« 平和啓発に積極的姿勢 | トップページ | 振り込め詐欺は7割も減少しています »

2009年7月26日 (日)

状況判断は、資質を図るものさしです

本日は、私の住まう地域の夏まつり(自治連合会主催)でありました。

本日は、朝9時からテントの天張(てんちょう)などの下準備を行いましたが、テントを張り終えたら、凄まじい豪雨。

みな一旦家路に着き、午後3時の再集合から、4時半の開会まで懸命に各所準備をしましたが、散発的豪雨で、大変苦労をいたしました。

2107261

↑写真左の模擬売店コーナーでは、この豪雨の中、販売が継続されましたが、お楽しみの各種イベントは、体育館での実施となりました。↓

2107262

そして、やぐらは外に組んで頂きましたが、実施不可能な天候でありましたので、体育館での盆踊りとなりました。↓

2107263

↑江州音頭の唄い手さんと囃し手さん

2107264

↑青いTシャツのPTAの皆さんが輪をつくり、盆踊りをリードしますが・・・

本日の教訓は「状況判断」であります。刻々と変化する状況をいかに判断し、指示を下すか。今回の場合、地域リーダーの資質を如実に現し、時には残酷なまでにあらわとなる状況がこれでもかと迫り来たのであります。

「雨のことを考えたら、計画が進まない」と、好天の場合しか想定しなかった夏まつり。外で模擬売店をされましたが、雷が鳴り雷雨となったときに、落雷の心配とその対処が果たして誰かの腹案にあったのか?学校施設での企画で大雨洪水警報が発令された場合の処置は正しかったか?耐震補強工事の工事現場であった小学校で、手洗い場が4蛇口に限定された状況を衛生管理上、安全ラインはクリアできたと判断したのか?・・・などなど

『船頭多くして、船、山に登る』といいますが、今回はみなそれを恐れ、リーダーの指示に従う姿勢を見せました。

あとは、この恵まれた環境下で、「いかにリーダーが資質を発揮するか」でありました。

厳しいことをあえていわせて頂きましたが、教訓は反省から生かされます。反省なき活動に前進はありません。

宮尾 孝三郎

« 平和啓発に積極的姿勢 | トップページ | 振り込め詐欺は7割も減少しています »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平和啓発に積極的姿勢 | トップページ | 振り込め詐欺は7割も減少しています »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ