« 振り込め詐欺は7割も減少しています | トップページ | 大津市民みんなに知っていただきたい歴史 »

2009年7月28日 (火)

地域安全連絡所代表者研修会

本日は14時から『大津市防犯協会 地域安全連絡所代表者研修会』が大津市生涯学習センターホールで開催されました。

210728

↑(お話されているのは、社団法人滋賀県銀行協会常務理事金融広報アドバイザー松本敦三氏)

--------------

研修会冒頭で、感謝状贈呈があり次の方々が受賞されました。

個人
唐崎学区 土田明夫さん 唐崎学区自主防犯推進協議会
長等学区 清水耕二さん NPO法人西大津防犯
長等学区 宮尾孝三郎 NPO法人西大津防犯 大津市マンション防犯防災協議会
長等学区 吉澤徹さん 長等学区防犯子ども安全推進協議会
膳所学区 脇明さん 膳所ブリングアップ本部長

団体
瀬田学区 瀬田学区自主防犯防災会

みなさんおめでとうございます。ちなみに私も受賞となりました。
(私の項目にある団体“大津市マンション防犯防災協議会”は平成21年6月13日(土)の定期総会により、役割を終え解散いたしました。)

2107283

-----------

つぎに、大津警察署長より犯罪概況の説明がありました。
「管内の状況をご説明させて頂きます。平成14年に管内の刑法犯認知件数は6,185件でこれがピークでありましたが、平成20年には2,876件とピーク時に比して半減しております。しかし、平成21年に入り減少率は鈍化し始め、5月末には残念ながら増加に転じました。犯罪発生率は6月末現在で7.5%の増であります。

増加している主な罪種は、車上狙い、部品盗、オートバイ・自転車盗等であり1日平均1,5件発生しております。

少年犯罪は、昨年がピークでありましたが、本年も同レベルで推移しております。中学生の自動車盗、その集団化、悪質化が顕著であります。ちなみに6月末現在で268人検挙しておりますが前年比17人増であります。

地域安全連絡所代表者の皆様には、こちらから犯罪情報を提供させて頂きまして管内の状況を把握いただきますとともに、皆様には地域の様々な声をお聴きいただきまして、大津署や交番に届けていただく、そして地域の交番とのかかわりを重視いただきまして、今後とも地域と警察のパイプ役をお願いしたいと思っております。」

-----------

この後は、講演がありました。

1 『地域防犯パトロール実施時の注意点について』(滋賀県警察本部防犯アドバイザー桑原重行氏)

2 『振り込め詐欺の被害者にならないために』(社団法人滋賀県銀行協会常務理事金融広報アドバイザー松本敦三氏)

『地域防犯パトロール実施時の注意点について』でありますが、以下概要を述べますと

「滋賀県における刑法犯認知件数の増加でありますが、平成7年から以降8年間に連続で増加しまして、平成14年にピークを記録しました。平成15年に「なくそう犯罪滋賀安全なまちづくり条例」が施行しまして、平成15年よりこの6年間は減少傾向にありました。その減少率は全国一であり、みなさん防犯団体のご尽力の賜物と思っております。しかし今年に入りまして減少傾向が鈍化し始め湖南地域では前年を上回る状況となっております。大津市におきましてもその傾向が現れておりますが、全国的に見て滋賀県は人口増加県であることと、大規模店舗の相次ぐ出店も影響していると感じております。

平成21年は「犯罪抑止の年」と位置づけ、16,000件以下を目指します。

さて、本題に入りますが防犯活動の留意点であります。

ひったくりや路上強盗など街頭犯罪、そして侵入盗のまちの治安に関係する部分につきましては地域の連帯が威力を発揮します。皆さんがより多くの方々と活動していただきますと、犯罪の発生が抑止できるということが明らかなことから、以下項目ごとお話いたします。

まず、はじめに“犯罪の未然防止”が防犯活動の目的であります。そのためには

  • 啓発活動
  • 青少年健全育成に資する話しかけ
  • 地域における危険箇所の発見・改善
  • 不審者・不審車両等の警察への通報
  • 幼児や児童の通学路での見守り・話しかけ
  • 迷子や負傷者等の救助・通報

等を念頭に頂きまして、各種団体ごと目的に応じて活動いただきたいと思います。

さて、防犯活動は“いつ・どんなところで”すべきかということでありますが

  • 犯罪多発時間に
  • 犯罪多発地域で
  • 特に、空き巣の多い、人通りの少ない路地
  • 登下校時の通学路・公園
  • ひったくりの多い道路

等を念頭においていただき、皆さんが活動しやすい時間帯で継続的に実施していただきたいと思います。

つぎに、“何人で活動すべきか”ということでありますが

  • 必ず複数で実施(対応を考えれば必然)
  • 必ずリーダーを選定して、リーダーの指示に従う

ということであります。

“服装は”どうあるべきかでありますが

  • 蛍光色の目立つ服装で
  • 団体で服装を統一し
  • 運動靴等動きやすさを考慮する

ということであります。そして、地域の皆さんにパトロール中であることをアピールいただくことで犯罪者を寄せ付けない地域になります。

つぎに“活動時の携行品”でありますが

  • 携帯電話
  • 警笛・防犯ブザー等警告音を発するもの
  • 夜間の活動には、懐中電灯
  • 記録をとるためのメモ帳と筆記具
  • 記録のためのカメラ(但し、被写体を撮影する際にはプライバシーを考慮)
  • 禁止事項として、特殊警棒、バット、ゴルフクラブなど武器となるものは持たないように

ということであります。

つぎに“地域の特性にあった活動”をお願いしたいと思います。

  • 駅周辺や商業施設の多い地域では街頭犯罪抑止を、特に自転車・バイク盗
  • 住宅街では、空き巣など侵入盗抑止を
  • 暗い駐車場などがある地域では乗物盗や部品ねらい抑止

を考慮して活動計画を立てていただきたいと思います。

つぎに、“声かけが重要”ということであります。

  • 犯罪者は、地域を事前に下見します。地域であいさつを交わし、見知らぬ人には「何か御用ですか」など話しかけをすることにより「見られた」と思わせることが抑止につながります
  • 自転車乗車者には前カゴに防犯ネットの装着を呼びかけ
  • 歩行者にも言えることですが、ひったくりに注意すること。車道側に荷物を持たないことが重要であります
  • 公園で幼児だけで遊んでいる状況では、知らない人についていかない、早く家に帰る等の指導をお願いします

といったことを実践いただきたいと思います。

つぎに“青少年への声かけ”でありますが

  • 深夜徘徊
  • 飲酒・喫煙
  • 自転車の二人乗り

のような状況の場合、声かけ出来る場合と出来ない場合があると思います。出来ない場合は警察に通報していただきますようよろしくお願いします。

つぎに“危険箇所の点検”でありますが

  • 従前に事故の発生した場所の定期点検
  • 見通しの悪い樹木の伐採
  • 街路灯の電球切れ等の通報

等をお願いいたします。

つぎに“通報”でありますが

  • 人任せにすることなく、認知したものが通報
  • 状況をメモにとること
  • 発生場所の住所が分からない場合は、顕著な建物等を通報時に告げる
  • 県府境で、他の県警につながった場合は、そのまま通報を続行してください。その内容は警察間で連絡があります

ということであります。

つぎに“不審者や不審車両を見つけたとき”の通報でありますが

  • 警官が現場に到着するまで、安全な場所で監視を継続
  • 通報できない場合は、他者に通報を依頼する
  • メモを取ること(服装、年齢、背丈、色、形、メンバー構成、など特徴となるもの)

ということに留意いただきたいと思います。

つぎに“幼児・児童の見守り”でありますが

  • 通学路に不審なもの・人影がないか
  • 幼児・児童にはあいさつや声かけを
  • 変な遊びや危険な遊びは直ぐにやめさせ学校に通報

といったことに留意いただきたいと思います。

最後に“交通ルールを守る”ということであります。

  • 活動時、周囲をよく確認し事故に遭わないように
  • 目立つ服装で行動
  • ボランティア保険への加入

をお願いしたいと思います。」

といった内容を講演いただきました。

----------------

つぎに『振り込め詐欺の被害者にならないために』の講演でありますが、昨日のブログ記事2009年7月27日 (月)振り込め詐欺は7割も減少しています にあるようなお話がメインでありましたが、「全国銀行協会」という機関は次の写真にあるようなリーフレットを作成されておりまして、非常に参考になるものばかりでありました。

2107282

こちらの講演は、HPをご覧頂くことで御理解を深めていただければと思います。

金融犯罪にご用心!

--------------

本日の講演内容は、非常に勉強になりました。このように有意義な研修を地域安全連絡所代表者として受講された皆さんが、ご自分の地域に持ち帰り、防犯活動の再点検の参考にしていただくことが、何よりも大事であります。

地域安全連絡所代表者は、その名のとおり重要な地位を占めます。自分の地域は自ら守る、そして近隣地域との連絡を密にするなど期待された役割は能動的に推進されるのが理想でありますが、高齢化が進んでおります。

地縁団体の構造改革がまず先決事項であると日々感じている次第です。

宮尾 孝三郎

« 振り込め詐欺は7割も減少しています | トップページ | 大津市民みんなに知っていただきたい歴史 »

防犯」カテゴリの記事

コメント

非常に勉強になりました。特に防犯に関する具体的な内容がよいですね。地域防犯では正しい知識の普及もある意味『抑止力』ですね。

若武者さん、コメントありがとうございますhappy01

滋賀県警の防犯アドバイザーさんの講話は、日頃行っている防犯活動を再チェックするのに非常に参考になりました。
若武者さんのおっしゃるように「正しい知識=抑止力」であります。

宮尾孝三郎

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 振り込め詐欺は7割も減少しています | トップページ | 大津市民みんなに知っていただきたい歴史 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ