« 議会活性化検討委員会が動き出しました | トップページ | 滋賀県新型インフルエンザ100人超え »

2009年7月22日 (水)

新型インフルエンザ30例目

新型インフルエンザは、梅雨のあいだも衰えることなく、感染事例が報告されています。

210722

↑大津市保健所

7月18日に発生が確認された段階で、大津市では累計30例目となります。ちなみに、滋賀県全体では7月21日現在、93例目であります。

4月~6月までの間での簡易検査では、-A判定(季節性インフルエンザであり、新型ではない)や、+A判定(新型インフルエンザの可能性がある)であっても季節性インフルエンザも相当数混在していたようですが、7月に入ってからは+AでPCR検査をすると、そのほとんどが陽性確定となるようです。つまり7月に入って、季節性インフルエンザは活動をほぼ停止したといえるのかも知れません。

そして、7月に入って新型インフルエンザ陽性確定者数は増加しております。

大津市保健所は、滋賀県衛生科学センターとの連携を密にし、粛々と業務を遂行いただいており、そのスキルも確実に上ってきていると思慮しますが、本市の新型インフルエンザに関する社会的対応も視野に入れた司令塔業務のほうは、どの程度進んでいるのでしょうか?

私は、昨年6月定例会においてこのような事態を見据えた危機管理に関する質問を行っておりますが、今一度ここに掲載しておきます。

【以下掲載開始】--------------------------------------

「本市は、平成21年4月に中核市になるべく準備を進めてこられ、その中で機構改革に着手されております。

危機管理上、災害や大規模な事故、事件により、市民の生命、財産に重大な被害が生ずるような緊急事態が発生した場合に、全市を挙げて迅速かつ総合的な対処及び措置を実施するため、各部課局を指揮し、全庁的な総合調整を行う機能が必要と考えますが、現在の総合防災課は防災に特化したものであり、危機管理上の事故、事件に耐え得るものではないのではないかと考えます。

例えば、流行が懸念される新型インフルエンザの発生段階ごとの市の体制や各部課局の運用を統括するといった状況を考えた場合、全庁横断的な取り組みが必要となってきます。

危機発生時には全部課局を統括し、刻々と変化する状況への迅速、的確な意思決定に際し、市長を直接補佐し、また平常時には本市の危機管理対策の充実を図るための施策を立案し実施する危機管理室及び危機管理監の配置を機構改革時に検討すべきと感じておりますが…」

【掲載終わり】-----------------------------------------

『大津市新型インフルエンザ対策本部』の“事務局”を大津市保健所が担っていることから、患者対応に資する組織が学校休校を検討する教育委員会やイベント自粛を考慮する各部局に社会的対応を指示するということまで大津市保健所が行っています。

ここに、危機管理上の問題があると認識しています。司令塔はあくまで対策本部長である市長であり、社会的対応を患者対応機関に一任すべきではありません。

私の質問にあるような『危機発生時には全部課局を統括し、刻々と変化する状況への迅速、的確な意思決定に際し、市長を直接補佐し、また平常時には本市の危機管理対策の充実を図るための施策を立案し実施する危機管理室及び危機管理監の配置』をパンデミックまでに行う必要があると考えます。

市長も、それに近い考えを今年の6月4日の定例記者会見で明らかにしました。しかし、その設置を『来年の4月』とおっしゃっています。その市長の思考の中には「人事異動時の対応」と捕らえているのかもしれませんが、これこそ危機管理上問題であります。WHO及びわが国は、この秋口からの患者数の大幅な増加が起こりうるという前提で作業を進めています。コトが済んだ後に対応する機構改革を行っても、その仕事は評価されません。

『大津市新型インフルエンザ対策行動計画正式版』の策定を8月中に、『ガイドライン』も秋口には整えたいとしていますが、機構改革を春の人事の季節まで待つのではなく、同時に行う政治判断を頂きたいと考えます。

宮尾 孝三郎

« 議会活性化検討委員会が動き出しました | トップページ | 滋賀県新型インフルエンザ100人超え »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 議会活性化検討委員会が動き出しました | トップページ | 滋賀県新型インフルエンザ100人超え »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ