« 2009びわ湖大花火大会 | トップページ | NPO法人西大津防犯の活動 »

2009年8月 8日 (土)

宴が終わって・・・

今回の一連のブログ、といいますか調査活動をおこなうきっかけになったのは、まちBBS近畿掲示板に、『花火大会に向けて2週間も前から場所取りが始まっていて、はたしてこれで良いのであろうか』と、大津市について語る皆さんの書き込みがあったためでした。

その「滋賀県大津市について語ろうPART55」の皆さんが伝えてくれる状況は、何とかせねばならない問題であると認識し、だいぶ後発ながら、私も皆さんと問題を共有すべく動かせていただいた次第です。

その一連の記事を時系列で見ていただける場合は、下記リンクからが便利です。

2009年8月 4日 (火) お目汚しで申し訳ありませんが・・・
2009年8月 5日 (水)  お目汚しで・・・続報1
2009年8月 5日 (水)  お目汚しで・・・続報2
2009年8月 6日 (木)  お目汚しで・・・続報3
2009年8月 7日 (金)  お目汚しで・・・続報4
2009年8月 7日 (金)  お目汚しで・・・続報5
2009年8月 7日 (金)  2009びわ湖大花火大会
2009年8月 8日 (土)  宴が終わって・・・(本ブログ記事)

さて、今日は04時に起きて、メイン会場一般観覧席の状況を見て回りました。

ちなみに、到着時にはまだ真っ暗でしたが、ゴミ収集車が忙しく動き回っておられ、すでに清掃が行われていることを知ったのでした。しかし、フラッシュ撮影では、光がほとんど届かず撮影が困難でしたので、撮影開始は04:46でした。

21080801

↑04:46薄明

さて、ここからしばらくは、放置されたブルーシートの回収状況を・・・

21080802

21080803

21080804

21080805

21080806

21080807

21080808

21080809

↑昨日のブログ記事にコメントいただきました“大津市民さん”のような善意あふれる方々と実行委員会メンバーのご努力で、数箇所にまとめてありました。

つぎに、ごみの状況を・・・

21080811

↑分別ができていないゴミを、早朝から多くのボランティアさんの手によって分別されていきます。

21080810

↑缶の分別が終わったところのようです。ものすごくニオイのキツいこの類のゴミを黙々と早朝から実施いただいております。ただただ、頭が下がります。

つぎに、湖岸の石を抜いて、場所取りシートの重石となった その後について・・・

21080812

↑やはり、石は、大津市都市計画部と公園の指定管理者”公園緑地協会”の手によって、復旧していただくしか、ないようです。

21080813

↑オープンカフェ“なぎさのテラス”前もこの状況

21080814

↑島ノ関のグランドゴルフコートもこのありさま

21080817

↑そしてメイン会場警備本部前

最後に、湖岸あたりの状況を・・・

21080815

↑取り残されたござ

21080816

↑かなり飲んだのでしょうね。

こんなかんじで、湖岸べりのゴミも結構残っていました。私は、ラジオ体操の関係で長居ができませんでしたので、この後の確認ができていませんが、ボランティアの方々のローラー作戦で、環境復旧をされたのだと思います。

7月の恒例行事“琵琶湖一斉清掃”でキレイになったばかりの湖岸が、「旅の恥はかき捨て」とばかりに、この1日のイベントで元の木阿弥に・・・

来年度からの実施にあたっては、琵琶湖の環境にも配慮したイベントになるよう、来場者の啓発にも力を入れていただければと思います。

何はともあれ、大きな事故もなく35万人の来場者にお楽しみいただけたようですし、関係者のみなさん、大変お疲れ様でした。

最後に、まちBBS近畿掲示板「滋賀県大津市について語ろうPART55」で、状況を刻々と伝えて頂きましたみなさん、どうもありがとうございました。この件は、平成21年9月定例会の一般質問で取り上げる予定です。

宮尾 孝三郎

追記・・・・・・・・・・・

21080801

↑8月8日15:00ごろのお祭り広場付近の状況です。

21080802

↑グランドゴルフ場もキレイに復旧しています。

21080803

↑同じく、琵琶湖文化館横の広場もきれいに・・・

21080804

↑“なぎさのテラス”もごらんのとおり

ということで、本日中にほぼ復旧をしていただけたようであります。炎天下での作業は大変だったと思いますが、本当にご苦労様でした。

宮尾 孝三郎

« 2009びわ湖大花火大会 | トップページ | NPO法人西大津防犯の活動 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

宮尾議員がまちBBSを見ていただいてるのは
ありがたいと思いますが、宮尾議員に対する
意見などはこちらに書くようにしたほうが、いいかと。

通りすがりさん、コメントありがとうございますhappy01

そうしていただけると、私も助かります。coldsweats01

ご意見、ありがとうございましたhappy01

一連の写真を拝見させて頂きました。
同じ人間とは思えないですね。なんでこんな状態にして平気でいられるのか不思議でなりません・・・。

場所取りに関しては全面禁止でいいと思いますね。
またなぎさのテラス前の壁に関しても、利権が絡んでるんでしょうが、あまりにもアレですよね。

じゅんさん、コメントありがとうございますhappy01

園路に場所取りをしようとされていた方々に注意喚起させて頂きましたが「それもそうですよね」と言った反応がほとんどでした。

花火大会を実施する際に、事前に琵琶湖花火大会の独自ルールをお知らせする努力を行うことで、先行場所取りシート、重石問題などは、相当改善できるのではないかと、感じています。

また、なぎさのテラスの障壁については、今のところナゾです。

どちらの問題点も、9月定例会で本市の管理する公園の諸問題を質問する中に含む予定ですので、そこで明らかにしていきたいと考えております。

じゅんさんのようにモラルに明るい方々が声を上げていただけることで、住みよい大津に近づくと思いますので、今後ともよろしくお願いしますshine

地道な活動お疲れ様でした。作業された方には頭がさがります、ありがとうございました。

日本人として恥ずかしい話です。たかがゴミすてだと思っているのだと思います。
私は人間の行為はその人の中に降り積もっていくと考えています。嘘をつけばそのウソが、ゴミを放置すればその不誠実な行為がその人の中に深く残るのです。

その結果、それはその方々の子供さん達に現れてきます。いくら家庭で子供達に立派なことを言っても、お父さんがゴミをコソッと捨てているのをみた子供達は親の言葉を信用しません。
そんな小さな歪みがやがて殺人事件のような真っ黒い大きな不幸になってその家族を押し潰します。原因は親のほんの小さな不誠実な行動や習慣にあるのです。(科学的にもこの因果関係は解明されています)

子供達は見ているのです。
私達の肺腑まで見抜いているのです。

私達はもっと自分自身の行為に責任と自覚を持つべきだと思います。

最近このブログへの書き込みが増えてきていると感じます。宮尾議員の活動の賜物だと思います。引き続き頑張ってくださいね。みんな応援してますよ~!

若武者さん、コメントありがとうございますhappy01

この会場での話ではありませんが、防犯活動でゴミ拾い(ブロウクンウインドウズ理論の実践)をしているときに、「おっちゃん、ゴミ捨てたるから、拾えや。ゴミ拾うんが仕事やろ。仕事やらしたるわ。」とのたまう少年がいました。

また、地域の任意団体の長が、吸っていたタバコを路面のグレーチングに捨てたときも同じようなことをいっていました。「こうやって仕事増やす人間がいるから、仕事もらえる人間もいるんや」

環境問題とは捉えずに、雇用問題として捉える思考。思い上がりにも程があると思いますが、今回の花火会場でも、「なんだかんだ言うたって、これで飯くえるやついるんやから、世の中よう出来とるわ」という中年男性の言葉が耳に残りました。

日本は、全般的に「見下す文化」が蔓延しているのかもしれません。

いつも、コメント・励ましありがとうございます
happy01

宮尾 孝三郎

ほんとに悲しく、情けない話ですね。

しかし素晴らしい学生達もいます『スマイルスタイル』というボランティアグループです。学生が主体となりゴミ拾いから社会に貢献するという理念で活動しています。今度京都地区のその活動に参加してきます。非常に楽しみです。

若武者さん、素敵な活動をご紹介いただきまして、ありがとうございますflair

NPOスマイルスタイルHPとてもかっこいいですねshine

意識のあり方で、楽しくもなるsign03

豊かなこころが豊かな生活につながるということ。多くの人の気付きになればと思います。

いつも、ありがとうございますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2009びわ湖大花火大会 | トップページ | NPO法人西大津防犯の活動 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ