« 不思議な香り | トップページ | 味わい深いニュース »

2009年5月 7日 (木)

姉妹都市

大津市は、以下の都市と姉妹都市・友好都市を締結されています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・

アメリカ合衆国ミシガン州ランシング市と姉妹都市協定
1969(昭和44)年10月1日
大津市長 西田善一

スイス国インターラーケン市と姉妹都市提携協定
1978(昭和53)年10月1日
大津市長 山田耕三郎

ドイツ連邦共和国ヴェルツブルク市と共同宣言
1979(昭和54)年2月13日
大津市長 山田耕三郎

中華人民共和国黒龍江省牡丹江市との友好都市締結
(日中共同声明による国立樹立と、日中平和友好条約の原則に基づく)
1984(昭和59)年12月3日
大津市長 山田豊三郎

大韓民国慶尚北道亀尾市との姉妹都市締結
1990(平成2)年4月12日
大津市長 山田豊三郎

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・

ここで、「姉妹都市とは何ぞや」というそもそも論のお話をしましょう。

姉妹都市の発祥は、大きく分けて、3つのタイプがあります。

1つめ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

アメリカノースカロライナ州ニューベルンとスイスのベルン

アメリカのニューベルンという街は、1770年にスイスのベルンから来た移民たちによって形成されたので、1893年に姉妹都市提携を結ぶ前から移民元のベルンとは、家族や親せき、友人などの自然な交流があったようです。このような条件下で自然発生的に生まれたとあります。

2つめ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

アメリカニューヨーク州ダンケルクとフランスのダンケルク

第2次世界大戦で大きな被害を受けたヨーロッパの街の荒廃からの復興に励む市民の活動を知ったニューヨーク州ダンケルクの市民が、同じ名前のフランスのダンケルクの市民に対してシスターシティー(姉妹都市)という名で友好関係を結び、励ましの手紙や慰問品を送りました。これをきっかけにアメリカでは、友情の手をさしのべる運動がヨーロッパの都市との間でおこり、援助と感謝という形での交流が広がったようであります。

このような動きは、大戦中ヨーロッパ戦線で総司令官をしていたアイゼンハワーの耳に入り、自らが指揮して招いた砲火の痕跡を、市民運動の形で修築しようと思ったのでしょう。1949年に「都市提携運動」という言葉を提唱して、その促進をうながし、大統領に就任すると国際姉妹都市の理想を大統領教書演説で述べた記録が残っています。

「姉妹都市は、国家間の外交という形式を離れて人種・宗教・政治的イデオロギーの相違を超えて、市民同士が直接手を握り合い、各分野の交流を通じて相互の理解を深め尊敬と友情の絆を強めることによって世界の平和に貢献しようとするものである」

3つめ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ヨーロッパの国々の提携

ヨーロッパでは、第2次世界大戦中、各国の市民同士が敵・見方に分かれて武器を取って戦った、という苦い経験に対する反省に基づいています。

その中心となったのは、ライン川をはさんだドイツとフランスでありました。隣国同士で戦ったという悲惨な経験に鑑み、両国の市民同士の友好親善関係の構築が、ヨーロッパの恒久平和のために最も重要であると考えられたのです。

ライン川をはさんで、双方の都市が姉妹提携関係を結ぶことにより、市民交流の各種行事が行われ、市民相互間での理解が深まったのです。

この動きがEU(欧州連合)にまで発展していきます。

-----

このように、“姉妹都市”という都市提携は大変意義深いものであります。

日本では、お見合い形式・斡旋型の姉妹都市提携が散見されますが、内容のともなわない提携に陥った場合、お互い不幸ですから、慎重な審議が必要ですね。

大津市議会では、引き続き姉妹都市提携に関する案件が、審議対象となっていくようです。

宮尾 孝三郎

« 不思議な香り | トップページ | 味わい深いニュース »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不思議な香り | トップページ | 味わい深いニュース »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ