« しばらくは“にわか”景気回復まつり | トップページ | 議会の改革を予見させる1日でありました »

2009年6月17日 (水)

明日は6月定例会の閉会日

「議会って、どんなことしてるんですか?virgo」って、議員になる以前にボランティアで知り合った本市女性職員に、議員となった後に聞かれたことがあります。そんな素朴な疑問をお持ちの職員さんも少なくないのでは、と思います。

そんな「?」に答えるオフサイトミーティングになるように、多くの職員さんの参加を期待したいものですhappy01

210617_2

このような企画をしてくださる世話人の皆さん、ありがとうございます。私も参加させて頂きたいと思います。

-----

さて、連日のエカテリンブルク情報ですが、本日は「ロシアの声」から

【以下転載開始】------------------------------------

BRICsサミット閉幕 公正な世界秩序求める

エカテリンブルグでは16日、ブラジル、ロシア、インド、中国のBRICsによる首脳会合が開かれ、金融危機など国際問題での協力強化で一致した。

BRICsはゴールドマン・サックスの報告書で使われた造語で、今後の世界経済を牽引すると予測される新興四大国の総称。GDP(国内総生産)の世界シェアは合計で15%に達する。メドヴェージェフ大統領も会見で「世界の経済や安全は4カ国に大きく依存している」と語った。

正式なフォーマットで初となった首脳会合では、国際法優先の「より民主的で公正な世界秩序」への支持を表明した。

また会見に臨んだメドヴェージェフ大統領は「国際協力を新たなレベルに引き上げたい」と語り、エネルギーや食糧の安全保障を掲げた。

BRICsの次回会合は来年ブラジルで開かれる。

17.06.2009 ロシアの声

【転載終わり】---------------------------------------

明日は、6月定例会の閉会日。議会運営委員会を11時に開き、14時に本会議を再会します。

宮尾 孝三郎

« しばらくは“にわか”景気回復まつり | トップページ | 議会の改革を予見させる1日でありました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

議員さんが何をしているのか!
一般ぴーぷるは知らないかも
知りたい!もっと積極的に市民は政治に参加していくべきですよね。

BRICsは興味深いです。特にロシア!プーチンは傑物ですね。大前研一さんが道州制を主張されていますがその中で北海道はロシア、九州は韓国、沖縄は台湾とそれぞれ貿易交流を図るべきだといわれています。そのとおりだと思います。東京集権、東京帝国は終わりにしましょう。
その時、わが滋賀は!大津の歩む道は?

大津から発信したいですね~。もっと直接世界へ、ロシア・中国との関係を深めるべきです。キーワードはやはり湖かな!今世紀は水がキーワードになります。水をめぐる戦争がおこります。

必ず中国・ロシアの湖を持っている州や地域は滋賀大津と同じような悩みを抱き、同じような未来日記を描いているはずです是非提携するべきではないでしょうか?

若武者さん、ありがとうございますhappy01

大津市は、昨年度まで「特例市」でありましたが、この4月1日より「中核市」となり、滋賀県から1910もの権限が移譲されました。

その自治事務や法定受託事務を、大津市のパーソナリティーでどのようにコーディネートし、精査し、公共の福祉に寄与するのか、難しい舵取りを引き受けました。

その“ものさし”をもてあましている現状で(残念ながら私はそう認識しております)、民間活力の活用という部分は、課題であります。

頂きましたアイディアにつきましては、まだまだ研究課題にも挙げれない、という現状認識を持っております。

まずは、市長に「中核市」の都市経営ビジョンをしっかり持っていただくこと。

「中核市とは何ぞや」の部分が、市民に正しくメッセージできるように、市長には猛勉強をお願いしたいところであります。

ありがとうございましたhappy01

なるほど。まだまだ時期尚早なんですかね~。1900以上も委譲されたんですね~勉強になります。

麻生総理は2016年までに道州制を検討するといってます、自民党の政策方針としてです。地方の時代!この時代の流れ、背景には逆らえないと思います。その中での中核都市としての地位・役割はなんなのか?

政治経済共に多くの課題があるとおもいますが、
最重要優先課題は教育だと思います。それは学校教育ではなく、家庭教育と地域教育です。
これを立て直さないかぎり我々に幸せな未来はありません。

具体的には、段階的にまづ子育て支援。託児所の普及。税制の優遇。ボランティアネットワークを活用しての子育てや家庭の問題を話し合える場を提供すること等が必要だと思います。
若い夫婦が安心して余裕をを持って子育てができる環境を構築する。この基盤なくして家庭教育も地域教育も成り立たないと思います。

若武者さん、コメントありがとうございますhappy01

「国は、外交と安全保障についてしっかり取り組み、州政府がそれ以外の国の持っていた権限を、そして基礎自治体が地域の特性(実態)に合わせた事務を行う。」
道州制のイメージはこんな感じなのでしょうが、ソ連が解体されロシアとなり、2000年にウラジーミル・プーチン大統領が中央集権化を進めるテクニックとして『連邦管区』という制度を実現させました。(州をまとめる、国と州の間に位置する地方区画)

設計図をしっかり描かないと、思わぬ結果を招く場合もありますから、勉強いたしますcoldsweats01

地域教育、家庭教育でありますが、「相手の立場になって考えてみる」という意外に難しいトレーニングを、ちょっと前の日本の地域社会はやっていたんだと思います。

相手の立場を気にするだけで、耳を傾け、心を開けるときがありますよね。そんなやさしい社会に戻れば良いのにな、と思います。

いつも、ありがとうございますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しばらくは“にわか”景気回復まつり | トップページ | 議会の改革を予見させる1日でありました »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ