« 付録 | トップページ | 新自由主義、新保守主義の敗北 »

2009年8月29日 (土)

投票済証明書は、投票所で申し出れば発行いただけます

衆議院議員総選挙の選挙運動も本日限りですね。明日には投票が行われ、明日の深夜までには次の衆議院議員さんの顔ぶれが明らかとなります。

私は、明日忙しいので本日期日前投票に行ってまいりました。市役所本庁舎の大津市選挙管理委員会事務局の会場にまいりますと、人!人!人!行列ができていました。210829

↑期日前投票所において発行された投票済証明書

上記画像の投票済証明書は、投票用紙を受け取る際に申し出ますと発行していただけます。(本番の明日も同様)

戦後日本からの経年劣化をみなが認識し、これではいかん!と奮起した国民、市民の投票がつぎの日本のシステムを預かる政党、議員を承認していく行為。歴史的な選挙を予感させる報道が、公示日以前より活発でありました。

我々有権者は『風呂に入り疲れをいやし、垢を落としスッキリして清潔な衣服に腕を通す。』といった感覚なのかもしれません。しかし、欲をいえば、公示日までに清潔で安全な衣服を各政党は真剣に準備して頂きたかった。どこの衣服もリスクの伴う仕様であり、今までのお気に入りの衣服も含めて風呂上りに着たい衣服がない!というのが率直な私の感想であります。

宮尾 孝三郎

« 付録 | トップページ | 新自由主義、新保守主義の敗北 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 付録 | トップページ | 新自由主義、新保守主義の敗北 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ