« 大津市が危機管理見直し | トップページ | 6月8日から10日まで、質問日です。 »

2009年6月 6日 (土)

DNA鑑定

連日報道されている足利事件は、DNA鑑定の結果によって投獄され、最新のDNA鑑定で冤罪が晴らされるという、裁判員制度に相当のプレッシャーを課す状況となってまいりました。

DNA鑑定とは、その筋で勉強された方でないと、どのような誤差が、あるいはミスが生じたのか、ぴんと来ませんが、「16cmの長さを測るのに123cmがひと目盛りの物差ししか、当時はなかった。」という概念的な説明を聞いたときに、なんとずさんな鑑定であったのかと驚きを禁じえません。

アメリカの「CSI:科学捜査班」というテレビドラマや、キムタク主演ドラマ「MR.BRAIN」でも、毎度のことながらDNA鑑定が出てまいりますが、あんなカチッとしたものでは、当時はなかったようでありますし、現在のDNA鑑定の様子もドラマのように超越した世界ではないように思います。

人間、信じてしまうと、疑わないという単純な動物であります。

この世に“絶対”は“ない”と、小学校の頃から耳にタコが出来るくらいさまざまなシーンで教えを受けて大人になったわけですが、マスコミやドラマや、教養の高い専門家から情報を得ると“絶対”という領域に無意識にハマッてしまうという、怖さを改めて認識した次第です。

宮尾 孝三郎

« 大津市が危機管理見直し | トップページ | 6月8日から10日まで、質問日です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大津市が危機管理見直し | トップページ | 6月8日から10日まで、質問日です。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ