« 良いものは、いつまでも良いですね | トップページ | 「平和」を語る資格 »

2009年7月13日 (月)

聴くのも気の毒な国の政策

明日は、7月臨時会の提出議案に対する質疑の通告締切り日であります。

今回の臨時会には、政府の決定による「経済危機対策臨時交付金」を受けた補正予算が上ってきていますが、当時の鳩山邦夫総務大臣は平成21年4月28日の閣議後記者会見で、つぎのように述べられています。

「・・・それから、例の経済危機対策、新しい経済対策、補正予算という中で、総額約1兆4千億円の「地域活性化・公共投資臨時交付金」、それから、使い勝手の良い、いろいろなことに使っていただく1兆円の「地域活性化・経済危機対策臨時交付金」ということでございます。あと、エコポイントによるデジタルテレビ購入の支援、あるいはブロードバンドゼロ地域解消、J-ALERTの全国整備等の説明をいたしました。
 そうしましたところ、与謝野財務・金融・経済財政担当大臣から御発言があって、とりわけ地方のことについては総務大臣に頑張ってもらいたいということがありましたから、約1兆4千億円の公共事業に充てる交付金と1兆円の比較的自由に使える交付金については、地方に十分な情報をお与えし、地方からできる限り良いアイデアを受け取って、そしてその交付金をお渡ししたい。で、経済効果が最も高いように使ってもらいたいということをお答えしたところでございます。・・・」

ということで、要約しますと、「1兆円の使い勝手よく、いろんなことに使っていただける『経済危機対策臨時交付金』は、地方からできる限りよいアイディアを出していただいて、経済効果が最も高いように使ってもらいたい。」ということになります。

つまり、地方が「経済効果が最も高いように、うちの自治体はこのように使いたいと思います。」とエントリーすると、国は「その交付金をお渡ししたい。」ということであります。

なんとも、お金持ちのおうちにお正月に伺って、思いがけなく高額のお年玉を貰うような感覚です。

日本の経済は、アメリカ国債が紙切れになれば、大変な危機になります。その対策のために考えられた交付金ではなかったのでしょうか?

同じく、内閣府地域活性化推進担当室が作成した「地域活性化・経済危機対策臨時交付金活用事例集」には「『地域活性化・経済危機対策臨時交付金』は、平成21年度補正予算案として国会に提出された状況であるが、地方公共団体において、経済危機への対応を迅速に準備怠りなく行われる場合の参考として、作成した次第である。」とあります。

地方自治体が、いまから訪れるであろう金融危機(恐慌)に備え、その対応を迅速に準備怠りなく行われる場合に使う交付金であるとしています。

ですよねぇ。なんだか、鳩山さんと内閣府のいっているニュアンスが違いますね。

しつこいようですが

鳩山氏の見解「使い勝手が良いから、なんでもエントリーしてみてね。交付してあげるから」

内閣府の見解「金融危機(恐慌)に備え、来るときには迅速に準備怠りなく行われる計画がある場合にエントリーしろ」

という違いがあるように思います。

今回、7月臨時会で上程されている補正予算案は、どちらかというと鳩山氏の見解を採用されたような内容が多いように思います。

といいますか、国は見解を複数だすべきではありません。こんなことをやっていると「バラマキ」と謗りを受けることになります。

実際、議決させていただく我々も、このようなことでしたら、テンション下がります。

わが会派として、質疑を予定していますが、聴くのも気の毒な国の政策であります。

宮尾 孝三郎

« 良いものは、いつまでも良いですね | トップページ | 「平和」を語る資格 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

なげかわしい。そのひとことですね。国に力がないと自白したようなものです。どうせばらまくなら、権限とセットで財源を人口比と経済規模に応じて地方に委譲すべきだと思います。
大津市は金融危機対策は準備万端なんでしょうか?

若武者さん、コメントありがとうございますhappy01

定額給付金のときも政府は「政府の景気政策」と銘打ちながら「地方の経済対策」として「地方が行う自治事務」としました。
国が使途など運用を決めた上で「地方の自治事務」としたあの方針は、明らかにおかしいものでした。「国の景気政策」で国が決めたことを地方に執行してもらう場合は「法定受託事務」になるはずです。

今回の「経済危機対策臨時交付金」についても、①地球温暖化対策、②少子高齢化社会への対応、③安全・安心の実現、④その他、と使途の枠をあらかじめ決めておいて「地方公共団体において、経済危機への対応を迅速に準備怠りなく行われる場合」とはムリがありますcrying

“内需へのカンフル剤”ということを念頭においた交付金であると胸を張っておっしゃった方が良かったのではないかと思います。

なにはともあれ、明日の7月臨時会で採決します。

いつもありがとうございますshine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 良いものは、いつまでも良いですね | トップページ | 「平和」を語る資格 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ