« 予算書と総合計画を読み解く作業 | トップページ | 予算書と総合計画を読み解く作業…反面教師編 »

2009年7月 1日 (水)

潮目の変わり目

佐藤優(さとうまさる)氏(起訴休職外務事務官)は、ロシア関連本の執筆などで活躍されていますが、刑が確定したようです。

【以下転載開始】--------------------------------------

佐藤優被告の有罪確定へ 最高裁が上告棄却

2009.7.1 17:10

外務省関連の国際機関「支援委員会」に対する背任などの罪に問われた同省元主任分析官、佐藤優(まさる)被告(49)=起訴休職中=の上告審で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は、佐藤被告側の上告を棄却する決定をした。懲役2年6月、執行猶予4年の1、2審有罪判決が確定する。決定は6月30日付。有罪が確定すれば、国家公務員法に基づき自動失職する。

佐藤被告の弁護側は「支援委の支出は外務省が組織として決裁しており適正。入札の不正にもかかわっていない」などと一貫して無罪を主張。佐藤被告も、「鈴木宗男衆院議員(61)=あっせん収賄罪などで1、2審で懲役2年、上告中=を立件するための国策捜査だった」などと発言してきた。

1審東京地裁は「鈴木議員の影響力に乗じた巧妙な犯行」と判断。一方で、「私的な経済的利益を得ようとしていない」として、執行猶予付き判決を言い渡した。2審東京高裁では佐藤被告の上司だった元外務省欧亜局長、東郷和彦氏も弁護側証人として出廷。支援委からの支出について、「外務省が組織として実行しており、佐藤被告が罪に問われることはあり得ない」などと証言したが、高裁は「証言は考慮に値しない」と判断。1審同様、鈴木議員の圧力も認定し、控訴を棄却していた。

1、2審判決によると、佐藤被告は平成12年、日本人の学者らを国際学会に参加させる費用など計約3300万円を支援委から不正に支出させ、同委に損害を与えた。また同年3月にあった、支援委発注の国後島のディーゼル発電施設工事の入札で、予定価格の元となった情報を三井物産側に漏らし、支援委の業務を妨害した。

msn産経ニュース

【転載終わり】----------------------------------------

産経新聞は、佐藤優氏の言い分も紹介しています。

【以下転載開始】-------------------------------------

「トカゲのしっぽ切り」佐藤優被告が外務省を批判

2009.7.1 22:27

佐藤優被告は1日、産経新聞の取材に応じ、外務省の姿勢を「トカゲのしっぽ切り」と厳しく批判した。“有能な外交官”から一転、外務省に損害を与えた「犯罪者」とされたことに納得がいかない様子で、「(事件の舞台となった)北方領土問題で何があったのか、外務省の機密費問題で何があったのか、裁判のため遠慮して話せなかったことを明らかにしていく」と挑発した。

しかし、裁判所や検察に対する怒りの言葉はなく、有罪確定には「裁判所の判断だからしようがない」。逮捕・起訴した検察当局にも「恨みはない。一人一人の検察官は正義感が強く、捜査も組織としてやったこと。口には出さないけど、私に同情を示してくれた」とかばってみせた。

msn産経ニュース

【転載終わり】----------------------------------------

今後は、一民間人として執行猶予4年の期間を、静かにお過ごしになられることでしょう。

解散が近づいてきましたので周辺整理をはじめられたようです。潮目の変わり目…インテリジェンス能力が問われる勝負のときです。(↑業務連絡)

佐藤優氏に関する過去ブログはこちら↓

2009年5月9日(土) このような協力は「軍事協力」になると思います

宮尾 孝三郎

« 予算書と総合計画を読み解く作業 | トップページ | 予算書と総合計画を読み解く作業…反面教師編 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 予算書と総合計画を読み解く作業 | トップページ | 予算書と総合計画を読み解く作業…反面教師編 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ