« 北方領土へ渡航するには、知識が必要です | トップページ | 市議会臨時会 開会前日のアクシデント(かな) »

2009年5月13日 (水)

5月24日は、大津駐屯地へおこしください

今日は、古巣に顔を出してきました。

210513

大津市には、「陸上自衛隊大津駐屯地」が所在します。この駐屯地は、教育のメッカであります。

one 第109教育大隊
  ・新隊員(任期制隊員及び一般曹候補生(男子))前期課程
  ・予備自衛官補教育
    ・予備自衛官招集訓練
  ・自動車教習(大型自動車、大型特殊自動車、けん引)
  
two 第4陸曹教育隊
  ・陸曹候補生課程及び初級陸曹特技(普通科・基礎英語)課程
  ・陸曹上級課程

と様々な課程教育を行う、学校みたいなところです。

5月24日(日)0900(マルキュウマルマル)~1500(ヒトゴウマルマル)までの間、駐屯地を一般に開放し、自由に見学することができます。

この日は、中部方面混成団(元第2教育団)・大津駐屯地創立50周年記念日行事が行われます。

記念式典は1000(ヒトマルマルマル)に開始、事後観閲行進、空挺降下、模擬戦闘など日頃の訓練の成果をご覧になれます。

ちなみに、駐屯地数あれど、空挺団の自由降下が実施される記念日行事は大津駐屯地のほかには、数箇所しかないと思います。大津駐屯地の場合は、万が一風に流されても琵琶湖に着水できるという利点があります。

210513_2

↑過去の画像コレクションから(自由降下傘)無断転用禁止

また、汎用ヘリからのリペリング降下や、対戦車ヘリ・偵察(観測)ヘリの訓練展示もあり、もちろん今津の戦車などの戦闘車両や火砲の空包射撃もあります。

210513_3

↑過去の画像コレクションから(対戦車ヘリ)無断転用禁止

210513_4

↑過去の画像コレクションから(偵察(観測)ヘリ)無断転用禁止

210513_5

↑過去の画像コレクションから(戦車)無断転用禁止

210513_6

↑過去の画像コレクションから(航空自衛隊 迎撃ミサイル)無断転用禁止

小銃や機関銃など火器の展示もあり、鎖につながれてはおりますが、本物の銃に触れることもできます。

210513_7

↑過去の画像コレクションから(個人装備火器)無断転用禁止

マニアにはたまらない駐屯地記念日行事のひとつであります。

おなかがすいたら、隊員が行う模擬売店などもありますので、天気がよければ。ぜひ足をお運びください。

なお、招待車両以外は駐屯地に進入できませんので、タクシーか自衛隊輸送隊が運行するシャトルバス(無料)をご利用ください。

※JR大津駅(東海道線、琵琶湖線)⇔大津駐屯地

  • 0800始発
  • 事後14時まで概ね15分間隔で運行
  • 1500最終

※JR大津京駅(湖西線)⇔大津駐屯地

  • 0800始発
  • 事後14時まで概ね20分間隔で運行
  • 1500最終

-----

自衛隊は、日本国と相手国の外交が万が一決裂し、国家間の問題解決手段がなくなり相手国が武力行使という手段を選んだ場合に、日本国民の生命と財産を守るために、防御に徹した軍事行動を行う組織です。

けっして、アジアの人々を恫喝する為に存在しているわけではありません。

もうひとつ・・・

自衛隊は、相手の国が攻撃を諦めるまで、我慢強く防御に徹します。極めて攻撃性の弱い軍事組織です。

相手国の攻撃から日本国を守るには、相手国の数倍の軍事力が必要というのは、この世界の常識でありますが、我が国の常識的にそれはムリであります。ですから、同盟国のアメリカとオーストラリアと安全保障に関する関係強化を図っております。

このような基本的な認識を当たり前に持って頂きまして、当日隊員らに接していただければと思います。

過去の関連記事はこちら↓

2008年5月12日 (月) Bridge of peace

宮尾 孝三郎

« 北方領土へ渡航するには、知識が必要です | トップページ | 市議会臨時会 開会前日のアクシデント(かな) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北方領土へ渡航するには、知識が必要です | トップページ | 市議会臨時会 開会前日のアクシデント(かな) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ