« 「知らなかった」も罪深いです | トップページ | 姉妹都市 »

2009年5月 6日 (水)

不思議な香り

今日の産経新聞はトップニュースで、つぎのニュースを報じておりました。

【以下転載開始】--------------------------------------

中朝国境で精巧な偽1万円札 米ドルとの交換用か

2009.5.6 01:20産経ニュース
このニュースのトピックス:北朝鮮

中国東北部の北朝鮮との国境付近の印刷工場で製造されたとみられる偽「一万円札」が、中国国内などで流通していることが5日、日米外交筋などの情報で明らかになった。

 偽札は主に両替商や商店で米ドルやユーロ紙幣などへの交換用に使用されているという。専門家は「透かしやホログラムもあり精巧。鑑別機でなければ真贋(しんがん)判断は難しい」と指摘している。

 日米外交筋によると、この偽札は東南アジアから紙幣鑑別機の開発・製造会社「松村テクノロジー」(東京都台東区)に郵送され、鑑定で偽物と判明した。平成16年11月から発行されている一万円札で、表面に福沢諭吉の肖像、裏面に平等院鳳凰(ほうおう)堂(京都府)の鳳凰像が描かれた最新の「E号券」と呼ばれるものだ。

 偽札は、中朝国境の中国側にあたる丹東や延吉などの組織が作製したものとみられる。製造工場は複数あり「カラーコピーしたようなレベルでなく、大組織が関与しないとできない精巧な作り」(同筋)という。

 「スーパーノート」など偽造紙幣が多い米国の政府関係者は「偽ドル札が何度も摘発されたため、偽造対象を日本円に切り替えたのではないか」との見方を示している。

 日本銀行は偽造防止のため、一万円札中央の円に福沢諭吉の肖像が出る「透かし」技術や超細密画線を採用。特殊インクで角度を変えると画像の色や模様が変わる技術も使った。

 だが、今回の偽札には「透かし」があり、マイクロ文字や、傾けると左右の余白部に半透明の模様が浮かび上がるパールインキも模倣した精巧な作りだ。

 偽札と判明したのは、表面左下にある銀色の「ホログラム」の微妙な違いによる。本物は見る角度で「10000」の数字と「桜」「日」の文字が写し出されるが、偽札は「桜」「日」の形状が少し粗い。また、本物は特殊な光線を当てるとインクが反応する細工があるが、偽札は反応する色が1色少ないとされる。

 日本の銀行が使う紙幣鑑別機でも判別可能とみられるが、政府関係者は「日本で使用する目的ではなく、他国紙幣への交換用ではないか」とみている。

 松村テクノロジーの松村喜秀社長の話 「この偽札は紙質もしっかりしており、普通の人が見ても判断できない。特に裏面はほぼ完璧(かんぺき)で、現在はこの偽札がもとになり、さらに精巧な物ができている可能性がある」

 ■ホログラム レーザー光線で立体画像を記録したフィルムで、見る角度によって色や模様が変わる印刷技術。高度な技術なため偽造防止効果がある。紙幣では平成16年に発行した新札(日銀券)から導入。クレジットカードや商品券でも利用されている。

【転載終わり】--------------------------------------

この記事を要約します。

  • このニュースのトピックス:北朝鮮
  • 日米外交筋などの情報で明らかになった。
  • この偽札は東南アジアから紙幣鑑別機の開発・製造会社「松村テクノロジー」(東京都台東区)に郵送され、鑑定で偽物と判明した。
  • 偽札は、中朝国境の中国側にあたる丹東や延吉などの組織が作製したものとみられる。

なんとも不思議なニュースです。この記事を読むかぎり、偽札は何者かによって東南アジアから日本の企業に郵送されております。その依頼者は誰で、なぜ日本銀行ではなく、一企業に鑑定依頼したのか?

このニュースの属性は「北朝鮮」としておりますが、この記事を読む限りでは、中国の組織の犯行のようです。

この「日米外交筋」も気になります。日本国外務省、在日米国大使館、首相官邸、財務省、法務省、日本銀行など、どこのHPにも情報が発せられておりませんが、新聞社はどのような「筋」からの情報で、政府コメントは取らないが紙幣鑑別機の開発・製造会社社長のコメントは載せるなど、不思議な香りが漂っています。

まあ、いつもの分析グセだと、笑って読み流していただければと思います。

-----

ちなみに、日本の同盟国(宗主国?)は、新紙幣といいますか、新通貨をお考えです。

【以下ウィキペディアより】-----------------------------

北米通貨連合(The North American Currency Union) は、アメリカからの提案による北米大陸および周辺国を単一経済圏ととらえた、経済通貨同盟または経済通貨統合の構想。アメリカ合衆国、カナダ、メキシコの三国が連合構想の中心に置かれている。統一通貨としてameroという名称がしばしばメディアに露出している。

この構想が実現した場合、三国の通貨(USドル、カナダドル、メキシコ・ペソ)は統合され新しい単一通貨が導入されるだろうと考えられている。その通貨の名前は仮の名称ではあるものの、amero(アメロ)という名称がしばしば用いられてきている。

210506new2050100ameropapernotes

↑いわゆる「AMERO」

210506united_federation_of_north_am

↑コチラのプランは、「北米ドル」のようです。

【転載終わり】---------------------------------------

とコチラも、不思議な香りのする情報でした。

当ブログの過去関連記事↓

2008年12月14日 (日)

-----

面白いサイト→ 偽札 日本ガイド

真面目なサイト→ こんなにすごい!日本の通貨偽造防止技術

宮尾 孝三郎

« 「知らなかった」も罪深いです | トップページ | 姉妹都市 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「知らなかった」も罪深いです | トップページ | 姉妹都市 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ