« 議会の改革を予見させる1日でありました | トップページ | いろんな坂の種類がありますが、「まさか」という坂もあります »

2009年6月19日 (金)

“やられるサギ”的な

テレビのニュースでは、政局について『解散はいつ?』が常に話題になっていますが、安全保障の視点での議論が皆無でありますweep

【以下転載開始】--------------------------------------

米海軍、北朝鮮船舶を追跡=核、ミサイル関連物資輸送か-国連決議違反の疑い

【ワシントン18日時事】米国防総省は18日、国連制裁決議に違反し、大量破壊兵器を積んだ疑いがある北朝鮮の船舶を米海軍が追跡していることを明らかにした。CNNやFOXテレビによると、追跡しているのは北朝鮮の国旗を掲げた「カン・ナム号」。17日に北朝鮮を出港して中国沖を航行、シンガポールに向かっている。核兵器やミサイル技術に関連する物資を積んでいる可能性があるという。

北朝鮮の2回目の核実験を受け、北朝鮮船舶への貨物検査などを定めた国連制裁決議採択後、追跡が判明した初のケースとみられる。

国連安全保障理事会は2度目の核実験を強行した北朝鮮に対する制裁決議で、北朝鮮による武器輸出の全面禁止や金融制裁、貨物検査などの追加措置を定めていた。

(2009/06/19-11:09)時事ドットコム

【転載終わり】----------------------------------------

このような追跡は、通称“北朝鮮”の5月27日の“宣戦布告”とみなされ、なぜか日本が攻撃される ↓ というストーリーのようです。

【以下転載開始】-------------------------------------

北朝鮮の攻撃対象は日本、若手将校は「拉致謝罪」に憤慨 米専門家が下院で証言

2009.6.18 09:52産経ニュース

今年1月に北朝鮮を訪問した米国の朝鮮半島問題研究者、国際政策センターのセリグ・ハリソン氏は17日、米下院外交委員会の公聴会で証言し、北朝鮮が戦争状態に陥った場合、韓国ではなく日本を攻撃するとの見方を明らかにした。

金正日総書記の健康状態悪化後、「反日感情が強く国粋主義的で、海外経験のない若手将校らが政権内で立場を強めた」ことが理由だという。ハリソン氏は取材に対し、訪朝時に知り得た「政権内の傾向」からの類推だと説明した。

証言でハリソン氏は、若手将校らは金総書記が2002年に日本人拉致を認め「謝罪したことに憤慨」しており、「日本と紛争になった場合の北朝鮮の能力を非現実的に(高く)評価し、他の高官らを憂慮させている」と述べた。

ハリソン氏は「国連制裁の結果、事態が悪化した場合、北朝鮮は報復として韓国ではなく日本か在日米軍基地を攻撃するだろう」と予測した。(共同)

【転載終わり】----------------------------------------

で、小池百合子氏です。

【以下転載開始】-------------------------------------

党委員長を辞任=「先制攻撃排除」に反発-小池元防衛相

自民党の小池百合子元防衛相は16日午前、党本部で記者団に対し、党国防部会基地対策特別委員長を辞任する意向を明らかにした。敵基地攻撃能力に関する国防関係合同会議の見解に納得できないのが理由。すでに保利耕輔政調会長に伝えた。

国防合同会議は、政府が年末にまとめる防衛計画大綱に対する提言の中で、敵基地攻撃能力の保有について「予防的先制攻撃は行わない」と明記。これに対し、小池氏は「提言内容は必要以上に自縄自縛だ」と反発している。 (2009/06/16-12:34)

【転載終わり】---------------------------------------

ニュースを逆時系列で並べて見ましたが、相当な危機感の高まりが見て取れます。

このような安全保障に関する報道が信憑性の高いものであった場合、「解散はいつ?」ということにはならないはずです。このタイミングで解散したら、それこそ亡国です。

本当に安全保障音痴なのか、計算づくの“演技”なのか?真意を図りかねる我が国と、そのマスコミであります。

宮尾 孝三郎

« 議会の改革を予見させる1日でありました | トップページ | いろんな坂の種類がありますが、「まさか」という坂もあります »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

戦争になる可能性はあると思います。なぜなら北朝鮮に理由がなくとも米国にはあるからです。今米国は金融危機にあえいでおり失業率もまもなく10%を超えるとおもいます。もし今戦争が起これば軍需産業は一挙に潤い失業者も早期に吸収することが可能です。また、北朝鮮の脅威の高まりから日本に高価な対ミサイル兵器を現状よりさらに大量に輸出することもできます。

さらに圧倒的な軍事力を見せつけることにより中国・ロシアを牽制し米ドルや米国債の下落を防ぐことも可能です(中国から米国国債を売り崩すのは金の準備高が少ないためまだできない)。そして、北朝鮮崩壊後、イラク戦争の時と同じく北朝鮮の豊富な地下資源を独占することもできます。最後に政治的・軍事的にも北朝鮮が米国の勢力圏になれば中国の北京に無言の圧力をかけることが可能になるのです。

今ヨダレがでるほど戦争を欲しているのは米国ではないでしょうか。

現在横須賀にいるべきはずの米海軍の戦闘駆逐艦が4隻とも出航していないそうです。また東シナ海に空母が1隻増強されて派遣されています。在韓米軍の家族には本国退避命令が だされています。韓国軍の警戒レベルは五段階中のニレベルまで上がっています。なぜ国内であまり報道がされないのかが不思議です。

今週は米国国債の入札があり市場は固唾をのんでこの成り行きを見守っています。
ひとつのタイミングとしては、国債が下落するまえに、なにかをしかける可能性があるのかなと思います(なにかをしかけさせる可能性も)。

若武者さん、コメントありがとうございますhappy01

軍事、経済、資源などの視点から分析され、とても参考になりますhappy01

防衛省や統合幕僚監部、海上保安庁のHPを見ましても、現在、情報を極力出さない方針でありますから、緊張感が伝わってきます。

7月上旬から中旬がヤマかな、と感じています。

お返事ありがとうございます。

なるほど情報をださないようにしている・・・国内軍事関係も再度あらってみます。

某サイトでは一部の(多分、自衛隊の東部方面隊だと思うのですが)予備自衛官へ出動待機命令 がでているそうです。『今時メールじゃなく赤い電報が届いたのにある種の感動を覚えました』という生々しいコメントがついていたので本当っぽいんですが・・・どうなんでしょうか。
ただもし日本が戦場になると仮定した場合、防衛産業・医療・建築・エネルギー関連株が上昇するとにらんで米国の証券会社が日本株に投資を密かにしてくるはずです、すでに某大手米国証券会社が突然、建設関連銘柄に投資しているのは確認しました。この流れが加速した場合、危険だと思います
(一つの現象としては、今後ニューヨークダウが大きく下落しても日経平均はそこそこで下げ止まり反転する等が考えれます)7月は波乱の月になるかもしれませんね。また情報が入れば連絡します。

いつも宮尾議員の精力的な活動に感服しております。来週も頑張ってください。

若武者さん、ありがとうございますhappy01

予備自衛官への出動待機命令の件でありますが、その命令を出すには、内閣総理大臣の承認が必要となります。(自衛隊法第6章 自衛隊の行動 より)

予備自衛官は、元自衛官と予備自衛官補出身者で構成されておりますが、このようにネット上に情報が漏洩する可能性がある命令を今の段階で、隠密裏に政府が決定したとは、思えないのであります。

私も予備自衛官でありますが(中部方面隊)、命令書の様式自体、疑問であります。

しばらく、慎重に様子を見てまいりましょうcoldsweats01

ありがとうございましたhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 議会の改革を予見させる1日でありました | トップページ | いろんな坂の種類がありますが、「まさか」という坂もあります »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ