体の提案がスムーズに進むよう便宜を図ったのではないかというところに最初の?があり、そのような行為は公私を混同しているのではないか、という疑念を抱きました。

我が会派は、“ロシアだから”とか、“血塗られた縁だから”といった、偏見でモノを申しているのではありません。目片市政が目片私政と謗りを受けるような今の状況を看過出来ないという思いからの行動であります。

それにしても、大津市議会HPの6月定例会議事録のアップ、遅いですねぇ。アップされましたらいち早く読者の皆様にお知らせしたいと思っております。

宮尾 孝三郎

« 基軸通貨ドルの移行準備なのかと思わせる記事 | トップページ | 外郭団体と民間委託 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ふ~んなるほど
ロシアとなんか変なご縁があるんですね。

しかし、目○市長って・・・

くれぐれも慎重に。頑張ってくださいね。

若武者さん、コメントありがとうございますhappy01

9月定例会でも引き続き質問してまいりますので推移を見守っていただければと思いますshine

宮尾 孝三郎

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 基軸通貨ドルの移行準備なのかと思わせる記事 | トップページ | 外郭団体と民間委託 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ