« 6月議会は1日から18日の会期です | トップページ | 今回の質問は、「一発入り弾倉弾込め!」 »

2009年6月 1日 (月)

市長提案説明等

本日、予定通り“平成21年6月市議会定例会”が開催されました。

昨日の予告どおりの進行で、坦々と進み、10時開会で26分間の1日目でありました。

市長が諸般の報告と平成20年度決算見込みと提出議案の提案説明が行われました。

生文を掲載いたしますので、本市の現状認識等にお役立てください。

【以下掲載開始】-------------------------------------

平成21年6月市議会定例会提案説明(要旨)

本日、平成21年6月市議会定例会を開会するにあたりまして、議員各位のご参集を賜り、誠にありがとうございます。

one 諸般の報告

議案の説明に先立ちまして、諸般の報告を申し上げます。

はじめに、路上喫煙等の防止に関する取組についてであります。

先の2月市議会定例会において議決をいただきました「大津市路上喫煙等の防止に関する条例」につきましては、いよいよ、7月1日から施行することとなりました。

同条例では、特に、人が多く集い、路上喫煙等が、他人に対して、被害や影響を与える危険性の高い主要な駅周辺や観光地の9区域を「路上喫煙等禁止区域」に指定しております。

去る3月23日に行いました、JR大津駅、石山駅及び大津京駅における街頭啓発では、私も街頭に立ち、市民の皆様方に、歩きたばこやポイ捨て防止を呼びかけたところであり、引き続き、街頭啓発や市広報、チラシ等による周知をはじめ、路上シールや看板等による禁止区域の表示を行うとともに、条例施行日からは、同禁止区域に指導員を配置するなど、鋭意、啓発に努めてまいる所存であります。

この施行を契機として、市民や市内に勤務される皆様にも路上喫煙等をしないよう努めていただくとともに、皆様の総意と行動で、マナーを守り、より美しく、住みよい環境を築いてまいりたいと考えており、このことが、ひいては、「観光都市 大津」のイメージアップにもつながるものと確信をいたしている次第であります。

次に、本市における乳幼児医療費助成制度の改正についてであります。

現在、同制度においては、通院及び入院に要する費用の一部を自己負担としておりますが、この度、来る10月1日から、その自己負担分の金額助成により完全無料化することとし、「大津市医療費助成条例」の一部を改正する議案を今議会に提出いたしているところであります。

同制度の対象となる乳幼児は約1万9千人と見込まれ、昨今の少子化の進行や核家族化、地域の人間関係の希薄化等、子育てを取り巻<環境が大き<変化し、子育てに対する不安や負担感が増大している中、今般の無料化は、社会全体で子育てを支援し、次代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境づくりを一層推進するため、実施しようとするものであります。

続きまして、定額給付金及び子育て応援特別手当の支給状況についてでありますが、申請書を送付させていただきました約13万2千世帯のうち、現在、約11万8千世帯の方々から申請があり、その6割に当たる約7万1千世帯の方々に対して振込みをさせていただいたところであります。

今後とも、申請をいただいた方々にできる限り早期に支給できるよう、事務の遂行に、鋭意、努めてまいります。

two 平成20年度決算見込み

続きまして、平成20年度の決算見込みについて報告をいたします。

各会計の決算見込みにつきましては、現在、計数整理を行つているところであります。

まず、一般会計でありますが、歳入では、地方交付税の総額抑制や県の財政構造改革プログラムによる影響、歳出では、少子高齢化の進行や急速な雇用情勢の悪化による扶助費の増加などにより、たいへん厳しい環境の中での財政運営となったところでありますが、大津市総合計画実行計画の着実な推進によって、さらなる市民福祉の向上に鋭意努めてまいりました結果、繰越事業を除き、各分野における事業の円滑な執行を図ることができました。

歳入のうち、市税につきましては、現下の経済危機の影響は平成21年度以降となるため、税収全体では、滞納整理を積極的に進めた結果、前年度と比較して若干の伸びを確保できる見込みであります。

しかしながら、地方交付税や臨時財政対策債が減少し、厳しい財政状況となったことから、退職手当債の発行や基金の取崩しを行い、必要な財源の確保を図ったものであります。

一方、歳出におきましては、行政改革プランの取組を着実に実行するなど、経常経費や投資的経費を中心に、全体経費の抑制と効率化に努めてまいりました結果、実質収支では31年連続の黒字決算となる見込みであります。

続いて、特別会計の決算見込みであります。

まず、国民健康保険事業特別会計につきましては、保険料の積極的な徴収と国庫支出金などの歳入確保に努めた結果、黒字決算となるものの、医療費の増加に伴い、保険給付費等が増額となったことから、単年度収支では赤字決算となる見込みであります。

競輪事業特別会計では、全国の公営競技と同様に、売上額の減少が続く中、歳入面では重勝式勝者投票法の導入、歳出面では業務内容の見直しによる開催経費の削減に取り組んでいるところでありますが、経営状況は依然として厳しい状況にあり、残念ながら、単年度収支でも赤字決算となる見込みであります。

なお、来る6月18日から同21日までの4日間の日程で、第60回高松宮記念杯競輪を開催する予定であります。

次に、下水道事業特別会計では、経営計画に基づき、汚水・雨水とも計画的に下水道整備を推進するとともに、可能な限り経費節減に努め、下水道使用料はもとより、下水道事業財政調整基金を取り崩すなどの歳入の確保を図った結果、収支均衡を確保できる見込みであります。

平成20年度から新設しました後期高齢者医療事業特別会計につきましては、国の制度改正の遅れから、これに係るシステム改修が翌年度へ繰越しとなりますが、ほぼ収支均衡を確保できる見込みであります。

その他の特別会計については、概ね収支均衡が図れる見込みであります。

続いて、企業会計についてでありますが、まず、病院事業会計では、医療機器等の整備充実など、良質な医療の提供を図るとともに、収益の確保と経費節減に努めましたが、医業収益の減収等により、約5億4千万円の赤字決算となる見込みであります。

介護者人保健施設事業会計につきましては、安心・安全で快適なケアの確保を図りながら、可能な限り経費の節減に努めましたが、厳しい経営状況が続いているため、特別繰入を行った結果、約7千9百万円の黒字決算となり、資金不足は生じない見込みであります。

次に、水道事業会計につきましては、経費節減に努めたものの、給水量が減少したことなどにより、昨年度を上回る約1億9千万円の赤字決算となる見込みであります。

ガス事業会計につきましては、企業の生産活動の減退や暖冬などにより販売量が減少しましたが、経費も減少したことから、約9億5千万円の黒字決算となる見込みであります。

以上が平成20年度の各会計の決算見込みでありますが、本市の財政状況は、税収の見通しや、国や県における、さらなる改革の動向など、引き続き予断を許さない厳しい環境に置かれていることから、今後とも、健全財政の堅持と市民サービスの維持向上を基本とした行財政運営に努めてまいる所存であります。

three 提出議案の提案説明

引き続き、ただいま提出いたしました議案につきまして、説明をいたします。

まず、新たに条例を制定しようとするものについてであります。

議案第86号は、昭和9年に「大津公会堂」として建設され、昭和60年から本年3月末まで社会教育会館として供用されていた建物を、中心市街地の活性化を図ることを目的として再整備し、来年4月から、商業施設を併設した地域交流施設「旧大津公会堂」としてリニューアルオープンするに当たり、その設置及び管理に関し必要な事項を定めるものであります。

次に、条例改正を行おうとするものについてであります。

議案第87号は、外部監査契約に基づく監査の結果の公表を監査委員が行うため、監査委員条例について、必要な規定の整備を行うものであり、議案第88号及び議案第89号は、統計法の全部改正に伴い、個人情報保護条例及び企業立地促進条例について、必要な規定の整備を行うものであります。

議案第90号は、地方税法の一部改正に伴い、個人市民税における住宅ロ―ン特別控除を創設する等、市税条例について、所要の改正を行うものであり、議案第91号は、中央小学校における校舎の一部解体に伴い、中央児童クラプを大津幼稚園の園舎内に移転するものであり、議案第92号は、児童福祉法の一部改正に伴い、児童福祉手当条例について、必要な規定の整備を行うものであります。

議案第93号は、健康保険法施行令の一部改正に伴い、平成21年10月1日から平成23年3月31日までの間の出産に係る出産育児一時金を引き上げるものであり、議案第94号は、小学校就学前の乳幼児に係る医療費について、自己負担金を廃止し、完全無料化するものであり、議案第95号は、介護保険法の一部改正に伴い、介護保険条例について、必要な規定の整備を行うものであります。

議案第96号は、伊香立公園内に有料公園施設としてテニスコート及びグラウンドを設置するものであり、議案第97号は、市営住宅穴太団地について、C棟の新築に伴い、戸数を改めるものであり、議案第98号は、経済産業省令の一部改正に伴い、原料価格の変動に応じて行うガスの単位料金の調整について、原料価格を料金に反映させるまでの期間を短縮したうえ、毎月実施することとする等、所要の改正を行うものであります。

次に、その他の案件についてであります。

議案第99号は、「旧大津公会堂」改修に係る工事請負契約を締結することについて、議案第100号及び議案第101号は、市道の路線の認定及び変更について、それぞれ、議決を求めようとするものであります。

以上、何とぞ適切なる議決を賜りますようお願いを申し上げ、提案の説明といたします。

【掲載終わり】-----------------------------------------

と、このように市長からの本市の現状認識や議案の概要などをお話いただきました。

6月3日が議員の質問の締切日。マット運動しかできない私にウルトラCや月面宙返りを期待されてしまいましたので、原稿を一から見直しです。

できるだけのことはやってみようと思います。

業務連絡:ウルトラCが予定日までにできなかった場合には、大変申し訳ありませんが、20発入り弾倉タマ込めのマックスで指きりなしの20発連射をさせていただくしかありませんweep

宮尾 孝三郎

« 6月議会は1日から18日の会期です | トップページ | 今回の質問は、「一発入り弾倉弾込め!」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月議会は1日から18日の会期です | トップページ | 今回の質問は、「一発入り弾倉弾込め!」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ