« 一般質問「国際交流について」動画 | トップページ | 違反広告物(はり紙)の簡易除却 »

2009年6月13日 (土)

ロシア・エカテリンブルクでBRICs会議

ロシア連邦スヴェルドロフスク州エカテリンブルク市で6月16日に開催されるBRICs会議のニュースが衝撃的です。

【以下転載開始】--------------------------------------

「ポストドル」遠い道 新準備通貨、BRICs熱帯びる構想
2009/6/9

ロシアのメドベージェフ大統領が提唱した、ドルに代わる新たな準備通貨創設論議が熱を帯びてきた。先週末、ロシアで開かれた国際会議では、中国人民元やIMF(国際通貨基金)の特別引き出し権(SDR)、果てはルーブルを準備通貨とする構想まで飛び出した。果たしてドルが準備通貨の座を譲る日はやってくるのか。

 ≪有力候補は人民元≫

IMFのリプスキー筆頭副専務理事はロシアのサンクトペテルブルクで6日まで3日間にわたり開かれた国際経済フォーラムで、準備通貨をめぐる討論会に参加。長期的にはドルに代わる新たな準備通貨を創設することは可能だとの認識を明らかにした。

この上で具体的にIMFのSDRが新たな通貨の基礎となるかもしれないと指摘した。

ただ「これは拙速に決定を下すべき問題ではない。極めて革新的なものになるからだ」とも述べた。

SDRについては、中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁も今年3月、SDRをドルに代わる準備通貨として利用する可能性を示唆している。

これに対しロシアのクドリン財務相は準備通貨の有力候補に人民元を挙げた。

同相は「10年間を要するかもしれないが、中国が経済を自由化し、人民元の交換を認める意思を示せば人民元には多くの需要が出る」と語り、中国の対応次第で10年後にも実現可能との見解を示した。

またロシアのシュバロフ第1副首相は同国から大量の資源を購入している中国とインドが、やがてルーブルを準備通貨として使用する日が来ると語り、ルーブルは旧ソ連圏でも同様の役割を果たすとも指摘した。

これに先立ちメドベージェフ露大統領も現地紙にルーブルを準備通貨とする構想を提唱。複数の地域通貨で構成する新準備通貨が国際経済を安定させるとの認識を示していた。

ロシアは16日に同国中部エカテリンブルクで開かれるBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)サミット(首脳会議)で新準備通貨構想を検討するよう提案しており、中国とブラジルは先月、2国間貿易の決済にドルを使用しない方法を探る可能性に言及した。

しかし、新準備通貨創設構想を主導している当のBRICs各国にとって、構想を実現するのは生やさしい話ではない。

中央銀行などのデータによると、金を除く準備資産で世界全体の42%を占めるBRICs諸国は5月に大量の外貨を購入。外貨準備高は600億ドル(約5兆9065億円)余り増加した。ブラジルが過去1年で最大のドル買いを行ったほか、それぞれインドの外貨準備高は08年1月以来、ロシアは08年7月以来で最大の増加となった。

 ≪急げば墓穴も≫

これは中国を除くBRICs各国通貨の対ドル相場が5月に急上昇。輸出が打撃を受け、自国通貨の上昇抑制を迫られたためで、ドル相場変動の影響の大きさを改めて浮き彫りにした。

新準備通貨構想は先週の為替市場でドル安の材料となったが、仏銀クレディ・アグリコルの投資銀行部門カリヨンで世界為替戦略部門の責任者を務めるムティル・コテチャ氏は、急激なドル安は、BRICs諸国の輸出に悪影響を及ぼすほか、各国の保有資産を目減りさせ、世界的な金融危機悪化につながると指摘。「急いで米国債を売り、米ドルから距離を置こうとすると墓穴を掘る」と警告した。(Shanthy Nambiar、Lilian Karunungan)

【転載終わり】---------------------------------------

最後のバブルか?といわれる景気回復が“にわか”に始まっていますが、このBRICsの動向如何では、ドルの「“にわか”まつり」もすぐさま終了するかも?

日本の友好国?同盟国(それは正しい)・宗主国(のように見える)のアメリカ経済がダウンすると、日本もなかなか厳しい状況に追い込まれることが推測できます。

宮尾 孝三郎

« 一般質問「国際交流について」動画 | トップページ | 違反広告物(はり紙)の簡易除却 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

初めまして。国益を考えて活動されている姿勢に感銘を受けたのでコメントさせていただきました。米ドルの弱体化は不可避のように思います。最後まで米ドル防衛に付き合わされるであろう我が国の行く末を思うと、国民一人一人が危機感を持って動かないといけないと痛感します。

コメント、ありがとうございますhappy01
BRICsとG2(米中覇権主義)の両方で人民元がモテモテですね。

我が国は、舵取りを忘れた船頭さんたちによって、安定感をもって、いまなお、漂い続けておりますが、むしりとられたことに気づいたとき、幻想は幻滅となります。

我が国のいま必要なことを一言でいうと“気づき”だと思いますweep


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一般質問「国際交流について」動画 | トップページ | 違反広告物(はり紙)の簡易除却 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ